朝日生命の「スマイルメディカル」を徹底分析

掲載: 

代理店専用商品の「スマイルメディカル[無配当医療保険(返戻金なし型)S]」は、入院日数にかかわらず一時金が受け取れることが特徴の終身医療保険。他にも女性保険の「スマイルレディ」、引受基準緩和型の「スマイルメディカルワイド」と、「スマイルシリーズ」を充実させています。

主契約の内容

保障内容
主契約 入院給付金
医療費充当給付金(一時金) 入院給付金日額×0、5、10、20、30
1入院支払限度日数 60日
通算支払限度日数 1,000日

「医療費充当給付金」という一時金が最大の特徴。入院日数にかかわらず受け取れるので、最大の入院給付日額×30倍にした場合、5,000円なら1日で退院しても15万5,000円、1万円なら31万円の保障が付きます。他の医療保険と違い手術保障がオプションなのはネックですが、医療費充当給付金を手術給付金代わりにするという考え方もできなくはありません。もちろん、それは入院がごくごく短期だった場合で、平均的な長さで入院し、手術も受けるとなると15万円では不安でしょう。

特約・特則の内容

保障内容
先進医療 ・先進医療給付金(技術料):通算2,000万円まで
・先進医療見舞金:先進医療給付金の10%相当額
手術給付金・放射線治療給付金 入院給付金日額×0、5、10(日帰り入院対応)
死亡給付金 入院給付金日額×10
特定入院継続給付特約 所定の生活習慣病または特定精神疾患で61日以上入院したとき支払限度を120日まで延長
女性入院特約 所定の女性特定疾病で入院したとき入院給付金を上乗せ

前項で触れた手術給付金特約は最大で10倍。どの倍率にするかは、医療費充当給付金の設計に応じて調節するといいでしょう。もちろん、逆もしかり。どちらかを0にしてもいいですし、両方とも中程度に設計するのもいいと思います。ただ、要・不要は置いておいて、他社にはある通院給付金特約がないため、医療費充当給付金を多めに付加する方が使い勝手はよさそうです。

商品リリースより後に追加発売された特約として、「女性入院特約」、「特定入院継続給付特約」があります。女性入院特約は、女性特有の疾病で入院すると入院給付金日額が上乗せされる一般的なタイプのもので、特筆すべき点はありません。

特定入院継続給付特約は、所定の精神疾患や6大生活習慣病(心・血管疾患、脳血管疾患、腎疾患、肝疾患、糖尿病、高血圧性疾患)で入院したときに、1入院の支払限度日数が120日まで延長されるというもの。医療費の負担で本当に怖いのは長期入院したときなので、病気で“大負け”にならないための特約と言えますが、精神疾患系の平均在院日数は1年を超えるものもあるだけに、120日が長いか短いかは評価が分かれそうです。

保険料・他

詳細
割引 手術給付金なし 手術給付金あり
保険料(※) 【男性】
30歳:2,840(1,775)円
40歳:3,905(2,450)円
50歳:5,425(3,390)円
【女性】
30歳:2,880(1,750)円
40歳:3,530(2,210)円
50歳:4,745(3,010)円
【男性】
30歳: 3,485(2,420)円
40歳:4,810(3,355)円
50歳:6,725(4,690)円
【女性】
30歳:3,615(2,485)円
40歳:4,360(3,040)円
50歳:5,830(4,095)円
引受年齢 0~80歳
保険料払込期間 60・65・70・75・80歳払、終身
払込方法 月払、年払
口座振替(月年、年払)、クレジットカード払(月払)

※入院給付金日額5000円、入院限度日数60日、医療費充当給付金30倍(10倍)、手術給付金10倍、終身払の場合

ご覧のように、医療費充当給付金と手術給付金の金額(倍率)によって金額がかなり異なってきます。安さを求めるならば両方とも無し(0倍)にできますが、そうするとこの商品を選ぶ理由があまりない気がします。

全体的に少し高いかもしれませんが、医療費充当給付金に通院給付金の役割が含まれていると考えれば妥当だとも思えてきます(もちろん、まったくの別物ですが)。

もちろん、健康還付特則が終了した時点で解約するのもいいでしょう。ただし、途中で解約すると最大でも7割弱しか戻ってこないため注意してください。

まとめ

医療費充当給付金にどのような価値を見出すかが評価ポイント。日帰り入院でもまとまった保障を受けたい人にはオススメできます。しかし、繰り返しになりますが、手術給付金が特約、通院給付金がないなどバランスを欠いた部分もあるので、もう少しスタンダードな保険の方がいいという人には微妙かもしれません。

この会社の資料を請求

スポンサーリンク

2017年プロFPが認めたおすすめの医療保険はどれ?

医療保険人気ランキング
プロFP25人が本音で評価 『2016-2017年のおすすめ医療保険人気ランキング』
日頃から多数の保険相談を受けているプロFP25人に、おすすめできる医療保険をその理由とともに1つ答えてもらいました。ランキング化してまとめたので、医療保険選びの参考にしてください![...]

関連記事

  • aflacアフラックの「ちゃんと応える医療保険EVER」を徹底分析 アヒルのCMでお馴染みのアフラックが販売するEVERシリーズ。通常タイプの同商品のほか、女性向けタイプの「Lady’s […]
  • metlifeメットライフ生命の「やさしくそなえる医療保険」を徹底分析 シンプルな設計と割安な保険料が特徴の医療保険です。保障の種類が少なく、あれこれカスタマイズしたい人には向きませんが、だからこそ理解しやすいというメリットもあります。終身・定期のほか、女性専用保険も販売されています(本頁では割愛します)。 主契約の内容 保障内容 […]
  • 医療保険の必要性と賢い選び方医療保険の必要性と賢い選び方 医療保険は病気や怪我で入院したときの経済的負担を軽減するためにあります。健康保険(公的医療保険)に加入していれば窓口負担は最高でも3割で済みますが、傷病によっては保険が効かないものや、入院が長引くものも出てくるので、“予備の保険”として民間の医療 […]
  • orixlifeオリックス生命の「医療保険新CURE」を徹底分析 重い病気による長期入院の備えとして、七大生活習慣病入院給付特則、七大生活習慣病入院給付特則(三大疾病無制限型)、さらに先進医療特約が主契約に組み込まれていています。それでいて保険料はかなりリーズナブル。有期払い(60歳 or […]
  • 老後の医療保険は必要?老後の医療保険は必要? 病気にかかるリスクは年齢を重ねるにつれ高くなります。厚生労働省がまとめた資料からもそれは明らかで、70歳以上の高齢者は入院・外来ともに受療率が急激に上がっています。 年齢階級 入院 外来 0歳 1,036 7,193 1~4 […]
コンテンツ一覧
医療保険のカラクリ
医療保険の賢い選び方
参考になる医療費データ
公的な医療費補助制度
個別商品のレビュー
総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク