• がん保険の教科書
  • がん治療の基礎知識と実態
  • がんに関する俗説。「がん家系」「若い人は進行が速い」って本当?

がんに関する俗説。「がん家系」「若い人は進行が速い」って本当?

掲載: 

がんについて、こんな話を聞いたことはありませんか?

  • がん家系(がんになりやすい家系)がある。
  • 若い人はがんの進行が速い

よく聞くこれらの説は、本当なのでしょうか。

「がん家系」は存在するか?

「親戚にがんで亡くなった人がいる。自分も同じがんになるのではないかと心配」。そんな不安はよく聞くところです。

病気のなかには、遺伝的な特性だけで発症が左右される、いわゆる遺伝病というものがあります。血友病などがそうです。ですが、がんは遺伝病ではありません。ありませんが、遺伝がまったく関係ないかというと、そうではないことがわかってきています。

がんは細胞内の遺伝子がキズつくことによって起こりますが、遺伝子にキズがついても、それを修復する遺伝子というものが人間にはあります。これが正しく働いていれば遺伝子にダメージがあってもがんはできません。しかし、まれにこの遺伝子がうまく働かない人がいて、そういう人は他の人より「がんになりやすい」と言えます。

この、がんになりやすい特性が遺伝することがあるため、遺伝的にがんになりやすい家系が存在することは事実です。

最近の研究では、すべてのがんのうちおよそ5%程度が、この遺伝的特性で発生したものではないかと考えられています(5%の人ががん家系だ、という意味ではありません。がんのうち5%が、家計によるものではないか、という話です)。

ただし、そのような家系だからといって必ずがんになるとは言えませんし、その家系でなければがんにならないわけでもありません。まして、「親戚にがんになった人がいる」から、自分がそのような家系だと断定することもできないのです。がんは珍しい病気ではありませんから、遺伝的な特性が関係しなくても、親戚にがんになった人が複数いたって不思議なことではありません。

ですので、過剰に心配しすぎる必要はないでしょう。

ただ、同じ種類のがんを発症している人が多い場合や、何度もがんにかかる人がいる場合などは、一度、専門的な検査を受けてみるのもありです。遺伝的にがんになりやすいとわかったからといって、そのリスクを取り除く方法は技術はまだ確立されていませんが、リスクがあるとわかれば、こまめに検診をうけたり、リスク要因となる生活習慣を改めるなどの対策はとれるからです。

若い人はがんの進行が速いってホント?

次に、「若い人はがんの進行が速い」という説について。

結論から言ってしまいますと、これは誤りです。そうとは言えません。

がんの進行が速いかどうかは、がんができた部位と、がんのタイプによります。たとえば肺がんなどは比較的進行が速いと言われ、対して乳がんなどはゆるやかだとされています。

また、がんには「低分化腺がん」という、がん細胞が散らばった状態でできるものと、「高分化腺がん」と、まとまった状態でできるものとがあり、前者のほうが進行が速いです。

年齢そのものによって、がんの進行速度が変わることはないのです。

もっとも、若い人には「低分化腺がん」ができやすいという傾向があり、これが元となって俗説が広まった可能性はあります。がんは細胞が異常に増殖していくという病気ですから、若い人のほうが細胞が活発で、それががん細胞になったらなんだか凄そう、みたいなイメージの問題もあったかもしれませんね(医学的にはそのような根拠はありません)。

若い人には「低分化腺がん」ができやすくて、高齢者がそうではないのなら、結果的に若い人のほうが進行が速いと言えるのではないか?と思う人もいるでしょうか。

ですが、そもそも、がんは高齢になるほどかかりやすい、という事実があります。高齢でも、「低分化腺がん」ができることはありますし、部位的に進行が速いがんがあるのは述べたとおりです。高齢の人でも進行が速いことは普通にあって、しかも、がんになりやすいのです。

「若い人はがんの進行が速い」という考えは、「歳をとってからかかったがんは進行が遅い」という意味合いを含んで使われがちですが、実際にはそうではないのですから、このような考えは危険です。進行が遅いから平気、とは言えないので、がんと診断されたら、医師の話をよく聞き、適切な治療をすみやかに受ける必要があります。

スポンサーリンク

2016年診断給付金? 抗がん剤保障? プロFPはここを見る!

がん保険人気ランキング
プロFP25人が本音で評価 『2016年のおすすめがん保険人気ランキング』
がん保険は商品によって保障内容の違いが大きく、比較がしにくい保険だと言えます。そこで、プロのFP25名に注目のがん保険を挙げてもらい、ランキングにしてみました。プロが評価するがん保険とはどんな商品なのか? 保険選びの参考にしてください![...]

関連記事

  • がん治療はいくらかかる? がんの3大療法と部位別の治療費用がん治療はいくらかかる? がんの3大療法と部位別の治療費用 がんには大きく分けて3種類の治療法があります。手術・抗がん剤治療・放射線治療がそれで、合わせてがんの3大療法と呼びます。実際には、ケースに合わせて、これらの療法やほかの方法を組み合わせて治療が行われていきます。 手術 内容・効果 がんになってしまった部分とその周辺 […]
  • がん検診の上手な受け方は? 費用の相場と検診の目安がん検診の上手な受け方は? 費用の相場と検診の目安 がんの治療で重要なのは、どれだけ早期発見ができるかということです。早期に発見できれば、がんは怖い病気ではありません。完治する率は高くなりますし、治療にかかる時間も費用も短縮できます。逆を言えば、がんの発見が遅れれば遅れるほど、その結果は致命的なものになっていきます。 […]
  • がん保険は本当に必要か? 年代別罹患率と、がん治療費用の実態がん保険は本当に必要か? 年代別罹患率と、がん治療費用の実態 若くしてがんになる確率は低いが…… がんが恐ろしい病気であることは周知の事実です。医学の進歩により、かつてほどの脅威ではなくなったものの、日本人の死因トップは未だにがんであり、がんにかかる人は年々増加傾向にあります。 […]
  • がんとはどのような病気なのか?  種類と部位別死亡率についてがんとはどのような病気なのか?  種類と部位別死亡率について そもそも「がん」という病気はどういうものなのか、イチからひもといてみましょう。 まず、がんは漢字で「癌」と書かれることもありますが、「がん」と「癌」は厳密には同じではなく、使い分けられることがあります。「癌」は、医学的には「上皮細胞由来の悪性腫瘍」のことを指します […]
  • 国立がん研究センターが認めるがん予防方法とは?国立がん研究センターが認めるがん予防方法とは? もしも、がんになってしまったときのためにがん保険があるわけですが、できれば、そもそも「がんになりたくない」ものですよね。では、がんを予防することはできるのでしょうか? 世の中にはさまざまな「がん予防法」の情報が出回っています。ですが、単なる俗説の域を出ないものも多 […]
コンテンツ一覧
がん保険のカラクリ
がん保険の賢い選び方
がん治療の基礎知識と実態
がん保険の商品別レビュー
総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク