もくじ

  1. HOME
  2. 商品の徹底分析
  3. 保険商品の一覧
  4. オリックス生命のがん保険

オリックス生命の「がん保険Believe[ビリーブ]」を徹底分析

オリックス生命のがん保険です。がんの治療のための入院を開始したときに受け取れるがん治療給付金(一時金)を主体として、はじめてがんと診断されたときはがん初回診断一時金も受け取れます。がん入院給付金やがん手術給付金もありますが、まとまった一時金の給付を重視する、最近人気の傾向を踏まえていると言えます。

基本情報と保障内容

契約情報

契約可能年齢 0歳~75歳
保険期間 終身
保険料払込期間 終身払、60歳・65歳・70歳・75歳払済
払込回数 月払・半年払・年払
払込方法 口座振替・クレジットカード払

主契約

給付金 保障内容等
がん初回診断一時金 ・がんとはじめて診断されたとき
・初回のみ給付
・上皮内新生物でも同額保障
がん治療給付金 ・がんの治療を目的として入院を開始したとき
・基本給付金額の50倍
・2年に1回を限度に支払回数無制限
がん入院給付金 ・がんの治療を目的として入院したとき
※基本給付金額5,000円は50歳以上のみ
がん手術給付金 ・がんの治療を目的として約款所定の手術を受けたとき
・基本給付金額の20倍
がん退院一時金 ・がんで10日以上の継続入院後に退院したとき
・基本給付金額の10倍
・支払回数無制限
※「がん退院一時金」を受け取った入院の退院後、退院日を含めて30日未満に開始した入院の退院については支払われません。

特約

給付金 保障内容等
がん先進医療給付金 ・がんを直接の原因として先進医療による療養を受けたとき
・通算2,000万円限度
がん通院給付金 ・がんで約款所定の通院をしたとき
※内容により60日限度もしくは支払日数無制限

ここに注目!

入院したとき何度でも受け取れるがん治療給付金(一時金)の存在

入院に対する保障は「がん入院給付金」がありますが、それに加え、一時金として受け取れる「がん治療給付金」という保障が主契約のなかに組み込まれています。保障金額はがん初回診断一時金の半分ではあるものの、2年に1回を限度に何度も給付されるため、治療が長引いた際は支えになるでしょう。

悪性新生物でも上皮内新生物でも同額保障される

悪性新生物と上皮内新生物を区別して保障する保険が多数のなか、この保険は悪性新生物でも上皮内新生物でも同額の給付金を支払ってくれます。

知っておきたい

がん初回診断一時金は初めの1回だけ

がん初回診断一時金は初回のみと決められているため、がん初回診断一時金の受取以降、入院を伴わない治療だけだと一時金を受け取ることができません。

基本給付金額5,000円は50歳以上のみ

基本給付金額の設定を5,000円にできるのは、50歳~75歳だけに限定されています。基本給付金額をいくらにするかはさまざまな考え方がありますが、50歳以下で5,000円にしたい人は別の商品を検討しましょう。一方で、50歳以上の人は、”コスト減で加入できる”という考え方もできます。

保険料例

特約である「がん通院給付金」を有りか無しかにし、それぞれ30歳の男女で見積もってみました。

《見積条件》
30歳男女、基本給付金額1万円、がん先進医療特約付加、終身払、口座振替扱

保険料 / 保障内容 がん通院給付金有り がん通院給付金無し
月払保険料 男性:2,990円
女性:2,640円
男性:2,580円
女性:2,170円
がん初回診断一時金 100万円(初回のみ) 100万円(初回のみ)
がん治療給付金 50万円 50万円
がん入院給付金 日額1万円 日額1万円
がん手術給付金 20万円 20万円
がん退院一時金 10万円 10万円
がん先進医療給付金 先進医療による療養にかかる技術料と同額(通算支払限度:2,000万円)
がん通院給付金 日額1万円 -

入院治療よりも通院・在宅治療が増えてきている時代ですから、「がん通院給付金」を追加するかは迷うところ。がん初回診断一時金やがん治療給付金で賄うという考え方もありますが、保障を手厚くしたいのであれば付加していてもいいと思います。

全体を通して

がん治療給付金をどう捉えるかが評価の分かれどころ。入院が支払条件になっていること、給付額が診断一時金よりも劣ることが気になるといえば気になりますが、再発時や長期療養時には活躍してくれそうです。当サイト内で集計したFPによる評判ランキングでは、初めてがんと診断され、入院したときはがん初回診断一時金とがん治療給付金の両方が受け取れる点を評価する声がありました。

この会社の資料を請求

※募集代理店 株式会社アイ・エフ・クリエイトのHPへ移ります。

注意事項
※保険料は2017年4月1日現在のものです。
※がんにかかわる保障は責任開始日からその日を含めて91日目(がん責任開始日)より開始します。
※がん先進医療特約は、医療行為、医療機関および適応症などによっては、給付対象とならないことがあります。
※同一の被保険者において、先進医療給付のあるオリックス生命の特約について重複して加入はできません。
※既往症(過去の病気)や健康状態などによっては、引受けが制限される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※このページは商品の概要を説明しています。詳細については「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり/約款」を必ずご覧ください。

※上記の記事内容は、当サイトの見解です。

ORIX2017-B-051

スポンサーリンク

診断給付金? 抗がん剤保障? プロFPはここを見る!

プロFP25人が本音で評価 『2016年のおすすめがん保険人気ランキング』
がん保険は商品によって保障内容の違いが大きく、比較がしにくい保険だと言えます。そこで、プロのFP25名に注目のがん保険を挙げてもらい、ランキングにしてみました。プロが評価するがん保険とはどんな商品なのか? 保険選びの参考にしてください!…