もくじ

  1. HOME
  2. 商品の徹底分析
  3. 保険商品の一覧
  4. FWD富士生命のがん保険

FWD富士生命(旧AIG富士生命)の「新がんベスト・ゴールドα」を徹底分析

FWD富士生命(旧AIG富士生命)から販売されている人気のがん保険です。旧商品「がんベスト・ゴールド」が「がんベスト・ゴールドα」にリニューアルされ、さらにその最新のバージョンがこの「新がんベストゴールド」になります。

主契約は診断給付金のみというシンプルな内容は変わりなく、アップデートされた点としては、診断給付金額が50万円からと低額からの保障も可能になったこと、入院・手術給付が、抗がん剤治療・放射線治療給付に変わり、現在のがん治療の実態により即したものになりました。

基本情報と主な保障内容

契約可能年齢 20歳~80歳
保険期間 終身
保険料払込期間 終身
払込回数 月払・半月払・年払
払込方法 口座振替・カード払

主契約

給付金 保障内容等
悪性新生物診断給付金 ・初めて悪性新生物と診断確定されたとき
・2回目以降の診断後に入院または通院をしたとき
・50万円~300万円
・2年に1回・無制限

特約

給付金 保障内容等
悪性新生物初回診断一時金 悪性新生物診断給付金の初回の給付額を50万円~200万円増額(悪性新生物診断給付金と合わせて300万円が限度)
上皮内新生物診断給付金 ・上皮内新生物と診断確定されたとき
・20万円もしくは50万円
・2年に1回・無制限
がん先進医療給付金
がん先進医療一時金
・所定の先進医療にかかわる技術料と同額を保障。通算2,000万円
・がん先進医療給付金の10%相当額を一時金として受け取れる
抗がん剤治療給付金
がん放射線治療給付金
・抗がん剤治療、放射線治療を受けたとき
・一律10万円
・月に1回まで、回数無制限
女性がん手術給付金
乳房再建術給付金
・・女性特有のがんで所定の手術を受けたとき、一律10万円
・乳房再建術を受けたとき、手術給付金に加えて10万円

ここに注目!

特約で診断給付金を増額可。最大300万円を受け取れる

初回の診断給付金を増額する「悪性新生物初回診断一時金」があり、最大で300万円もの一時金を受け取ることができます。診断給付金はがん保険の要ですから、重度のがんに備えたい人は付帯してもいいでしょう。

診断確定後は払込みが免除に

悪性新生物と診断確定された場合、以後の保険料支払いが免除になります。給付金がもらえても、闘病中はなにかと出費が増えるので、保険料の負担が浮くのは助かります。

知っておきたい

上皮内がんは特約をつけなければ診断給付金を受け取れない

上皮内がんの場合は診断給付金の対象外。給付金額が減額される保険は珍しくありませんが、特約を付けないとまったく保障されない設計になっている点、注意してください。

保険料

《見積条件》
契約者:30歳、男女、終身・月払の場合

保障内容 月払保険料
悪性新生物診断給付金100万円 男性:2,103円
女性:1,929円
上記に加え、悪性新生物初回診断一時金100万円、上皮内新生物診断給付金50万円 男性:3,215円
女性:2,903円
上記に加え、がん先進医療給付金・がん先進医療一時金つき、抗がん剤治療給付金・がん放射線治療給付金10万円 男性:4,074円
女性:3,862円

全体を通して

プロのなかでも評判の商品だけあって実力は確か。がんは、あれこれ心配になっていろんな保障を付けたくなりますが、診断給付金さえしっかりしていれば十分という声があります。その意味では、主契約の充実度、保障構造のシンプルさ、納得の保険料と三拍子そろっており、検討に値する保険ではないでしょうか。

この会社の資料を請求

スポンサーリンク

診断給付金? 抗がん剤保障? プロFPはここを見る!

プロFP25人が本音で評価 『2016年のおすすめがん保険人気ランキング』
がん保険は商品によって保障内容の違いが大きく、比較がしにくい保険だと言えます。そこで、プロのFP25名に注目のがん保険を挙げてもらい、ランキングにしてみました。プロが評価するがん保険とはどんな商品なのか? 保険選びの参考にしてください!…