• 医療保険の教科書
  • 医療保険の仕組み
  • 乗り換えを前提で加入するなら定期型より終身型の医療保険がベター?

乗り換えを前提で加入するなら定期型より終身型の医療保険がベター?

掲載: 

民間の医療保険は、医学・医療の進歩に合わせて年々新しくなっています。古い医療保険だと最新の治療実態に対応していない場合もあり、「せっかく医療保険に加入しているのに使えない!(給付条件を満たせない)」という事態が実際に起こっています。

……ということは、私たちは医療保険を乗り換え続けなければいけないのでしょうか? またそうだとすると、定期型と終身型のどちらがいいのでしょうか?

乗り換え時に注意したい「告知」という大敵

医療保険に限らず、保険に加入する場合は「健康状態等の告知(=診査)」が必要です。告知の内容によって引受け(加入)の可否が決まるのです。

新しい医療保険に乗り換えしたい!と思ったときに注意すべきが、この健康告知です。いくら本人が加入したいと思っても、健康状態によっては断られてしまうからです。

乗り換えを検討する際は、新しい医療保険に加入できなくても無保険にならないよう、告知(審査)の結果を待ってから古い保険契約を解約するほうが懸命でしょう。

終身型の医療保険が有利になる理由

以上を踏まえますと、定期型の医療保険はそれだけでリスキーです。定期型はその名のとおり、一定期間の保障ですので、契約期間満了後に新しい保険に加入できない場合は無保険状態になってしまいます。

一方、終身型の保険ですと、自ら解約しないかぎり契約は続きますので、定期型保険が抱える乗り換え時のリスクは回避できます。

保険料は「終身払」一択

あくまで「一定の期間で保険を乗り換え続けること」を前提に終身医療保険に加入する場合、次に考えなければならないのは、保険料の払込方法です。

一時払、終身払、短期払の3種類のうち、保険料を安くおさえることができるのは終身払です。一時払や短期払は、本来なら一生涯かけて払い込む分を期間短縮して納めるわけですから、トータルで見ると割引がきいているのですが、月々で計算すると保険料は割高になってしまいます。ここでは短いスパンでの乗り換えを前提としているため、1回あたりの保険料が最も少ない終身払が賢いでしょう。

ただし、意外にも保障内容に満足し、乗り換えしなかった場合は一生涯払い続けることになります。老後の収入が年金しか見込めない方には重い支出になるかもしれません(とはいえ、医療保険の保険料が払えるくらいのライフプランは立てておくべき、と思いますが)。

結論:乗り換え続けるなら終身型…しかし新商品に振り回されるのはナンセンス

医療保険が、医学の進歩や医療情勢、また消費者のニーズによって毎年新しくなっているのは事実です。たとえば、保険会社はかつて、手術給付金の対象となる手術を、自社が指定する88項目(約600種類)の手術に限定していました。これが現在では、公的医療保険制度が適用される手術(正確には「診療報酬点数表」に記載されている手術)を対象としている会社が多く、その数は約1,000種類あります。以前に比べると約400種類増えたということです。

入院給付金もそうです。かつては入院4日目からを給付対象としてたのを、今では1泊2日はもちろん、「日帰り入院からでもお支払い」と宣伝する保険会社も珍しくなくなりました。 

ここでは、新商品が出ることで自分の保障内容が気になり、安心を買う意味でも乗り換えしつづけたい方を想定して話を展開した結果、「終身型の医療保険の終身払」と結論付けましたが、実際にはナンセンスだと思います。

短期間でドラスティックに変わることは稀ですし、新しくなるたびに乗り換えをしまくるのは適切とは言えないためです。保険見直しのタイミングは原則、ライフイベントやライフステージの更新などに行うなどで十分でしょう。

なかには賢く乗り換えしづづけている方もいるかもしれませんが、そのためには保険の最新情報にアンテナを張り巡らせる必要があり、簡単にできるものではありません。適切な情報を適切なタイミングで手に入れたいと考える一般的な方なら、そうした情報収集に長けたFP(ファイナンシャル・プランナー)などの相談者を近くに置くほうがよほど手っ取り早く、また正確です。

保険のことばかり気にしすぎて保険貧乏にならないためにも、医療保険の乗り換えは保険のプロに相談することをオススメします。

スポンサーリンク

2018年プロFPが認めたおすすめの医療保険はどれ?

医療保険人気ランキング
プロFP25人が本音で評価 『2018年のおすすめ医療保険人気ランキング』
日頃から多数の保険相談を受けているプロFP25人に、おすすめできる医療保険をその理由とともに1つ答えてもらいました。ランキング化してまとめたので、医療保険選びの参考にしてください![...]

関連記事

  • 手術給付金の対象となる種類は88種か公的医療保険連動の1,000種がいいか?手術給付金の対象となる種類は88種か公的医療保険連動の1,000種がいいか? 医療保険には、手術をすると給付金をもらえる手術給付金がありますが、すべての手術が給付金の対象となるわけではありません。保険会社ごとに対象となる手術が定められており、実際は88種類または公的保険連動(1,000種類)のどちらかとなります。 […]
  • 給付金の請求から受取りまで、知っておきたいこと給付金の請求から受取りまで、知っておきたいこと 医療保険の給付金の受け取りに際して、「請求の仕方が意外にややこしかった」という声が少なからず聞こえてきます。一昔前に比べると随分わかりやすくなったとは思いますが、自分発信でしないといけないことに変わりはないため、ここでは、給付金の請求方法や注意点について確認することにします。 […]
  • 医療保険とは?医療保険の仕組みを徹底解説医療保険とは?医療保険の仕組みを徹底解説 医療保険ってどんな保険? 病気や怪我の治療にかかる経済的負担を軽減するもの、それが医療保険です。種類は大きく分けて2つ。政府が運営する公的医療保険(健康保険)と、民間の保険会社が販売する医療保険です。 日本ではほとんどの人が公的医療保険に加入していますが、健康保険だ […]
  • 手術給付金の落とし穴?健康保険内の手術なのに支払対象外の手術もある?!手術給付金の落とし穴?健康保険内の手術なのに支払対象外の手術もある?! 手術を受けたとき、医療保険に入っていれば手術給付金が出ますが、全ての手術が対象となるわけではありません。医療保険の対象にならず、手術給付金を受け取れない手術とはどのようなものなのでしょうか。  […]
  • 医療保険の必要性と賢い選び方医療保険の必要性と賢い選び方 医療保険は病気や怪我で入院したときの経済的負担を軽減するためにあります。健康保険(公的医療保険)に加入していれば窓口負担は最高でも3割で済みますが、傷病によっては保険が効かないものや、入院が長引くものも出てくるので、“予備の保険”として民間の医療保険に加入するわけです。しかし、 […]
コンテンツ一覧
医療保険のカラクリ
医療保険の賢い選び方
参考になる医療費データ
公的な医療費補助制度
個別商品のレビュー
あなたに必要な保険みつかるBOOK
「プロのファイナンシャルプランナーが教える」教育資金の賢い貯め方・考え方セミナー
「マンガでわかる 9割の人が気がつかない保険のヒミツ」
総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク