• 自動車保険の教科書
  • 自動車保険で迷わない手続きの方法
  • 中断証明の手続きと等級引き継ぎができる条件

中断証明の手続きと等級引き継ぎができる条件

掲載: 

生活環境が変わって車が不要になるなど、車を運転していた人が、もう車に乗らなくなるということもあると思います。

車が不要になれば、自動車保険も不要になりますが、このとき、解約ではなく中断という手続きをとることができます。中断した保険契約は、後日、等級をそのまま新しい保険に入ることが可能です。

ここでは自動車保険の中断について解説します。

解約でなく、「中断」をしたほうがいい場合とは

車に乗らなくなったという場合、等級が7以上であれば、とりあえず中断にしておくのがおすすめです。車は手放して、もう乗る予定がないな、と思っても、「中断にしておいて、結局、乗らなかった」ことに何のペナルティも損もありませんので、もしものときに備えて中断にしておいたほうがいいのです。

ただ、中断にするメリットは、次回契約時に等級を引き継げることですから、等級が低い場合は中断にする必要がありません。

中断は、本人が再度自動車保険に入る場合だけでなく、家族が引き継ぐこともできます。ですので、たとえば親が高齢になってきたので車に乗るのをやめる、といった場合、本人はもう車に乗ることがないだろう、と思っても、中断の手続きをしておくと、子どもが有利な等級を引き継いで新たに保険に入るということが可能ですので、利用すべきです。

中断手続きができる条件と必要書類まとめ

中断をすると、保険会社から「中断証明書」という書類が発行されます。発行の条件は、

  • 7等級以上であること
  • 車を手放していること

のふたつです。現保険期間中に事故があった場合、次回更新時に下がった等級が7等級以上でなくてはなりません。

「車を手放す」には、廃車にする、譲渡するなどいろいろ理由があると思いますので、それに応じた証明書類が必要です。これをまとめたのが以下のとおりです。

中断する理由 必要な書類
車を廃車にした 廃車の事実とその日付が確認できるもの(解除事由証明書など。廃車の手続きをしたときに陸運支局で発行してもらえます)
車を譲渡した 譲渡の事実とその日付が確認できるもの(登録事項等証明書など。陸運支局または自動車検査登録事務所で発行してもらえます)
車をリース会社に返還した 返還の事実とその日付が確認できるもの(リース契約書など)
車の一時抹消を行った 一時抹消の事実とその日付が確認できるもの(登録事項等証明書など。陸運支局または自動車検査登録事務所で発行してもらえます)
車検が切れた 車検切れの事実と、有効期間の日付が確認できるもの(有効期間の切れた車検証など)
車が盗難された 盗難を届け出た警察署と盗難日がわかるもの(警察署に届け出たときに作成してもらった盗難届証明)

車検の残っている車を残したまま、保険だけをやめて中断することはできませんが、例外的に、次の場合は車はそのままに、中断手続きをすることができます。

  • 長期の海外渡航(留学や駐在など)をする場合(海外中断)
  • 女性が自分の妊娠を理由に当面、車に乗らない場合(妊娠中断)

これらの場合も、中断の理由を証明できる書類などが必要です。保険会社によって取扱が違うことがあるので、個別に問い合わせてください。

なお、中断証明書は、「発行できる期限」があります。保険会社によって異なり、自動車保険を解約した日から1~5年と幅があります。普通は、解約を決めたときに申請すると思いますが、そのとき中断の手続きをしなくても、発行期限内ならあとから行えるということですので、覚えておきましょう。

中断証明書を使って、等級を引き継ぐ

中断証明書は、中断後10年以内で有効です(妊娠中断は3年以内、海外中断の場合渡航日から10年以内など、異なる場合があります)。

有効期限内であれば、中断前の等級を引き継いで、新たな契約を行うことができます。この契約は以前の保険会社と、違う保険会社の違う自動車保険でも構いません。ただし、一部の共済では引き継げないこともあります。

述べたように、配偶者や同居の親族であれば、中断した本人以外も引継ぎが可能です。

新しい車の、取得から原則ひと月以内に手続きをする必要があり、新たな契約は中断前と車の用途や車種区分が同じでなくてはなりません。必要書類として、新しい車の車検証のコピーが必要になります。

条件などをまとめます。

引継ぎができるタイミング 中断証明書の有効期限内(通常の中断であれば中断日から10年以内)で、新しい車の取得後1ヶ月以内(保険会社によって異なる場合あり)。
新契約の記名被保険者の条件 中断前と同じか、その配偶者・同居の親族であること
新契約の車の条件 所有者が中断前と同じか、その配偶者・同居の親族であること。車の用途・車種区分が同じであること。
必要書類 ・中断証明書
・新しい車の車検証のコピー
スポンサーリンク

2017年安さ?補償内容?信頼関係? プロFPはここを見る!

自動車保険人気ランキング
プロFP30人が本音で評価!自動車保険人気ランキング2017
自動車保険は違いが分かりにくく、自分に合った商品の見極めが難しいもの。そこで、プロのFP30名に「本音で評価できる保険」と「なぜその保険を選んだのか?」をヒアリングしてみました。ランキング型式でまとめていますので、ぜひプロの視点を参考にしてください。[...]

関連記事

  • 車の乗り換えと自動車保険の変更手続き車の乗り換えと自動車保険の変更手続き 車を買い換えるなどした場合は、保険の対象を新しい車に変更する手続きが必要です。これを車の「入れ替え」といいます。 自動車保険は1年ごとの更新になりますが、途中で車が変わる場合は、そのときに手続きをしなくてはなりません。 車を変えたら必ず「入れ替え」手続きが必要 入れ替 […]
  • 自動車保険の等級制度の仕組みと割引率自動車保険の等級制度の仕組みと割引率 自動車保険では、過去に事故を起こしたかどうかなどから決まる「等級」によって保険料が増減します。この等級のしくみについて詳しく見ていきましょう。 等級は全部で20。保険料が6割引になることも! はじめて自動車保険に入った場合、等級は「6」からスタート。その後、無事故で […]
  • 自動車事故を起こしたら・・初期対応の流れ自動車事故を起こしたら・・初期対応の流れ 事故が起きてしまったら、すぐに自動車保険の保険会社に連絡します。いわゆる事故対応をお願いするためです。保険会社は事故のとき、どんなことをしてくれるのでしょうか? 事故直後にやるべきこと 事故が起きたら保険会社にすぐに連絡、と言いましたが、それより先にしなくてはいけな […]
  • 自動車保険 加入方法の流れと必要書類自動車保険 加入方法の流れと必要書類 ここでは、自動車保険の加入(契約)について解説します。といっても、そんなに複雑なものではありません。簡単に言ってしまえば、 見積もりをとる→契約する というだけのことです。通販型であればネットだけで完結することもあるほどです。加入時には、いくつか必 […]
  • aioinissaydowaあいおいニッセイ同和損保の「タフ・クルマの保険」を徹底分析 あいおい損保とニッセイ同和損保が合併して誕生した巨大損保会社、あいおいニッセイ同和損保。同社の自動車保険が「タフ・クルマの保険」です。同社が「タフ」のブランド名で展開している商品のひとつです。タフブランドは「迅速」「頼れる」「優しい」というコンセプトから生まれたとのこと […]
コンテンツ一覧
自動車保険の基本的な仕組み
自動車保険の賢い選び方
自動車保険の手続き
自動車保険の商品別レビュー

示談交渉テクニック

総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク