• 自動車保険の教科書
  • 自動車保険の基本的な仕組み
  • 認知症の運転者が事故したとき、自動車保険は出るのか?

認知症の運転者が事故したとき、自動車保険は出るのか?

掲載: 

認知症の高齢ドライバーによる事故のニュースを耳にすることが多くなりました。警察庁の『高齢運転者に係る交通事故の現状と対策』によれば、平成27年に75歳以上の高齢運転者が起こした死亡事故は全国で458件あります。そのうち、運転者に認知症の恐れがあるとされたのが31件(7.2%)、認知機能低下の恐れがあるとされたのが181件(42.2%)でした。

認知症を疑われるドライバーが起こす事故は年々増加していることから、そうしたケースでも保険は出るのか、調べてみました。

自賠責保険は認知症に関係なく出る

自賠責保険は被害者を保護するための保険ですから、認知症の人が運転していた場合でも保険は出ます。ただし、被害者が死亡した場合は最高3,000万円、ケガの場合は最高120万円、後遺障害の場合には最高4,000万円と、万が一の備えとして十分とはいえません。また、相手の車に対する補償がないので、任意保険に入っておいた方が安心です。

任意の自動車保険は認知症による事故でも出る?

認知症の運転手が事故を起こしたとき、任意保険からは相手のケガや死亡を補償する対人賠償、相手の車などモノを補償する対物賠償は保険が出ます。しかし、運転者や同乗者を補償する人身傷害や自分の車を補償する車両保険は出る場合と出ない場合があります。

人身傷害が出ない場合とは?

人身傷害が出るかどうかは、保険会社によって対応が違います。約款に「保険金を支払わない場合」として「被保険者の脳疾患、疾病または心神喪失によって生じた損害」と明記されている場合には、事故を起こした運転手が認知症と認められれば、人身傷害は出ません。一例として、東京海上日動、セゾン自動車火災、イーデザイン損保、損保ジャパン日本興亜、アクサダイレクトにはこの記載があります。

これに対し、ソニー損保や三井ダイレクト損保の約款には上記のような文言はありません。では、人身傷害が必ず出るのかというと、「故意もしくは重大な過失があった場合」は保険金を支払わないという記載が見られるので、補償されるとまでは解釈できません。認知症と診断されていて症状も重く、車を運転したら事故を起こす危険性が高いのにもかかわらず運転していたなら、それは「重大な過失」とみなされても仕方ないからです。

以上から、人身傷害が出るかどうかは認知症の症状や保険会社の対応によって異なるということになります。

車両保険もケース・バイ・ケース

車両保険も基本的に人身傷害と同じく、個別事例によると考えれます。人身傷害のように、保険金を支払わない場合として「被保険者の脳疾患、疾病または心神喪失によって生じた損害」と約款に書いている保険会社は見当たりませんでしたが、「故意もしくは重大な過失があった場合」に保険金を支払わないというのは各社の約款に書かれているため、保険が出るかでないかは、保険会社によって、また認知症の症状によって対応が異なると予想できます。

個人賠償責任保険も使えるが……

車を運転中だけでなく、認知症の人が徘徊していた場合などに事故を巻き起こし、高額な損害賠償を請求される事例があります。事故を起こした本人が重度の認知症で責任能力がない場合、賠償責任は家族などの監督義務者が負うことになるのですが、そうしたケースで使える可能性があるのが個人賠償責任保険です。自動車保険や火災保険、傷害保険の特約として用意されています。

「可能性がある」と言ったのは、各社・商品によって補償範囲が異なるからです。たとえば、監督義務者とする人を「同居の親族」「別居の未婚の子」に限定している商品もあれば、最近はより範囲を拡げて、「別居の親族」や「別居の既婚の子」とまでしている商品も出てきました。

なお、誤って線路に立ち入るなどして電車を止めてしまい、運行遅延の原因を作ったとして請求される損害賠償については、「人的・物的な損害を伴わないため保険が出ない」のが通常でしたが、昨今の認知症患者による悲惨な事故を受け、支払いに応じる(商品改定を行う)保険会社が出てきました。全体から見ればまだ少数ですが、今後もより使い勝手のいい保険の登場に期待したいところです。

全体を通して

以上を簡単にまとめると、

  • 認知症のドライバーが起こした事故でも自賠責保険から補償が受けられる
  • 任意保険の対人補償・対物補償から補償が受けられる
  • 人身傷害、車両保険は保険会社によって、また認知症の症状によって対応が違う
  • 個人賠償責任保険も使える

大前提として、そもそも認知症の疑いがある状態で運転する・させるのは絶対に止めてほしい行為です。車がなければ買い物にも病院にも行けないという地域もあるとは思いますが、事故を起こしてから後悔しても間に合いません。高齢になったら自ら運転を控え、免許返上を決断する勇気を持ちたいものです。

スポンサーリンク

2017年安さ?補償内容?信頼関係? プロFPはここを見る!

自動車保険人気ランキング
プロFP30人が本音で評価!自動車保険人気ランキング2017
自動車保険は違いが分かりにくく、自分に合った商品の見極めが難しいもの。そこで、プロのFP30名に「本音で評価できる保険」と「なぜその保険を選んだのか?」をヒアリングしてみました。ランキング型式でまとめていますので、ぜひプロの視点を参考にしてください。[...]

関連記事

  • 自賠責保険における慰謝料の計算方法自賠責保険における慰謝料の計算方法 交通事故で被害者になったとき、治療費とは別に慰謝料が支払われることがありますが、この金額には「自賠責保険基準」「任意保険基準」「弁護士(裁判所)基準」の3つの基準があり、それぞれ計算方法が異なります。金額が高いのは弁護士基準、次いで任意保険基準で、最も低いのは自賠責保険基準 […]
  • 自賠責保険に入るには? 加入ルートと必要な書類自賠責保険に入るには? 加入ルートと必要な書類 自賠責保険(共済)は、交通事故の被害者を救済するために作られた強制保険です。原動機付自転車を含むすべての自動車に加入が義務づけられています。つまり、加入しなければ、運転することができません。加入するには?国土交通省のホームページにはこう記載されています。自賠責保険(共済)は損害 […]
  • 自賠責保険とは? 補償内容や自動車保険との違いを解説自賠責保険とは? 補償内容や自動車保険との違いを解説 自動車の保険には、大きく分けて「自賠責保険」と「自動車保険(任意保険)」の2つがあります。自賠責保険は、自動車の持ち主・運転者が自動車の運行によって他人を死傷させ、法律上の損害賠償責任を負った場合に補償される保険です。自賠法(自動車損害賠償保障法)という法律に基づき、すべての自 […]
  • 自動車保険と自動車共済の違いは?自動車保険と自動車共済の違いは? 自動車事故に備えて加入する自動車保険ですが、保険ではなく、「自動車共済」という商品も販売されています。一般的に「保険より共済の方が安い」なんて評価をよく耳にしますが、この2つは何が違うのでしょうか?設立目的からくる監督官庁や法律の違いまず、当たり前のことですが、保険会社が提供す […]
  • 車が盗難に遭っても車両保険が使えないケースもある?車が盗難に遭っても車両保険が使えないケースもある? きちんと施錠したはずなのに、車がない!! 朝起きたら-用事を済ませて戻ってきたら-どんなシチュエーションでも、大切な車がこつ然と姿を消していたら、大変驚くでしょう。車の盗難は車両保険で補償されますが、いざ当事者になってみると、本当に保険が出るのか心配になるものです。そこで、車両 […]
コンテンツ一覧
自動車保険の基本的な仕組み
自動車保険の賢い選び方
自動車保険の手続き
自動車保険の商品別レビュー

示談交渉テクニック

総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク