powered by 保険ソクラテス

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  1. FPアンサーズTOP
  2. 60歳以降の保障を手厚くするのに引受基準緩和型保険に入る必要はありますか?

お悩み

60歳以降の保障を手厚くするのに引受基準緩和型保険に入る必要はありますか?

現在県民共済のみの加入なので、60歳以降の保障を厚く出来ないかと思い、保険の見直しを検討しています。
保険は、持病があるため、引受基準緩和型の保険しか契約出来ません。
通常の保険に加入出来ないのは確認済みです。普通の保険には私の持病では無理だと言われました。(改善する持病ではないので、基準が変わらない限りは、一生通常保険には入れません)
自分でもパンフレットを色々ともらってきて比べているのですが、だんだん分からなくなってきたので、助言を頂きたいです。

引受基準緩和型保険は、通常の保険より保険料が高くなるのは承知しています。
いざという時に、捻出できるお金は300万円ほどはありますが、もし、病気等になった場合、働けなくなり無収入になった場合に、貯金が底をつく可能性があると思うので、割高でも保険は必要かなと思っています。

そこでお聞きしたいのが

1.現在の年齢で独身の場合、最低限つけておいたほうがいい保障(ガン保障など)はありますでしょうか?
2.生命保険(死亡時にお金がおりる保険)は必要でしょうか?
3.貯蓄も考えるなら、個人年金も検討したほうがいいのでしょうか?
4.そもそも、割高になる引受基準緩和型保険に入る必要はありますか?

4については、自分では必要だと思い検討しているのですが、県民共済だけで十分、貯蓄にまわしたほうがいいと周囲には言われるので、保険には入らず、貯蓄や個人年金のみを検討したほうがいいのか迷っています。

ご助言いただければと思います。

星野 さん / 40歳 / 女性 / 未婚 / 会社員 / 保険の見直し / 医療保険

回答

保険の必要性は個々人の価値判断です

有限会社フォーライフ 代表鯵坂 亮

こんにちは、FPの鰺坂です。 ご質問文面からはご年齢が不明ですが、可能な範囲で考えます。
引受基準緩和型の医療保険や終身保険は仰るよう保険料が割高な保険ですから、より慎重に、冷静に検討された方が良いですね。 ただし、保険相談の経験上、保険加入の妥当性は必ずしも経済的効果だけが基準で決まるのでもなく、「安心感を得る」という心の分野も影響しているように思っています。  「最低限必要な保障は確保したので、明日から前向きに仕事にまい進できる」 という場合があり得ると承知しています。

さて、では検討に入りましょう。 まずご理解いただきたいのは、保険の必要性は個々人の価値判断によって、まったく違ってくるということ。 ご友人が「入った方がいいよ」と勧めたとしても、または「貯金しとけばいいじゃない」と否定しても、いずれも「個々人の価値基準による考え方」であるに過ぎません。 親切なアドバイスには快くお礼を言って「そうだね、考えてみるよ」と言っておけばよいでしょう。
また、将来を予測できない以上、「この保険に入っていて本当に良かった」ということになる可能性もあれば、「入ったのは無駄だった」と思う可能性もありますね。 後悔先に立たずですので、出来るだけご自身の考え方に沿って、納得の範囲で決めましょう。
ではご質問項目をなぞります。

【1.現在の年齢で独身の場合、最低限つけておいたほうがいい保障(ガン保障など)はありますでしょうか?】
→まず、既に確保している保障を確認しましょう。 つまり社会保険の健康保険制度(国民建国保険あるいは組合健保など)に加入されているのでしたら、その保障の概要を確認しましょう。 一般の治療費の自己負担は3割で7割は健保制度がカバーしてくれますし、月単位で自己負担が一定範囲上になれば「高額療養給付」が得られます。 お仕事の形態によっては「傷病手当金」などの休業時の保障が得られるかもしれません。それらの、既にある保障を確認したうえで、実際に長期療養を強いられた時にどのくらいの費用負担になるか、収入減少などについて把握しましょう。 それでも足りないと思う分について、医療保険を考えるのが妥当です。

【2.生命保険(死亡時にお金がおりる保険)は必要でしょうか?】
→死亡保険金の受取人はどなたですか? そして、その保険金の目的は何でしょうか? 
まずはそこから「自分の死後」について想像して、誰が何で困るのかを想像して下さい。 
ただし、生命保険の保険金は「死亡時にお金がおりる」だけではなく「高度障害時には自分が受け取る」という機能があります。
ご自身の重度の介護状態の保障にもなり得るという側面もあることは知っておいて下さい。

【3.貯蓄も考えるなら、個人年金も検討したほうがいいのでしょうか?】
→「個人年金」の年金という言葉のイメージだけでの判断すべきではありません。「超」がつく低金利時代の年金保険は積極的に進めるFPは少ないと思います。年金保険の効果は「増え方」だけではないので一概には言えませんが、少なくとも「低金利固定型」の貯蓄性保険は優先度が高いとは言えません。 当サイト内「保険ジャーナル」のコラムなど参考にして下さい。

【4.そもそも、割高になる引受基準緩和型保険に入る必要はありますか?】
上記の「既にある保障」を把握して「それでも不足する」と感じる場合は、次に「加入した保険で実際に得られる保障額」をシミュレーションしてみましょう。 初年度の保障が小さい時期は別としても、例えば日額5千円の入院保障で長期入院時の給付金額はいくらでしょう? 60日型の入院保険であれば最大で30万円ですね。 手術をしたらいくら受け取れますか? そして、その保険にかけるコスト=保険料の総額も計算しましょう。 いつまで、いくら払うことになるでしょう。 
月々の保険料はさほどではないと思っても、長期にわたって払い続ける保険料は相当な金額になるかもしれません。
そうした冷静な検討をしても、やはり加入しておきたいと感じるなら、必要だということです。
くどいようですが、保険の必要性は個々人の価値判断でしかないと私は考えています。
取り急ぎのご回答と致します。

この回答をくれたFPの詳細

回答

ライフプランから検討を

ファイナンシャルプランナー、住宅ローンアドバイザー、相続診断士豊田 眞弓

こんにちは、FPの豊田です。

人生の折り返し地点で、保険を見直そうというわけですね。

ですが、、、文面を拝見して、これは保険だけでは回答できないなと感じました。

4つの質問の中では、がん保障はあったほうがいいのでは?という程度しかできません。


質問をくださった方が、

どんな荷を背負っているのかいないのか、

今後どのような人生を送っていかれたいのか、

ストックやフロー、その他の資産はどうなのか、

どのような価値観で生きてこられ、また今度どこへ向かおうとされているのか、、、

そのような点もお聞きしないことには、

責任もってきちんと答えることができない内容です。

保険だけでなく、
中長期のライフプランや裏付けとなる資産状況などを点検されることをお勧めします。

そうすれば、保険との距離の取り方が見えてくるはずです。

「答え」は1人ひとり異なるのです、、、

この回答をくれたFPの詳細

スポンサーリンク

FPに聞きたい質問を募集中! ※ただいま新規のご質問を制限しております。

活躍中のプロFP
【特集】厳選FPが本音で語る
自然と長続きするマネープランを提案続きを読む

益山 真一(ますやま しんいち)
幸せ生活アドバイザー

具体的な保険商品

賛否両論!?FPに聞くいる保険・いらない保険

総合TOPへ戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク
ページの先頭へ