• 医療保険の教科書
  • 個別商品のレビュー
  • チューリッヒ生命の「終身医療保険プレミアムDX」を徹底分析

チューリッヒ生命の「終身医療保険プレミアムDX」を徹底分析

掲載: 

2015年7月1日、それまで販売していた「終身保険プレミアム」からDXへとグレードアップした商品。”傷病時の経済的損失をトータルにカバー”というコンセプトのもと、短期・長期の医療保障に加え、所定のストレス性疾病などで働けなくなったときの年金保障などが新設されました。

主契約の内容

保障内容
主契約 入院給付金
災害入院給付金
手術給付金 《入院》I型:10万円、II型5万円
《外来》5万円
放射線治療給付金 5万円
1入院支払限度日数 30、60、120、365日
通算支払限度日数 1095日

入院給付金・手術給付金と放射線治療給付金を主契約とし、他は5つの医療保障と3つの生活保障から目的に応じたオプションを追加していく設計です。詳しくは後述しますが、先進医療特約など定番のものから、就業不能年金や7大疾病延長入院給付金など珍しい特約を選ぶことができ、同商品最大の売りになっています。

1入院の支払限度日数が豊富なのも注目したいポイント。短期から長期入院まで幅広いニーズに対応できるよう、従来型の60日、120日型に加え、30日型と365日型が追加されました。

特約・特則の内容

保障内容
医療保障 ・先進医療給付金
・先進医療支援給付金
・技術料:通算2,000万円まで
・一括で15万円限度
3大疾病診断給付金 所定の3大疾病と診断確定されたとき50万円~100万円
退院後通院特約 1日5,000円
・7大疾病延長入院給付金
・ストレス性疾病延長入院給付金
・7大疾病で入院したとき1入院の支払限度日数が無制限
・所定のストレス性疾病で入院したとき1入院の支払限度日数が365日まで拡大
3大疾病払込免除 3大疾病で所定の状態を満たしたとき以降の払込免除
生活保障 就業不能年金 病気、ケガ、所定のストレス性疾病で所定の就業不能状態を満たしたとき毎月5~30万円(1、2、3、5、10年)
55歳・60歳・65歳・70歳から保障満了期間を選択
特約死亡保険金
特約高度障害保険金
保険期間中に死亡または所定の高度障害状態になったとき100万円~1,000万円
その他 入院給付金免責日数60日特約 入院開始から61日目以降の入院のみ保障(120日、365日型のみ選択可能)

7大疾病延長入院給付金/ストレス性疾病延長入院給付金」は、7大疾病(がん[上皮内新生物含む]、糖尿病、心疾患、高血圧性疾患、脳血管疾患、肝疾患、腎疾患)を治療の目的として入院したとき、入院給付金の給付日数を無制限に延長する特約です。また、所定のストレス性疾病(統合失調症、統合失調症型障害および妄想性障害、気分障害、摂食障害など)で入院したときも、入院給付金の給付日数が1年間に延長されます。

精神疾患での入院は他の疾病よりも長期化する傾向が強いため、これは嬉しい保障と言えますが、一部でもいいので通院費まで負担してくれるともっと良かったですね。双極性障害(躁うつ病)など、通院による投与治療をしている人はかなり多いと思われるからです。

”傷病時の経済的損失をトータルにカバー”する目玉機能として設置されたのが就業不能年金特約。5疾病(悪性新生物、急性心筋梗塞、脳卒中、肝硬変、慢性腎不全)により所定の就業不能状態が60日以上続いたとき、病気またはケガによる所定の高度障害状態、もしくは不慮の事故による所定の身体障害状態となったとき、または所定のストレス性疾病(合失調症、統合失調症型障害および妄想性障害、ストレス関連障害および身体表現性障害など)により60日をこえて入院したとき、最長10年間、毎月年金を受け取ることができます(一時金で受け取ることも可能)。就業不能状態の認定ハードルは低くはありませんが、病気やケガだけでなく、ストレス性疾病までカバーしている点は評価できるポイントと言えるでしょう。

保険料・他

詳細
保険料(※) 【男性】
30歳:2,457円
40歳:3,332円
50歳:4,602円
【女性】
30歳:2,492円
40歳:3,022円
50歳:4,117円
引受年齢 6~75歳
保険料払込期間 55歳払済・60歳払済・65歳払済・70歳払済、終身払(最低保険料払込期間10年)
払込方法 月払、年払
口座振替、クレジットカード払

※入院給付金日額5,000円、Bプラン(入院限度日数60日)、終身払の場合

公式サイトの見積シミュレーターには、支払限度日数30日型のAプラン、60日型のBプラン、自由設計のカスタマイズプランが用意されています。上記はBプラン、7大疾病延長入院給付金/ストレス性疾病延長入院給付金、先進医療特約、退院後通院給付金ありで見積ってみました。結構がっつり特約を付けたにしてはリーズナブルな印象ですが、これは同商品の目玉である就業不能年金を付加していないため。就業不能年金を含む見積もりは、(執筆時現在では)カスタマーセンターか、対面販売をしている窓口で問い合わせる必要があります。

ちなみに、30歳男性で、支払期間5年間、受取年金10万円で見積もってみたところ、60歳満了では+2,760円、65歳満了では3,280円でした。当然ですが、保障満了期間を早くすればするほど保険料は下がります。

まとめ

3大疾病診断給付金の追加やストレス性疾病延長入院特約の強化、就業不能年金特約の新設など、幅広いニーズに応える医療保険にグレードアップしたのは確かです。あれもこれも付けると保険料がかさみますが、医療保険だけでなく、所得補償保険としての機能も求めるなら検討に値する保険ではないでしょうか。

この会社の資料を請求

スポンサーリンク

2017年プロFPが認めたおすすめの医療保険はどれ?

医療保険人気ランキング
プロFP25人が本音で評価 『2017年のおすすめ医療保険人気ランキング』
日頃から多数の保険相談を受けているプロFP25人に、おすすめできる医療保険をその理由とともに1つ答えてもらいました。ランキング化してまとめたので、医療保険選びの参考にしてください![...]

関連記事

  • 朝日生命の「スマイルメディカル」を徹底分析朝日生命の「スマイルメディカル」を徹底分析 代理店専用商品の「スマイルメディカル[無配当医療保険(返戻金なし型)S]」は、入院日数にかかわらず一時金が受け取れることが特徴の終身医療保険。他にも女性保険の「スマイルレディ」、引受基準緩和型の「スマイルメディカルワイド」と、「スマイルシリーズ」を充実させています。 […]
  • sumitomolife住友生命の「ドクターGO[ジーオー](終身タイプ)」を徹底分析 通常の入院・手術治療から、がんや生活習慣病に至るまで、さまざまなリスクを想定した医療保険です。保険料はそれなりにかかりますが、お金をかけても手厚い保障に入りたいという人に向いています。 主契約の内容 保障内容 主契約 入院給付金 日帰り対応 […]
  • プロFP10人に「医療保険の賢い選び方」について聞きましたプロFP10人に「医療保険の賢い選び方」について聞きました 医療を取り巻く環境の変化により、医療保険を選ぶ際のポイントも変わってきています。主契約の細かな設定から付帯する特約の選択まで、保険のプロであるFPはどんな点を重視するのでしょうか? […]
  • 老後の医療保険は必要?老後の医療保険は必要? 病気にかかるリスクは年齢を重ねるにつれ高くなります。厚生労働省がまとめた資料からもそれは明らかで、70歳以上の高齢者は入院・外来ともに受療率が急激に上がっています。 […]
  • aig-fuji-lifeAIG富士生命の「さいふにやさしい医療保険」を徹底分析 商品名のとおり、コストを抑えることに重きを置いた医療保険です。ただし安さに連動して保障内容はごくごくシンプル。貯蓄が十分ある人や、独身世帯の人、一定期間だけ医療保障を上乗せしたい人などに向いているでしょう。 主契約の内容 […]
コンテンツ一覧
医療保険のカラクリ
医療保険の賢い選び方
参考になる医療費データ
公的な医療費補助制度
参考になる医療費データ
病気でも入れる保険
個別商品のレビュー
総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク