powered by 保険ソクラテス

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  1. FPアンサーズTOP
  2. FP一覧
  3. 黒田 尚子
050-6865-2894
個別相談

FPとして、がんサバイバーとしてできることを一生の仕事に。「お金×医療」の第一人者を目指す

黒田尚子FPオフィス 代表

黒田 尚子(くろだ なおこ)
大手シンクタンク時代にFP資格を取得したのを機に現職へ転身・独立。個人相談を中心に、各種セミナー、講演、講座の講師、マスメディアでの執筆など幅広く活動する。
2009年12月、乳がんの告知を受け闘病、2012年1月に克服。以来「メディカルファイナンス」を大テーマとし、病気に対する経済的備えの重要性を訴えている。医療にも明るく、自らも乳がん体験者コーディネーターとして科学的根拠に基づく情報提供・アドバイスを提供。著書に『がんとお金の真実(リアル)』(セールス手帖社)など。

患者さんと医療従事者をつなぐ数少ないFPとして

Q:ご専門の『メディカルファイナンス』とは何でしょうか?(FPアンサーズ編集部)
病気に対する経済的備えのことです。私自身が乳がんに罹患した経験をもとに、その重要性を訴えています。がんに限らず、大きな病にかかると、どうしてもその疾病の特徴や治療方法ばかりをクローズアップしがちですが、治療費についてもセットで向き合う必要があります。高額療養費制度が使えるとはいえ、最終的にいくらに膨らむかは予測できませんから。私の場合はトータルで300万円以上かかっています。
医療現場には、経済的な問題解決の支援も行う『メディカルソーシャルワーカー』さんもいますが、社会保障制度などにはお詳しいものの、民間保険や住宅ローン、教育費の積立てなど、療養中も継続して付いて回る家計全般の問題については専門外なんです。
Q:確かに、家計の総合的なアドバイスとなるとFPさんの領域ですね
ところがFPは、お金のコンサルティングはできても、医療については門外漢。患者さんとしては、病気のこともお金のことも同時進行で気になるわけです。そこで私は、『乳がん体験者コーディネーター』を取得するなど医療についても学び、患者さんと医療従事者をつなぐ架け橋になりたいと考えたんです。同じがんの当事者として友達感覚で寄り添う『ピアサポート』もその一環で始めました。とにかく、病気のときの資金繰りサポート以上のことがしたいと。
Q:架け橋…ということは、医療機関の紹介などもしていただけるのでしょうか?
もちろんです。信頼できる医師や看護師などコメディカルとの間に立つこともあれば、ダイレクトに紹介することもあります。医療従事者とのネットワークは大切にしていて、病院で講演させていただいたり、学会に参加したりするなどして強めています。がん関連の著書を通してお知り合いになる機会も多いですね。ただし、FPは患者さんの命を担保できるわけではありません。医療従事者の方々の分野に抵触しないことが大前提です。

主体性のないプランに意味はない

Q:お金と医療の両方に携わるうえで、心がけていることはありますか?
どちらも理解したうえで進まないと非常に後悔する性質のものですから、ご自分で考える力を養っていただくように心がけています。周囲に流されたり、誰かに任せきりにしたりするのはよくありません。
たとえば要介護状態になったときに作成するケアプラン、あれは要介護者の自立支援を目的に作るもののはずが、なぜか要介護者ご本人や、そのご家族の負担軽減を第一に作成されているケースを見受けます。予算ありきで出来上がるのは理解しますが、自立支援という大目的が抜け落ちているのですから、機能するとは考えにくい。結果、いくらお金があっても足りなくなるわけです。
Q:安さだけで合わない保険商品を選ぶのと似ていますね
そうですね。ですから、情報収集に能動的になれるかどうかは本当に大切だと思います。自分なりに考えた結果、「保険は要らない」という答えが出ることもあるでしょう。素晴らしい選択だと思います。もちろん、それが適切かどうかは別の話なので、分からないこと、不安なことは何でも聞いてください。そのために私がいますし、私で足りなければ優れた専門家を紹介します。

医療機関でFP相談が気軽に受けられるように

Q:黒田さんは「医療にも詳しいFP」ですが、「お金にも詳しい医療コーディネーター」だと思っている人もいるからもしれませんね(笑)
勘違いしている人がいても不思議じゃないかも(笑)。ピアサポートは24時間体制ですし、医療従事者の橋渡し業はボランティアですから。もちろん、個別にマネープランニングを、ということになればご料金を頂きますが、ビジネスというよりライフワークの域に入っています。とても忙しいですが、やりがい十分なので元気いっぱいですよ。
それとは別に、お仕事として拡げていきたいと考えているのが、国が進める『がん患者の就労に関する総合支援事業』にFPとして加わることです。現在、がん診療連携拠点病院には社会保険労務士さんなどが産業カウンセラーとして配置されているのですが、FPの知識も存分に活かせる現場だと思っています。もっとも、私一人で進めるのは難しいため、信頼できるFP仲間や医療従事者の方々の協力を得ながら少しずつ進めていこうと考えています。
Q:実現のハードルが高そうではありますが、どんな感触をお持ちでしょうか?
FPと医療との結びつきを理解していただくのは時間がかかるかもしれません。現場の先生方はもちろん、既に配置されているソーシャルワーカーさんとの密な連携も求められるでしょう。まだまだこれからですが、FPとして、また一人のがんサバイバーとして、患者さんとご家族のライフプランを支えていきたいと思っています。
黒田 尚子(くろだ なおこ)
黒田尚子FPオフィス代表
千葉県船橋市湊町2-12-24湊町日本橋ビル6F
HP:http://www.naoko-kuroda.com/
問い合わせ先 050-6865-2894
個別相談

これまで回答した質問

スポンサーリンク

FPに聞きたい質問を募集中! ※ただいま新規のご質問を制限しております。

活躍中のプロFP
【特集】厳選FPが本音で語る
自分も他人も豊かにできる最高の仕事続きを読む

深澤 泉(ふかざわ いずみ)
株式会社ポラーノ・コンサルティング 代表

具体的な保険商品

賛否両論!?FPに聞くいる保険・いらない保険

総合TOPへ戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク
ページの先頭へ