• 学資保険の教科書
  • 必要性・貯蓄性を考える
  • 主婦200人が実際に選んだ『2018年の学資保険人気ランキング』

主婦200人が実際に選んだ『2018年の学資保険人気ランキング』

掲載: 

教育資金目的で保険に加入した女性200人にアンケートを実施し、今最も人気の学資保険はどれなのかを調べてみました。
見事1位に選ばれたのはソニー生命「学資保険スクエア」この商品の相談申込フォームへ
以下では、商品選びの決め手になった理由も添えて紹介しています。

2018年の上位5位はこの顔ぶれ!

商品名 票数 グラフ 参考返戻率
1位ソニー生命
「学資保険スクエア」
56 107.2%
2位JPかんぽ生命
「学資保険 はじめのかんぽ」
28 97.5%
3位JAこども共済 23 100.2%
4位フコク生命
「みらいのつばさ」
15 101.9%
5位日本生命保険相互会社
「ニッセイ学資保険」
12 104.0%

安定の人気を誇るソニー生命がぶっちぎりの1位です! 2017年11月に値上げされたにもかかわらず、この評価はさすが。2位のかんぽ生命、3位のJAのこども共済も同じく返戻率を落としていて、1位のソニー生命は得票数をダブルスコアもつけている状況です。

ランキングの結果は、ソニー生命一人勝ちといったところでしょう。

ソニー生命の学資保険は、ネットで契約することはできません。話を聞いてみたい、または加入したい場合は「保険相談」を受ける必要があります。保険見直しラボならソニー生命を含めた約30の保険会社から比較検討し、お客様に合った商品を提案できるのでおすすめです。

gakushi-banner1-2
「ソニー生命の学資保険」を含めた相談はこちら

続いては、それぞれどんな点が評価されたのか、具体的に見ていきましょう。

学資保険人気ランキング

1ソニー生命「学資保険」(200人中56人が加入)

特徴

  • 貯蓄に強い保険相談
  • 外貨建ての「学資プラン」も登場
  • 各社返戻率を下げている中、好条件を維持

主な保障内容

保障内容
プランI型 【満期】17 or 18、20、22歳
【払込期間】17 or 18、20、22歳

▼詳細を確認
【受取パターン】
17 or 18歳満期の場合
・進学学資金/12歳・15歳:(基準学資金の)30%
・満期学資金/17 or 18歳:100%20歳満期の場合
・進学学資金/12歳・15歳・17 or 18歳:30%
・満期学資金/20歳:100%22歳満期の場合
・進学学資金/12歳・15歳・17 or 18歳:30%
・満期学資金/22歳:100%
プランII型 【満期】17 or 18、20、22歳
【払込期間】17 or 18、20、22歳

▼詳細を確認
【受取パターン】
17 or 18歳満期の場合
・満期学資金/17 or 18歳:100%20歳・22歳満期の場合
・進学学資金/18歳:100%
・満期学資金/20・22歳:100%
プランIII型 【満期】22歳
【払込期間】10、15、17 or 18歳

▼詳細を確認
【受取パターン】
・学資年金/18~21歳:毎年100%
・満期学資金/20・22歳:100%
契約者・被保険者年齢
【被保険者】0歳~7歳
【契約者】男性:18歳~※歳 女性:16歳~※歳
※プラン・子どもの年齢により異なる
その他の特徴
外貨建ての「学資プラン」あり、ライフプランナーとの面談必須
保険料・返戻率例
契約者:30歳男性、被保険者:0歳、保険期間:22歳、保険料払込期間:10歳、III型・基準学資金30万円の場合
【学資年金】18~21歳:毎年30万円
【満基学資金】22歳:30万円
【保険料】月額1万1,655円、支払総額139万8,600円
【返戻率】107.2%

この商品の資料を請求

加入者の口コミ(加入理由)

sony
  • 利率がかなりよく、損をしないと思ったから(会社員/30代)
  • 妊娠中にベビー雑誌で見て検討した(専業主婦/40代)
  • 保険の無料相談でおすすめだと提案してもらったため(専業主婦/30代)
  • 上の子も同じ保険に入っているので、金額や払込期間をかえて、下の子も加入した(専業主婦/30代)
  • 周囲の友人に加入している人が3人おり返戻率が高く評判だったので(専業主婦/30代)
  • 返戻率が高いと口コミで評価されていたから(パート・アルバイト/30代)

2017年11月の保険料改定で返戻率が下がってしまいましたが、ソニー生命の学資保険は107~108%を保っています。米ドル建ての学資プランも展開するなど、新しい試みにも積極的で、この評判に納得です。

ネットでは契約することはできません。商品について、いろいろと聞きたい場合、また、加入したい場合はソニー生命の面談を受けるか、もしくはソニー生命を扱っている無料保険相談サービスを利用する必要があります。

加入者の口コミにも「相談してみてよかった」とあるように、プロに相談をすることをおすすめします。

保険見直しラボならプロがソニー生命を含めた約30の保険会社から比較検討し、お客様に合った商品を提案できるのでおすすめです。

保険ソクラテスおすすめ!

ソニー生命の学資保険相談キャンペーン

「ソニー生命の学資保険」を含めた相談はこちら

2JPかんぽ生命「学資保険 はじめのかんぽ」(200人中28人が加入)

特徴

  • 従来の保障型から貯蓄重視の学資保険にすることも可能
  • 希望すれば医療保障も付帯可。放射線治療保険金など手厚い保障は健在
  • 目的に応じた3つの受取プランを設置
  • 郵便局という安心感

主な保障内容

保障内容
小・中・高+大学入学時コース 【満期】17 or 18歳
【払込期間】12、17 or 18歳

▼詳細を確認
【受取パターン】
・祝金/小学校入学前:(満期保険金の)5%、中学校入学前:10%、高校入学前:15%・満期保険金:17 or 18歳:100%
大学入学時+在学中コース 【満期】21歳
【払込期間】12、18歳

▼詳細を確認
【【受取パターン】
・祝金/18~20歳:毎年25%
・満期保険金/21歳:25%
大学入学時コース 【満期】17 or 18歳
【払込期間】12、17 or 18歳

▼詳細を確認
【受取パターン】
・満期保険金/17 or 18歳:100%
医療保障
入院保険金、手術保険金、放射線治療保険金、死亡保険金、傷害保険金
契約者・被保険者年齢
【被保険者】0歳~12歳
【契約者】男性:18歳~65歳 女性:16歳~65歳
※プラン・子どもの年齢により異なる
保険料・返戻率例
契約者:30歳男性、被保険者:0歳、保険期間:21歳、保険料払込期間:12歳、大学入学時+在学中コース・基準学資金100万円の場合
【学資祝金】18~20:毎年25万円
【満期保険金】21歳:25万円
【保険料】月額7,120円、支払総額102万5,280円
【返戻率】97.5%

加入者の口コミ(加入理由)

kanpo
  • 自分が子供の頃に両親が加入していたので親しみがあった(専業主婦/20代)
  • いつも行く郵便局で、顔なじみになり提案されたから(自営業/20代)
  • 職場の団体払込の対象だったから(会社員/30代)
  • 他との比較で最も自分が希望しているのと近かったから(専業主婦/30代)
  • よく利用する郵便局でこの商品を目にしていたので印象が強かった(専業主婦/40代)
  • 主人がゆうちょが一番信用できるという判断をしたため(専業主婦/30代)

勧誘されて加入したという方が意外に多かったですが、それも郵便局というブランドのなせるわざでしょうか。しかし、2016年の8月に続き、2017年4月の保険料改定で返戻率が下がり、払い込んだ保険料よりも受け取れる学資金の方が少ない、いわゆる「元本割れ」状態になってしまっています。

普通に考えると魅力は少ないため、今回の獲得表は2017年3月までに加入した人たちでしょうか。ちなみに、予想と反して医療保障の利点を挙げた方はいませんでした。

4JAこども共済(200人中23人が加入)

特徴

  • 医療保障を外せば100%超えの返戻率も狙える
  • 先進医療保障付きの医療共済を追加できる

主な保障内容

保障内容
学資金型 学資応援隊 【満期】22歳
【払込期間】17 or18歳

▼詳細を確認
【受取パターン】
・学資金/17 or 18歳、19歳、20歳:(満期共済金の)
・満期共済金/22歳:20%
祝金型 にじ 【満期】22歳
【払込期間】18歳

▼詳細を確認
【受取パターン】
・祝金/3歳:(満期共済金の)5%、5歳・11歳:10%、14歳:20%
・満期共済金/22歳:55%
医療保障
【医療共済(終身 or 80)歳】
入院保障、入院見舞保障、手術保障、放射線治療保障、先進医療保障、がん重点保障特則
育英年金
あり
契約者・被保険者年齢
【被保険者】
学資応援隊/0歳~12歳
・にじ・えがお/0歳~11歳
【契約者】
18歳~60歳
保険料・返戻率例
契約者:30歳男性、被保険者:0歳、共済期間:22歳、共済料払込期間:17歳、学資応援隊・基準学資金200万円(医療保障なし)の場合
【学資金】18~21歳:40万円
【満期共済金】22歳:40万円
【保険料】月額9,978円、支払総額199万4,712円
【返戻率】100.2%

加入者の口コミ(加入理由)

JA
  • 新聞に広告が折り込まれており目に留まったため(会社員/30代)
  • 返戻率もよく、JAなので安心できるため(専業主婦/30代)
  • 保険相談で丁寧に保険内容を説明されてわかりやすかった(自営業/30代)
  • 職場の先輩にどこがオススメか聞くとJAが返戻率が一番高いと言われて(会社員/30代)
  • JAで保険を契約していたため、その流れで学資保険も契約することになった(専業主婦/30代)

貯蓄型にも保障型にもなれる万能型のJA共済。医療共済は特約ではなく単独(終身)の保障で、一般的な特約よりも保障が手厚いため、お子さんの医療費が心配な方には安心でしょう。ただ、アンケートを見る限りでは、皆さん貯蓄重視で加入されているようです。

もっとも、2017年4月の改定で『学資金型すてっぷ』が現在の『学資応援隊』になったことで返戻率は低下。医療保障をなしにし、年払いにすることでようやくソニー生命の学資保険に並べる程度です。

印象的なのは、「勧められたから入った」という方が全体的に多く占めている点。いかにも共済らしい魅力だと思います。

1フコク生命「みらいのつばさ」(200人中17人が加入)

特徴

  • 兄弟そろって加入すると返戻率がアップする兄弟割引
  • 祝金の支払は11月1日なので早めの入学準備でも間に合う

主な保障内容

保障内容
ステップ型 【満期】22歳
【払込期間】11歳、14歳、17歳

▼詳細を確認
【受取パターン】
・祝金/3歳・6歳:(満期保険金の)5%、12歳・15歳:10%、18歳:70%、20歳:10%
・満期保険金:22歳:100%
ジャンプ型 【満期】22歳
【払込期間】11歳、14歳、17歳

▼詳細を確認
【受取パターン】
・祝金/18歳:100%
・満期保険金/22歳:100%
その他の特徴
兄弟割引、祝金の支払日が11月1日
契約者・被保険者年齢
【被保険者】0歳~7歳
【契約者】男性:18歳~70歳 女性:16歳~70歳
※プラン・子どもの年齢により異なる
保険料・返戻率例
契約者:30歳男性、被保険者:0歳、保険期間:22歳、保険料払込期間:17歳、ジャンプ型・基準学資金100万円の場合
【祝金】18歳:100万円
【満期保険金】22歳:100万円
【保険料】月額9,614円、支払総額196万1,256円
【返戻率】101.9%

加入者の口コミ(加入理由)

fukoku
  • 返戻率が良いことと、子供の成長にあわせて祝い金を受け取れるから(自営業/30代)
  • ネットでの評価が高かったから(専業主婦/20代)
  • 上の兄弟二人も入っていて、兄弟割引があるので(会社員/40代)

毎年、一定数の評価を受けてきたフコク生命でしたが、2018年の集計では勢いがダウン。しかし、満期金を早めに受け取られる点や、シンプルな受取プランが分かりやすいという声を確認しています。

また、兄弟で加入すると保険料が割引になる『兄弟割引』もフコク生命だけの特徴です。アンケートを見る限りでは、返戻率をはじめ商品の魅力や、会社の信頼性、知名度の高さに惹かれた方が多かったようです。

3日本生命保険相互会社「ニッセイ学資保険」(200人中15人が加入)

特徴

  • オーソドックスな設計で手堅い

主な保障内容

保障内容
こども祝金なし型 【満期】21 or 22歳
【払込期間】5、10、17 or18歳

▼詳細を確認
【受取パターン】
・学資年金/17 or 18歳:(満期保険金の)100%
・以降満期まで毎年:50%
こども祝金あり型 【満期】21 or 22歳
【払込期間】5、10、17 or18歳

▼詳細を確認
【受取パターン】
・祝金/5歳、11歳、14歳:20%
・学資年金/17/18歳:100%
・以降満期まで毎年:50%
契約者・被保険者年齢
【被保険者】0歳~6歳
【契約者】
・払込期間5年/男性:18歳~69歳 女性:16歳~69歳
・それ以外/男性:18歳~45歳 女性:16歳~45歳
保険料・返戻率例
契約者:30歳男性、被保険者:0歳、保険期間:22歳、保険料払込期間:18歳、こども祝金なし型・基準学資金100万円の場合
【学資年金】18歳:100万円
以降19~22歳まで毎年50万円
【保険料】月額1万3,350円、支払総額288万3,600円
【返戻率】104.0%

加入者の口コミ(加入理由)

nissei
  • 友達に勧められた候補の中で、一番利率が良かったから(会社員/30代)
  • 他の保険もニッセイで入っていたから(専業主婦/30代)
  • 友人が保険会社に勤めていて、こちらからお願いしました(専業主婦/30代)

一度は勢いのあったニッセイ学資保険も、2017年4月の改定で元気がなくなっちゃいました。フコク生命にわずか及ばず5位です。

もっとも、返戻率を下げたのは日本生命だけではなく、実際のところは各社横並びとも言えなくもないため、票差にみるほど実力の差はないかもしれません。

まとめ

商品名 票数 グラフ 参考返戻率
1位ソニー生命
「学資保険スクエア」
56 107.2%
2位学資保険
「はじめのかんぽ」
28 97.5%
3位JAこども共済 23 100.2%
4位フコク生命
「みらいのつばさ」
17 101.9%
5位日本生命保険相互会社
「ニッセイ学資保険」
15 104.0%
明治安田生命 
「明治安田の学資のほけん」
12 104.1%
アフラック
「夢見るこどもの学資保険」
7 98.1%
第一生命
「Mickey」
6 98.0%
住友生命スミセイの
「こどもすくすく保険」
5 101.5%
その他(_) 4
三井住友海上あいおい生命
「&LIFEこども保険」
2 66.6%
NKSJ ひまわり生命
「こども保険」
1 68.3%

やはりというべきか、皆さんが最も重視されているのは返戻率です。会社の信頼性や知名度・口コミを決め手にされている方もちらほら。いくら保障内容が良くても、肝心の保険会社にトラブルがあると困るため、大切なお金を預ける先が信頼できる会社かどうかを気にされるのも納得できます。

学資保険の代わりに終身保険を選ぶ主婦たちも…

返戻率の低下を受け、学資保険の代わりに終身保険を選んだという人が思いのほか多かったため、見逃せない動きとして書き留めておきます。

次のまとめをご覧ください。

■学資保険代わりの終身保険ランキング(円建て・外貨建て)
※外貨建ての返戻率はあくまで想定です
商品名 票数 グラフ 参考返戻率
1位オリックス生命
「RISE」(円建て)
7 102.1%
2位メットライフ生命
「USドル建終身保険」(ドル建て)
5 111.4%~※
3位ジブラルタ生命
「ドル建終身」(ドル建て)
4 111.3%
4位メットライフ生命
「つづけトク終身」(円建て)
3 短期払販売停止中
4位ソニー生命
「外貨建保険」(ドル建て)
3 110.2%
5位あんしん生命
「長割り終身」(円建て) ※販売休止中
2 112.9%
AIG生命
「E終身」(円建て) ※販売休止中
1 108.8%
ソニー生命
「バリアブルライフ」(円建て)
1 100.6%
アフラック
「WAYS」(円建て)
1 107.8%
あいおい生命
「積立利率変動型終身保険」(円建て)
1 100.3%
終身保険(円建て)・その他 1
マニュライフ生命
「こだわり外貨終身」(ドル建て)
1 103.6%
プルデンシャル生命
「米国ドル建終身保険」(ドル建て)
1 92.6%
終身保険(ドル建て)・その他 1

※メットライフ生命「USドル建終身保険」の返戻率は積立利率最低保証で推移した場合

学資保険の代わりに終身保険を選ぶ人は少なくないです。(ですのでオリックス生命の『RISE』は納得)、ご覧のように2位、3位に外貨建ての商品が食い込んできたのは興味深いです。同率4位には学資保険でトップを獲ったソニー生命のドル建て保険もいます。

外貨建て保険が台頭してきた背景としては、保険会社が積極的に販売しているというのもありますが、学資保険の返戻率が全般的に下がってしまったことが大きいでしょう。外貨建て保険に付き物の変動リスクを受け入れてもなお、「今の学資保険よりは良さそう」と考える人が増えたのだと思います。短期払にしてようやく100%超えというのが珍しくなくなりましたから、無理もありません。

「終身保険そのものが学資保険よりも優れている」と考える人が一定数いるのも事実です。満期になっても解約せずにお金を貯め続けられる点や、契約者に万一のことがあった場合、すぐに死亡保険金を受け取れる点で、学資保険よりも実用的だという意見を持っているようです。

確かに、たとえば子供の大学入学時など、物入りのときに金銭的余裕があれば無理に解約する必要はないですし、一家の大黒柱が亡くなって金銭的に困るのは直近の生活です。学資保険と終身保険の返戻率がさほど変わらないのなら、終身保険を選ぶというのも納得できます。

人によって考え方が違うので、学資保険のランキング1位のソニー生命と学資保険代わりの終身保険、一緒に比較してみても良いかもしれません。先程紹介した保険見直しラボなら一度に相談することができます。

今なら保険相談をすると保険見直しラボ限定で、厳選商品を1つもらえるので、ついでに相談してみてはいかがでしょうか?

保険ソクラテスおすすめ!

「ソニー生命の学資保険」を含めた相談はこちら

「ソニー生命の学資保険」を含めた相談はこちら

■調査概要
調査方法 クラウドソーシング「クラウドワークス」 調査地域 全国
調査対象 20~50代の教育資金目的で保険に加入された女性
調査日時 2018年1月23日~1月28日 性別 女性のみ
スポンサーリンク

2018年主婦200人が選んだ学資保険は?

子持ち主婦200人が実際に選んだ学資保険人気ランキング2018
半年以内に学資保険に加入した主婦の方200人にアンケートを実施し、今最も人気の学資保険はどの商品なのか調べてみました。保険選びの決め手になった理由も添えてご紹介しますので、一つの目安として参考にしていただければ幸いです。[...]

関連記事

  • 学資保険の返戻率比較表2018(完全版)学資保険の返戻率比較表2018(完全版) このページでは、共済を含む13社の学資保険の返戻率を比較することができます。『満期金の受取年齢』や『保険料の払込年齢』など、条件別に絞り込むことも可能ですので、いろんなプランで比較してみてください。2017年4月の保険料改定を盛り込んだ最新版に更新しています。 […]
  • 学資保険は「金融商品」として優秀なのか?学資保険は「金融商品」として優秀なのか? 教育費の準備といえば学資保険が有名ですが、教育費の積立は学資保険でないとできないわけではありません。馴染みの深い定期預金や積立預金もあれば、投資信託や個人向け国債という手もあります。複数の選択肢があるにもかかわらず、学資保険が人気なのは、知名度のおかげなのでしょうか? それとも […]
  • 子どもに保険は必要か? 検討すべき保険を考える子どもに保険は必要か? 検討すべき保険を考える 保険は万一の経済的損失に備えてかけるものですが、親だけでなく、子どもにも必要ではないかという意見があります。よく議論になるのが医療費と教育費。特に教育費は、すべて公立の学校に通ったとしても1,000万円レベルでかかると言われているので、具体的に計画を立てて準備すべきでしょう […]
  • 教育費の積立に使う価値あり?ジュニアNISAのメリット・デメリットを考える教育費の積立に使う価値あり?ジュニアNISAのメリット・デメリットを考える 超低金利政策の影響で学資保険の返戻率が下がっていくなか、「他に良い手段はないか」と探している子育て世帯も多いようです。そこで、少しリスクもあるけれど、教育資金を準備するのに有利な手段の候補として挙げられるのが、2016年から始まった「ジュニアNISA」ではないでしょうか。ここで […]
  • 米ドル建貯蓄型保険や変額保険は学資保険の代わりになるのか?米ドル建貯蓄型保険や変額保険は学資保険の代わりになるのか? 長期金利の低下や2017年4月の標準利率改定の影響で、いわゆる”貯蓄型”と呼ばれる保険は大きなダメージを受けました。学資保険はその代表ともいえる商品です。それまでのような貯蓄性を維持するのが難しくなった結果、円建てではなく、米ドル建ての商品を勧める保険会社が増えています […]

お子さんの教育資金は堅実に貯めたいもの。主婦200人のアンケートをもとにした今人気の学資保険をランキングで紹介しています。ランキング1位の商品はここ最近、圧倒的支持を得ています。

コンテンツ一覧
必要性・貯蓄性を考える
保障機能を考える
学資保険は必要?選び方
税金を考える
いまどきの教育費用の実態
保険会社別商品レビュー
あなたに必要な保険みつかるBOOK
「プロのファイナンシャルプランナーが教える」教育資金の賢い貯め方・考え方セミナー
「マンガでわかる 9割の人が気がつかない保険のヒミツ」
総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク