今や学資保険の代わり?教育資金の積立にも使えそうな外貨建て終身保険

掲載: 

教育資金の積立用として人気の学資保険ですが、金融情勢のあおりを受け、保険会社はそれまでのような高い返戻率を期待するのが難しくなってきました。結果、学資保険ではなく、米ドルや豪ドルなどの外貨建て保険を利用する人が増えているようです。

将来必ず必要になる教育資金の積立を、不確実ともいえる外貨建て終身保険に託すことの是非はこちらの記事(米ドル建貯蓄型保険や変額保険は学資保険の代わりになるのか?)に譲るとして、実際に利用している人がいる以上、外貨建て保険ならどれくらい貯めることができるのか?は気になるところ。

そこで、学資保険に代わりに使えそうな終身保険を5つピックアップし、18年後や22年後の返戻率をシミュレーションしてみました。

教育資金の積立にも使えそうな外貨建て終身保険

めぼしい外貨建て商品4つを比較しました。次の比較表をご覧ください。

《比較・見積条件》
被保険者:30歳・男性 / 保険期間:終身 / 払込期間10年 / 保障額3万米ドル

保険会社 積立利率 返戻率
18年後 22年後
メットライフ生命
『USドル建 終身保険ドルスマート』
(2017年9月:3.34%)
年3.00%固定の場合 111.4% 124.4%
年3.50%固定の場合 122.5% 138.0%
年4.00%固定の場合 131.7% 152.9%
月払保険料:1万715円
払込総額:128万5,800円
ジブラルタ生命
米国ドル建終身保険
年3.20%固定 111.2% 122.0%
月払保険料:1万445円
払込総額:125万3,400円
マニュライフ生命
『こだわり外貨終身』
(2017年9月:2.75%)
年1.50%固定の場合 99.0% 104.3%
年2.65%固定の場合 115.0% 127.0%
年3.65%固定の場合 131.0% 150.5%
月払保険料:1万6,753円
払込総額:201万360円
ソニー生命
『米ドル建終身保険』
年3.00%固定 109.5% 120.5%
月払保険料:1万514円
払込総額:126万4,920円

※保険料、払込総額は1ドル=110円で計算(実際の保険料は毎月の為替で計算されます)。
※各社ドル建て終身保険の保険料支払い&受取を円でする場合は手数料がかかります。

ご覧のとおり、返戻率では外貨建て終身保険が圧倒的に有利です。積立利率の変動を予測することはできないものの、年3%最低保証の『USドル建 終身保険ドルスマート(メットライフ生命)』や『米国ドル建終身保険(ジブラルタ生命)』の場合でも学資保険のはるか上をいきます。当サイトの調査では人気1位の『みらいのつばさ(フコク生命)』ですら105%程ですから、外貨建て終身保険を学資保険代わりに使うというトレンドには頷けるものがあります。

なかでも『USドル建 終身保険ドルスマート』は、年3%という最低保証の高さと月払保険料の安さが際立っており、死亡保障を安価で確保できるのがポイント。金融情報誌などでも高い評価を得ているようです。

“専門家への相談もセットで検討”が当たり前になっている

外貨建て終身保険を学資保険の代わりにできそうなのは分かりましたが、保険も含め、外貨商品は貯蓄というより「投資」です。為替リスクがつきものですし、安直に飛びつくのはお勧めできません。できれば、FPなどお金の専門家の意見を聞いてから決める方が安全でしょう。きちんとした専門家であれば、外貨建て保険を含めた教育資金全体の計画をバランス良くアドバイスしてくれるはずですから。

相談先には迷うところですが、「取扱保険会社が多い」「ベテランFPが多い」「訪問型である」などの条件を満たしている『保険見直しラボ』は評価が高いです。取扱保険会社が少ないと限られた商品の提案しか受けられませんし、FP自身の経験が豊富でないと信頼できません。訪問型のメリットは、わざわざ店舗に出向かなくても自宅や近くのカフェなど、自分がリラックスできる場所で相談できることにあります。他社では満足しなかったという人でも一度呼び寄せてみてはいかがでしょうか。

保険見直しラボの詳細を見てみる

実際、当サイトに声を寄せてくださった主婦の方々もこうした無料相談は積極的に利用しているようで、さすがに右も左も分からない状態で外貨商品には手を出していない様子。

金融情勢は複雑化する一方ですから、分からないことは専門家に聞くというスタンスは時世に合っていると思います。

スポンサーリンク

2017年主婦100人が選んだ学資保険は?

学資保険人気ランキング
子持ち主婦100人が実際に選んだ学資保険人気ランキング2017
半年以内に学資保険に加入した主婦の方100人にアンケートを実施し、今最も人気の学資保険はどの商品なのか調べてみました。保険選びの決め手になった理由も添えてご紹介しますので、一つの目安として参考にしていただければ幸いです。[...]

関連記事

コンテンツ一覧
必要性・貯蓄性を考える
保障機能を考える
学資保険は必要?選び方
税金を考える
いまどきの教育費用の実態
保険会社別商品レビュー
総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク