powered by 保険ソクラテス

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  1. FPアンサーズTOP
  2. 検査待ちの状態ですが、がん保険の加入を検討しています。

お悩み

検査待ちの状態ですが、がん保険の加入を検討しています。

現在がん保険に加入していません。
3日位前から微熱があり、体が痛い。痛い所を触ったらリンパに幾つかシコリを見つけました。個人病院の内科を受診し検査を進められ、今度総合病院で血液内科を受診する事になりました。もしがんと診断された場合は待機期間があるので普通のがん保険は適用されないと思いますし、がんじゃなければ普通のがん保険に入れるでしょうし、こんな状況でがん保険に入る時期やどのような保険がいいのか、今更ですが悩んでおります。何か良いアドバイスがありましたら宜しくお願いします。

とまと さん / 39歳 / 女性 / 既婚 / その他 / その他 / がん保険

回答

検査結果待ち時点の保険加入は困難です

有限会社フォーライフ 代表鯵坂 亮

とまとさん、ご相談有難うございます。FPの鯵坂と申します。
保険加入の条件などは各保険会社や保険商品によって、また、その契約ルート(通販とか店舗とか営業マンとか)によっても大きく異なります。ここでのご回答はあくまでも一般論、参考情報であることをご承知の上でご覧下さい。
現時点で身体の異常に関して「精密検査を勧められている」という状況は、医療保険や生命保険の加入時に必要な「告知書」の記入すべき項目に該当します。告知した場合、検査結果が出ていない状況では通常加入は困難です。
ガン保険は通常ほかの種類よりも問われる疾病の範囲が狭いとはいえ、「しこり、腫瘍の疑い、がんの疑い」での精密検査を勧められているということであれば、告知項目に該当すると思われます。

引き受け基準を緩和した(いわゆる持病のある人が入りやすい)医療保険などでは、現在の状況は告知すべき項目に該当しない可能性がありますが、このタイプの場合(多くの保険会社で)契約後1年間は保障額が少額となります。
なお、がん保険の待機期間は、まったく健康体の人が加入した場合でも加入後90日の間に見つかったガンについては保障対象外となるのが一般的です。契約直後90日以内にガンになった場合には、そのガン保険の意味はなくなるので、契約は消滅して保険料が返金となるケースが多いようです。

告知に該当しない「基準緩和された医療保険」に取りあえず加入して、その後検査結果が問題なしであれば、通常の医療保険やがん保険に加入し直す、ということも考えられます。しかし、こうしたやり方が問題なく認められるという確証はありません。また、契約後に実際に保険請求をすることになって、告知義務に関連して問題となる可能性も否定できません。

「いつのタイミングで加入するのが有利」というコメントは出来かねます。また、各保険会社によって告知項目が違いますし、引き受けの基準なども異なりますので、個別に保険会社にご相談下さい。・・・と言う回答をせざるを得ません。どうかご理解下さい。 まずは症状の原因の確認が先決ですね。

回答ありがとうございます。
私は「いつのタイミングで加入するのが有利」とは決して言っておりません。検査を受ける前がいいのか、それとも検査を受けてからがいいのか、そういった意味の「時期」です。
説明不足で申し訳ありませんでした。
検査結果が出てから考えたいと思います。

この回答をくれたFPの詳細

スポンサーリンク

FPに聞きたい質問を募集中! ※ただいま新規のご質問を制限しております。

活躍中のプロFP
【特集】厳選FPが本音で語る
お金について自由に語り学び合う場を創りたい続きを読む

上本 勉(うえもと つとむ)
フリーFP

具体的な保険商品

賛否両論!?FPに聞くいる保険・いらない保険

総合TOPへ戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク
ページの先頭へ