powered by 保険ソクラテス

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  1. FPアンサーズTOP
  2. 車の入れ替え時の保険料の節約を計りたい

お悩み

車の入れ替え時の保険料の節約を計りたい

車の入れ替えによる自動車保険の有利な切り替えを計りたい
①現有車の任意保険は9月中頃に更新時期を迎えますため5月末に
 買い替えを進めています。
②新車に切り替えのため車両保険も新規に付加したい(現有車はつけ  ていない)
③この場合 現有車の保険は5月末で解約し、新車に改めて車両保険付きの自動車保険にすべきか 現有車の保険会社と保険を新車に変更して(新車のため車両保険つきに部分改定)9月中頃まで持続させ、そこで保険会社と保険内容を改めて新規に検討すべきか 経済的にどちらが有利かご指導ください
④なお現在20等級です
                        以上

けんちゃん さん / 79歳 / 男性 / 既婚 / その他 / 保険の見直し, 節約全般 / 自動車保険

回答

自動車保険も選択肢が増えています

有限会社フォーライフ 代表鯵坂 亮

ご相談有難うございます。FPの鯵坂と申します。
自動車を買い替える場合には、現在の自動車保険契約を維持して補償内容変更(車両入れ替え)で継続するのが通常のやり方です。保険会社を変える、例えば「保険料の安い通販自動車保険に切り替える」などの場合を除けば、期間中に解約して新規契約をするメリットは(数か月のことですし)あまり無いように思います。
ただし内容変更を選択して満期になったらたまたま保険料が値上げされてしまい、5月の時点で長期で契約しておいたほうが得だったと後悔する、ということがあるかも知れません。しかし、その反対のこともあり得ますので何とも言えません。
保険会社によっては保険料改定とか新商品の発売予定とか新たな割引規定とかがある場合も考えられます。「どちらが得か」は現在の保険会社に(あるいは代理店に)シミュレーションを依頼するしかなさそうです。(但し4か月先の保険料試算が出来ない可能性もあります)

5月末の納車まで時間もありませんから、あまり性急に補償内容などを変えるよりも、とりあえずは車両入れ替えと車両保険の追加をしておいて、満期までの間に合理的な見直し策を探すほうが無難かも知れませんね。

なお、新車買い替えのときに注意したほうが良い点と、一般的な補償の確認項目を念のため挙げておきます。

新車に変えてしばらくは運転感覚がつかめず、ミスの可能性が高まるかも知れません。またきれいな新車は人目を惹きます。自損事故や盗難にも対応するオールリスク車両保険にしたほうが安心でしょう。(新車割引で多少割安でもありますので)

これまではご本人だけが運転していたが、新車になったらご家族やご友人が運転する事があり得る、などの変化があれば要注意です。

ゴールド免許割引が受けられる時点で長期契約にすれば、仮に1年後にゴールででなくなっても割引き適用が維持されるというメリットがあり得ます。(逆もあり)

自動車保険の保険料は車種、仕様、年齢、用途、運転者の範囲など多くの要素によって変わってきます。前述したように保険料の割安な通販自動車保険の存在もあります。当面は車両入れ替えで継続して、満期が来るまでにじっくり情報収集をして見直しを検討されるのが良いかと思います。

繰り返しになりますが、保険会社によって状況が異なりますので、現在の保険の担当者に個別にご相談されて良い選択をしてください。

この回答をくれたFPの詳細

スポンサーリンク

FPに聞きたい質問を募集中! ※ただいま新規のご質問を制限しております。

活躍中のプロFP
【特集】厳選FPが本音で語る
末永く幸せな“見えないお金の使い方”とは続きを読む

吹田 朝子(すいた ともこ)
お金のメンタリスト

具体的な保険商品

賛否両論!?FPに聞くいる保険・いらない保険

総合TOPへ戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク
ページの先頭へ