子どもの教育費用はいくらかかる?

掲載: 

学資保険に入ろうにも、まず、そもそも将来にどれくらいのお金を準備すればいいのかがわからないと検討しにくいですね。そのためには、教育費用はいくらくらいなのか、あらかじめ知っておく必要があります。 とはいえ、教育費用は進路によっても大きく異なってきます。いくつかのパターンに分けて、かかる費用を調べてみました。

幼稚園~高校の費用

文部科学省の統計「子どもの学習費調査」によると、幼稚園~高校までの費用は以下のようなものになりました。これは「学習費総額」と呼ばれる、入学金・授業料に加えて、制服・教科書の費用、給食費、遠足などの費用など、「学校に対して支払うお金」をすべて勘案したものです。

幼稚園
公立 私立
3年間の総額 66万2,340円 161万918円
1年あたりの平均 22万780円 53万6,973円
小学校
公立 私立
6年間の総額 182万1,397円 881万687円
1年あたりの平均 30万3,566円 146万8,488円
中学校
公立 私立
3年間の総額 137万9,518円 383万9,621円
1年あたりの平均 45万9,839円 127万9,874円
高校(全日制)
公立 私立
3年間の総額 117万5,267円 275万5,243円
1年あたりの平均 39万1,756円 91万8,414円

このように、高校までは、進学先は公立校か私立校かで費用が大きく異なり、2~4倍の差が出てきます。特に、6年と長く通うことになる小学校では両者の差が大きくなっています。

大学の費用

大学になりますと、さらに進路の違いによる費用の差が激しくなります。 日本政策金融公庫の「教育費負担の実態調査」によると次のようになっていました(この統計は「国の教育ローン」を利用した人に調査を行ったものです)。

短大 国公立大学 私立大学(文系) 私立大学(理系)
入学費用 88万円 82万3,000円 95万6,000円 102万9,000円
在学費用 293万4,000円 434万円 592万4,000円 700万4,000円
合計 381万4,000円 516万3,000円 688万円 803万3,000円

入学費用とは受験料や、受験のための交通費、そのほか入学金・寄付金など、入学時に大学に支払った総額で、入学しなかった大学への受験料・納付金も含みます。 在学費用は授業料のほか、実習費なども含めた在学中にかかる費用のすべてで、大学は4年間、短大は2年間の総計になっています。 大学は国公立がもっとも安いのは間違いないのですが、私立文系との差はさほどでもなく(といっても100万円以上差があるわけですが)、理系と文系の差のほうが大きいです。

その他の費用

教育費用とは、学校だけにかかるものではありません。学習塾・予備校や、家庭教師にも費用がかかりますし、習い事のお金が必要なこともあります。文部科学省の統計では、そういった費用も「学校外活動費」として調査されていました。 学校が公立か私立かによって異なる傾向があるようで、分けて統計がとられていました。

公立 私立
幼稚園 8万3,505円 15万1,127円
小学校 20万6,937円 58万4,069円
中学校 29万2,562円 27万8,863円
高校 15万5,795円 23万7,641円
合計 73万8,799円 125万1,700円

幼稚園から高校までの間に、70~125万円程度、学校の学費とは別に教育費が必要だということになります。 また、教育費とは少しニュアンスが違いますが、大学時に一人暮らしをするお子さんも少なくないでしょう。子ども自身がアルバイトなどをして家賃を稼ぐことも不可能ではありませんが、なかなか全額は難しいのも事実。一人暮らしを始めるための入居費や、仕送りなども考えておかなくてはなりません。

まとめ:進路別かかる費用の総額は?

ここまで調べた費用を、進路のパターン別に、合計してみましょう。

幼稚園 小学校 中学校 高校 大学 その他 の費用 合計
すべて公立 66万2,340 円 182万1,397円 137万9,518円 117万5,267円 516万3,000円 73万8,799円 1,094万321円
幼稚園だけ私立 383万9,621 円 182万1,397 円 137万9,518 円 117万5,267 円 516万3,000 円 80万6,421 円 1,418万5,224 円
高校だけ私立 66万2,340 円 182万1,397 円 137万9,518 円 275万5,243 円 516万3,000 円 82万645円 1,260万2,143 円
私立高校から私立大(文系) 66万2,340円 182万1,397円 137万9,518円 275万5,243円 688万円 82万645円 1,431万9,143円
私立高校から私立大(理系) 66万2,340円 182万1,397 円 137万9,518 円 275万5,243円 803万3,000円 82万645円 1,547万2,143円
すべて私立(文系) 383万9,621円 881万687円 3839,621円 275万5,243円 688万円 125万1,700円 2,737万6,872 円
すべて私立(理系) 383万9,621円 881万687円 383万9,621円 275万5,243円 803万3,000円 125万1,700円 2,852万9,872円

すべて公立校に進んだ場合でも1,000万円を超えてしまい、これでお子さんがたくさんおられる場合などは、目まいがしてくるかもしれません。だからこそ、学資保険や奨学金、その他、公の補助金など、ありとあらゆる制度を利用して、教育費用を準備しておく必要があるのです。 特に、進学して新たに入学するタイミングでは、その年の授業料に加えて入学金がかかります。いわゆる「初年度納入金」という形で、入学金がプラスされるぶん、このときは特に高額のまとまったお金が必要ということです。学資保険が、進学・入学の時期に合わせて祝い金などを給付する形になっているのはこれが理由で、まとまったお金が必要な時期に給付金を受け取れるからこそ、学資保険に加入する意味があるのです。単なる貯蓄ではなく学資保険を利用するひとつのメリットと言えます。

スポンサーリンク

2017年主婦100人が選んだ学資保険は?

学資保険人気ランキング
子持ち主婦100人が実際に選んだ学資保険人気ランキング2016-2017
半年以内に学資保険に加入した主婦の方100人にアンケートを実施し、今最も人気の学資保険はどの商品なのか調べてみました。保険選びの決め手になった理由も添えてご紹介しますので、一つの目安として参考にしていただければ幸いです。[...]

関連記事

  • プロFP10人に「学資保険の賢い選び方」について聞きましたプロFP10人に「学資保険の賢い選び方」について聞きました 学資保険に加入する際は「満期の時期」「保険料の払い込み年齢」「月々の積立金額」など決めなければいけない項目が複数あります。どういう風に決めればいいのか、人によってアドバイスが異なるので、混乱する方も多いかと思います。 […]
  • 月額平均はいくら? 学資保険にかける保険料の相場月額平均はいくら? 学資保険にかける保険料の相場 教育費を学資保険で補う場合、月々いくらぐらいの保険料が妥当なのでしょうか。 […]
  • 学資保険の返戻率比較表(完全版)学資保険の返戻率比較表(完全版) 保険会社13社の学資保険返戻率を「満期金の受け取り年齢」「保険料払い込み年齢」などの様々な条件別に絞り込んで比較することが可能です。 絞り込み検索 満期金受け取り年齢 指定なし15歳17歳18歳20歳21歳22歳 保険料払い込み年齢 指定なし10歳 […]
  • 教育以外の子供にかかる費用一覧教育以外の子供にかかる費用一覧 子どもの学費については、別ページ『子供の教育費用はいくらかかる?』で解説しましたが、もっと根本的な『基本的養育費』の存在も忘れてはいけません。食費や医療費、交際費など、子どもが経済的に自立するまではさまざまな出費があるのです。 少し古いですが、AIU保険会社が調査した『現 […]
  • 教育費用シミュレーションツール~実態に即した月々の目標積立額を試算~教育費用シミュレーションツール~実態に即した月々の目標積立額を試算~ 子供のトータル教育費用がどれくらいかかるのかは、子どもの教育費用はいくらかかる?のページで試算しました。 ただ、「公立なら1000万円必要」「私立なら3000万円必要」とわかっても、月々いくらくらい貯蓄すればその金額を貯めることができるのか、いまいち実感がわかない方も […]
コンテンツ一覧
必要性・貯蓄性を考える
保障機能を考える
学資保険は必要?選び方
税金を考える
いまどきの教育費用の実態
保険会社別商品レビュー
総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク