• 学資保険の教科書
  • 学資保険は必要?選び方
  • 契約者貸付の仕組みと利用方法を知っておこう

契約者貸付の仕組みと利用方法を知っておこう

掲載: 

貯蓄性のある保険を契約している場合、支払った保険料はいずれ満期金などの形で受け取るわけですから、保険会社にお金を預けていると捉えることもできます。ほとんどの場合、預金のように自由にお金を引き出したりはできませんが、その代わり、保険会社からお金を借りることができます。それが契約者貸付という仕組みです。

契約者貸付を使えば低金利で保険会社からお金を借りられる

契約者貸付は、限度額(今までに支払った保険料総額のうちの一定の割合。7~9割程度が一般的)の範囲で、保険会社からお金の貸し付けを受けられる制度です。

保険会社にお金が積み立てられている必要があるので、学資保険の他、終身保険や養老保険など貯蓄性のある保険契約がある場合のみとなります。掛け捨ての医療保険などでは利用できません。契約のしおりなどに記載があると思いますので、確認してみましょう。

利用方法は、借りたい金額を申請すれば、指定の銀行口座などに振り込まれるという形になります。専用のカードがある保険会社だとATMで受け取れる場合もあります。細かな手続きの方法は保険会社によって異なりますので、Webサイトなどで確認しましょう。ネットから簡単に申請できる保険会社もあります。

貸付を受けたお金は借入金となりますので、当然、返済しなくてはならず、金利も発生します。金利は保険会社と契約時期によって異なります。契約時期によって異なるのは、時期によって保険会社の予定利率が違っているためです。金利(貸付利率)は保険会社のサイトで確認することができます。

近頃の各社の利率を調べてみました。2~3%程度が主流のようです。

保険会社 貸付利率(年利) 備考
フコク生命 2.00% 2013年4月2日以降の契約の場合
アフラック 2.75% 2001年4月2日以降の契約の場合
ソニー生命 2.50% 2013年4月2日以降の契約の場合
かんぽ生命 1.25% 2016年8月2日以降の契約の場合
日本生命 3.00% 2014年4月2日以降の契約の場合
太陽生命 3.00% 2001年4月2日以降の契約の場合
第一生命 3.00% 1999年4月2日以後の契約の場合
明治安田生命 2.15% 2013年4月2日以降の契約の場合
三井住友海上あいおい生命 1.20%~1.75% 2017年4月2日以降の契約の場合/商品によって異なる
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命 3.25% 2014年11月1日以降の契約の場合
住友生命 1.55% 2017年4月2日以降の契約の場合

※最新の利率は保険会社のサイトなどで確認してください。契約内容によって異なる利率になることがあります。

契約者貸付は「使える制度」か?

消費者金融のキャッシングやカードローンの金利が15%~18%程度であることを考えると、契約者貸付はかなり有利な金利で借りることができます。限度額が保険料の累計支払額に左右されるため、そう高額な借入れはできないでしょうが、少額だけ、どうしても現金が必要となった場合は検討する価値はあるでしょう。

ただし保険料の支払いが止まるわけではないので注意してください。一時払などで払込が終わっている保険契約を持っている人は便利に利用できる制度だと思われます。

保険料そのものの支払いが困難になった場合にも、契約者貸付を利用してしのぐことができます。つまり、保険料を払わずに、契約者貸付を保険料に充当するという取り扱いです。むしろ、こちらのほうが本来の利用方法かもしれません。保険料の支払いが滞ったときには自動的にこの手続きが行われる契約もあるくらいです。

契約者貸付の金利は低いですが、もし、返済することができなかった場合、保険契約が失効することになります。特に督促などがないので逆に注意が必要です。督促されなくても、期間が経過すれば利息が追加されていきます。借入額+利息が、保険会社に預けていたお金の総額を上回ってしまった時点で失効となります。

契約者貸付の返済が終わっていない状態で満期を迎えたり、解約したりすると、満期金や解約返戻金から未返済の借入額+利息が差し引かれます。

スポンサーリンク

2017年主婦100人が選んだ学資保険は?

学資保険人気ランキング
子持ち主婦100人が実際に選んだ学資保険人気ランキング2017
半年以内に学資保険に加入した主婦の方100人にアンケートを実施し、今最も人気の学資保険はどの商品なのか調べてみました。保険選びの決め手になった理由も添えてご紹介しますので、一つの目安として参考にしていただければ幸いです。[...]

関連記事

  • マイナス金利時代に教育資金はどうやって積み立てる?マイナス金利時代に教育資金はどうやって積み立てる? 貯蓄性の商品の利率が軒並み下がっている昨今、子どもの教育資金をどうやって準備すればいいか、頭を痛めている人も多いのでは。学資保険も返戻率が下がってしまっていますが、それでも学資保険を利用すべきか、それとも他の方策を探るべきでしょうか? 「保険ソクラテス」では、まず、どうやって […]
  • 学資保険の名義はどちらでかけるべき? 離婚したらどうなるの?学資保険の名義はどちらでかけるべき? 離婚したらどうなるの? 学資保険に加入する際、契約者の名義を夫か妻かどちらにするかで悩むことがあります。保険料は、女性と男性とでは女性の方が安いため、パートナーが同い年なら女性が契約者になった方がお得です。 しかし、一家の大黒柱は男性であるケースが多く、学資保険の保険料を男性の収入から支払う場合 […]
  • 月額平均はいくら? 学資保険にかける保険料の相場月額平均はいくら? 学資保険にかける保険料の相場 教育費を学資保険で補う場合、月々いくらぐらいの保険料が妥当なのでしょうか。当サイトが独自に行なったアンケート調査では、小学6年生以下の子供がいる20~40代の主婦のうち、「1万円~1万5,000円未満」と答えた人が最も多く、次いで多かったのは「5,000円~1万円未満」でした。 […]
  • 保険料の支払いが苦しくなったら? 解約を考えたときにできること保険料の支払いが苦しくなったら? 解約を考えたときにできること 生活環境が変わった、急に多額の現金が必要な事情が生じたなどの理由で、保険料の支払いが難しくなることもあると思います。しかし解約してしまえば保険契約は終了です。学資保険のような貯蓄目的の保険は継続することが何より大切ですから、できれば解約はしたくないもの。 そんなとき、解約せず […]
  • 学資保険はいつから入る? ベストな加入時期と給付のタイミング学資保険はいつから入る? ベストな加入時期と給付のタイミング 学資保険は子どもの成長に合わせて給付を受ける保険なので、タイミングを考えることが大切です。少しでもお得に利用できるよう、学資保険にかかわるベストな時期を考えましょう。加入時期:早ければ早い方が良い学資保険の保険料はさまざまな条件により決定しますが、そのうちの一つが契約者(保護者 […]
コンテンツ一覧
必要性・貯蓄性を考える
保障機能を考える
学資保険は必要?選び方
税金を考える
いまどきの教育費用の実態
保険会社別商品レビュー
総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク