powered by 保険ソクラテス

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  1. FPアンサーズTOP
  2. FP一覧
  3. 吹田 朝子
個別フォームよりご連絡ください
個別相談

保険も結婚もスペックで選ぶと満足感は持続しない!末永く幸せな“見えないお金の使い方”を追求

一般社団法人 円流塾 代表理事 お金のメンタリスト

吹田 朝子(すいた ともこ)
保険会社の予算管理部門などを経て1994年に独立。相談件数は3,000件以上。新聞や雑誌での執筆、テレビ出演など多忙を極めるなか、金融業界向けの教育・研修にも積極的に携わっている。
「損得でなく満足いくことにお金を回す」をモットーに、同理念に賛同する専門家と共に円流塾を発足。近年は『お金のメンタリスト』として”見えないお金の使い方”に着目し、お金との心地良い付き合い方を研究・フィードバックしている。

お金に振り回されない生活を送るには

Q:「お金のメンタリスト」とは、あまり聞き慣れない肩書です(FPアンサーズ編集部)
「お金と心地よく付き合っていくためのあり方」を研究しています。お金には、目に見える金銭的価値と、目には見えない精神的価値があると思うんです。1万円は誰にとっても1万円ですが、それを手にしたときの喜びや、使うときの満足度は人それぞれですよね。同じように、1万円の商品に対し「こんなに高いの」と怒る人もいれば、「これで1万は安い!」なんてごきげんになる人もいるでしょう。このとき、後者の人にとってその商品は金額以上の幸せをもたらすことになります。
私がお伝えしたいのは、そうした精神的価値を意識する大切さです。満足感をもって消費活動を行うことで、それまで見えなかったお金の有り難みや、適切な使いどころ、管理の仕方などが分かってくるんです。量より質を重視するようになり、お金に振り回されることがなくなるんですね。お客様がそんな人生を送れるようサポートすることこそ、私の使命だと思っています。

保険比較に明け暮れたことへの反省と罪悪感

Q:そうしたお考えに至るきっかけなどがあったのでしょうか?
実は私、FPとして懺悔したい気持ちがあるんです。元々、保険会社にいたこともあって、保険商品の仕組みや構造には詳しい方でした。その培った知識を総動員させて、自分なりの切り口で保険商品の比較をしまくっていた時期があったんですね。保険選びに直結する情報ですし、お客様からは好評だったのですが、保険って次々に新しい商品が発売されたり、改定があったりするじゃないですか。すると、泳ぎ続けなければ死ぬ魚のように、その度に比較の更新を迫られるわけです。
Q:商品の評価が頻繁に入れ替わることで、混乱される方が出てくると……?
そうなんです。「◯◯がベストだったから入ったのに」とか、「新商品の方が内容が良くてショック…」というお客様が出てきたため、目に見える価値だけにとらわれることを止めました。本当に良い保険の入り方って、スペックや保険料といった表面的なものを比較することではなかったんですよね。大切なのは、商品の開発経緯や、担当者の想い、会社の風土といった背景と、お客様の価値観が一致すること。この軸にズレがなければ、少々の改訂があってもお客様の気持ちは揺るがないんです。「それを含めて納得して加入してるから」と。
これって、人生のパートナー選びと非常に共通していると思うんです。スペック重視で選ぶと、それが劣化したときや、期待していたクオリティより低かったとき、一気に冷めることになります。目に見える価値を追うなとは言いませんが、もっと奥底にある、数値や比較には表れないところを好きになってこそ、長く安心して付き合える間柄になるのではないでしょうか。

満足感のない消費がもたらす「落とし穴」

Q:しかし、保険や金融商品はそういった見極めが難しそうです……
そうでしょうね。だからこそ、私にできることがあるのではと思っています。”スペックの裏側”を知るため、商品開発の担当者が出席する場にはできるだけ足を運んでいますし、逆にお招きしてヒアリングする場合もあります。お客様の価値観は千差万別ですから、どんな人にどんなメリット・デメリットがあるかなど、できるだけ情報を収集するようにしています。
そうして、価値観のマッチングが上手くいったお客様は、とても幸せそうな顔をされるんです。比較のループから脱却できた開放感もあるんでしょうね。満足感をもって消費できたことで、次のライフステージでも自分に合った選択をされることが多いです。
逆に、その場しのぎの選択を繰り返している方は、目に見える数字的には賢い選び方をしていても、どこかで虚しさを埋めるような使い方をしてしまう傾向があります。
Q:無理なダイエットでリバウンドするのと似ているのかもしれませんね
やっぱり、自分の本音に忠実であることが何より大事だと思います。世間一般で言う「賢いお金の使い方」は、知識に寄ったところが多い気がしますが、私はメンタルの持ちようもそれに劣らず重要だと思っています。でないと、まるでオセロのように、一つの悪手ですべての状況がひっくり返るなんてことになりかねません。
自分や家族など、生活を共にする人たちの価値観を重視し、満足度をもって支払い、また受け取ること。そのようにお金と付き合うことで、上手く循環するようになるのだと考えています。
吹田 朝子(すいた ともこ)
一般社団法人 円流塾 代表理事 お金のメンタリスト
東京都渋谷区広尾5-3-7
HP:http://yenstream.or.jp/
問い合わせ先 個別フォームよりご連絡ください
個別相談

これまで回答した質問

スポンサーリンク

FPに聞きたい質問を募集中! ※ただいま新規のご質問を制限しております。

活躍中のプロFP
【特集】厳選FPが本音で語る
自然と長続きするマネープランを提案続きを読む

益山 真一(ますやま しんいち)
幸せ生活アドバイザー

具体的な保険商品

賛否両論!?FPに聞くいる保険・いらない保険

総合TOPへ戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク
ページの先頭へ