定期型と終身型の違いを徹底比較

掲載: 

医療保険には、保険期間が一定期間で終わる「定期型」と、一生涯続く「終身型」の2種類があります。
両タイプとも必要としている層が異なり、メリット・デメリットはライフスタイルや個人の思考に応じて見え方が変わります。

定期型と終身型にはどんな違いがあるのか? 詳しくみていきましょう。

保障期間の違い

冒頭で述べたとおり、両タイプの違いは「保障が一生続くか否か」です。

定期型

定期型は3年や5年、長いものでは10年以上の保障もありますが、とにかく限定的な保障を得たい人向けです。「収入が安定しない間」や「子どもが小さい間」など、医療費で家計を圧迫したくない期間に当たりをつけている人に適しているでしょう。

また、保障期間が区切られているということは、保険の見直しもしやすいということです。人生その時々でさまざまな変化があるでしょうから、自分の変化に応じてフットワーク軽く保険を見直したい人に向いているといえます。

ただし、60歳や70歳以上は入れないなど年齢制限が設けられています。

終身型

一方、終身型は一生ものの保障を得たい人が選ぶ保険です。長い人生、いつどんな怪我や病気をするかわからないため、一度の契約で終身の医療費に備えたいなら終身型の医療保険が向いています。

定期型と違い保険の見直しがしにくいのがデメリットですが、初めにきちんと選んでおけばそもそも見直しは必要ないという見方があります。

保険料の違い

保障期間が異なることで保険料の決まり方も異なります。

定期型

保険料は契約時の年齢で決まり、保障期間が短いぶん、終身型よりも安く設定されています。

例:A社で、30歳・男性・入院給付日額5,000円でシミュレーションした月額保険料
定期型 終身型
30~40歳 970円 30歳~ 1,635円
40~50歳 1,280円 40歳~ 2,175円
50~60歳 2,040円 50歳~ 2,995円
60~70歳 3,050円 60歳~ 4,200円

保障が必要な期間を限定的に考えている人は、やはり定期型が向いています。しかし、30~40歳まで契約したが、やっぱり40歳からも延長、50歳からも……と更新し続けていると保険料がアップするので注意が必要です。

長期間、医療保険に加入し続けるなら、若いうちに終身型に入った方が保険料の総支払額は安くなるということです。

終身型

定期型と違い、保険料は一生変わりません。同年齢で比較したときの保険料は割高になりますが、長いスパンで見ると定期型よりも安くなります(もちろん加入時の年齢によります)。老後の入院費を若いうちから確保できるという意味では定期型よりも優れているでしょう。

しかし、解約しないことが前提になるので、物価上昇など社会に変化が起きたときに対応しにくいのがデメリットです。

終身払いと短期払済

終身型保険にも、死ぬまで保険料を払い続ける「終身払い」と、60歳や65歳までに一生分の保険料を先払いする「短期払済」があります。保険料は短期払済の方が高くなりますが、一度払い終えるとそれ以降保険料はかからないので、長生きした場合、終身払いよりお得なることがあります。

例:B社で、30歳・男性・入院給付日額5000円でシミュレーションした月額保険料
終身払い 65歳払い 60歳払い
1,537円 1,946円 2,185円

一般的に人気が高いのは短期払済です。たとえ2,000円程度の出費でも、定年退職後の収入は予測しにくいため、お金のあるうちに支払っておこうという考えです。

解約返戻金

定期型はいわゆる「掛け捨て」ですが、終身型は貯蓄を兼ねたタイプもあり、保険を解約した際に掛金のいくらかが戻ってくる「解約返戻金」があるタイプもあります。代わりに保険料が高くなるのですが、掛け捨てタイプがどうしても嫌だという人は解約返戻金ありの保険を選びましょう。

最近は、解約返戻金がないか、解約しても戻ってくる額が通常タイプよりも60~70%低い「低解約返戻金型」が主流です。解約返戻金は期待できませんが、そのぶん余分な保険料が乗っていないこと、貯蓄は別の方法でやればいいと考える人が増えてきたことから人気が出ました。

まとめ

定期型と終身型の違いをメリット(○)・デメリット(×)に分けてまとめました。

比較項目 定期型 終身型
保障期間 5年、10年ごとなど更新が必要
(○)保険の見直しがしやすい
(×)60歳や70歳など年齢制限がある
一生涯続く
(○)1度の契約で老後も安心
(×)保険の見直しがしにくい
保険料 加入時の年齢で決まり、更新時も年齢に応じて変動する
(○)終身型よりも安い
(×)年齢が上がるにつれ高くなる
(○)物価の価格変動やライフプランの変化に対応しやすい
加入時の年齢で決まり、その金額で一生固定
(×)定期型よりも割高
(△)支払いが一生続く。ただし60歳払込など払込期間の短縮も可能
(×)物価の価格変動やライフプランの変化に対応できない
解約返戻金 掛け捨て 選択可能

どちらがお得か?ですが、表を見てもわかるとおり、あっちを立てればこっちが立たずで、互いのメリット・デメリットは相関関係にあります。
医療保険は若いうちだけでいい、老後の医療費は貯蓄で対応するという人なら定期型がマッチしていますし、年齢にかかわらず一生涯の安心を買いたいという人は終身型がいいでしょう。

一概に良い悪いを決めることはできないため、自分のライフスタイルやライフステージをよく考慮して選んでください。

スポンサーリンク

2017年プロFPが認めたおすすめの医療保険はどれ?

医療保険人気ランキング
プロFP25人が本音で評価 『2017年のおすすめ医療保険人気ランキング』
日頃から多数の保険相談を受けているプロFP25人に、おすすめできる医療保険をその理由とともに1つ答えてもらいました。ランキング化してまとめたので、医療保険選びの参考にしてください![...]

関連記事

  • コスパの高い共済はどこ? 3大共済の医療保障を徹底比較コスパの高い共済はどこ? 3大共済の医療保障を徹底比較 保険より手頃な掛金で相応の保障が得られる共済。なかでも、都(道・府・県)民共済、全労済、コープ(CO・OP)共済の3団体は、最も知名度が高い3大共済と呼べるでしょう。 […]
  • 老後の医療保険は必要?老後の医療保険は必要? 病気にかかるリスクは年齢を重ねるにつれ高くなります。厚生労働省がまとめた資料からもそれは明らかで、70歳以上の高齢者は入院・外来ともに受療率が急激に上がっています。 […]
  • 医療保険の必要性と賢い選び方医療保険の必要性と賢い選び方 医療保険は病気や怪我で入院したときの経済的負担を軽減するためにあります。健康保険(公的医療保険)に加入していれば窓口負担は最高でも3割で済みますが、傷病によっては保険が効かないものや、入院が長引くものも出てくるので、“予備の保険”として民間の医療 […]
  • 人気の先進医療特約は本当に必要なのか?人気の先進医療特約は本当に必要なのか? ここ数年、先進医療にかかる技術料を一定額まで保障する先進医療特約が流行しています。 200万円とも300万円ともいわれる高額な先進医療費を月額100円程度の掛金で保障してくれるうえ、医療機関までの交通費やホテルの宿泊費まで支払ってくれる会社もあります。 この […]
  • orixlifeオリックス生命の「医療保険新CURE」を徹底分析 重い病気による長期入院の備えとして、七大生活習慣病入院給付特則、七大生活習慣病入院給付特則(三大疾病無制限型)、さらに先進医療特約が主契約に組み込まれていています。それでいて保険料はかなりリーズナブル。有期払い(60歳 or […]
コンテンツ一覧
医療保険のカラクリ
医療保険の賢い選び方
参考になる医療費データ
公的な医療費補助制度
参考になる医療費データ
個別商品のレビュー
総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク