イーデザイン損保の自動車保険を徹底分析

掲載: 

東京海上とNTTファイナンスの出資のもと、2009年に誕生したダイレクト型自動車保険。オリコンによる2015年の顧客満足度ランキングでは、ソニー損保に次ぐ第2位と、非常に人気の高い自動車保険です。

人気の秘密はどんな点にあるのか。ここでは、イーデザイン損保の自動車保険についてまとめます。

主な補償内容

相手方への補償 ・対人賠償責任保険
・対物賠償責任保険
・対物超過修理費用補償特約
ケガの補償 ・搭乗者傷害保険
・人身傷害補償保険
・女性のお顔手術費用特約
・育英費用特約
・入院時諸費用特約
車の補償 ・車両保険
・車両新価保険特約
・車載身の回り品補償特約
・車両全損時諸費用特約
・事故時レンタカー費用特約
自動車付帯の補償 ・弁護士費用等補償保険
・他車運転危険補償保険
・自損事故損害保険
・無保険車事故傷害保険

「無保険車事故傷害保険」と、「他車運転危険補償保険」、「弁護士費用等補償保険」が自動でセットされます。弁護士費用等補償保険は1人につき300万円まで。補償内容は一般的なものです。

ホームページから見積可能な3つのプラン(後述)では、人気の特約である「対物超過修理費用補償特約(50万円まで)」が付いてくる設計になっています。保険料に余裕があればセットしておいた方がいいでしょう。

ユニークな特約としては、女性が顔や頭、首をケガしたときの治療費をカバーする「女性のお顔手術費用特約(30万円まで)」がありますが、必要性は高くないと考えます。

【追記】

2015年10月1日より一部の補償内容が改定されました。概要は下記のとおりです。

  • 事故時レンタカー費用特約 → 支払対象となる使用期間を「レンタカーを借り入れた日からその日を含め30日目まで」に拡大
  • 対人賠償責任保険 → 3日以上入院したときの対人臨時費用保険金(1名につき3万円)を廃止
  • 人身傷害補償保険 → 支払い方式を一本化
  • 弁護士費用等補償保険 → 上限額の規定を追加
  • 車載身の回り品補償特約 → 携帯電話やノートパソコン等、支払対象外となる身の回り品を追加

事故対応

初期対応受付時間 9:00~21:00
インターネット事故受付 あり
事故対応体制 ・専任担当者&スペシャリストチーム
・クイックレスポンス(9:00~18:00)
進捗状況の報告 契約者ホームページに進捗状況を掲載

東京海上グループの「事故対応品質」をアピールしています。現実には、事故対応力は担当者のレベルによって上下するものなのでなんとも言えませんが、各種の事故対応満足度ランキングでは高い評価を得ています。初期対応が夜の9時までと他社より遅くまで受け付けてくれるのはいいですね。

主なロードサービス

車へのサポート ・レッカーサポート(最寄り提携修理工場まで無制限、それ以外60kmまで)
・バッテリー上がり
・パンク(スペアタイヤ交換)
・ガス欠対応(10リットルまで無料。保険期間中1回)
・インドアロック
・代車サポート
サポート拠点 全国約9,300ヶ所
人へのサービス ・帰宅手段案内
・修理入庫案内
・24時間営業ガソリンスタンド案内
・緊急宿泊先案内
・レンタカー案内
・医療機関案内サービス
・医療相談サービス

無料レッカー距離は、以前は30kmと頼りないものでしたが、2倍の60kmまで拡大されました。また、ガソリンがなくなったときに10リットルまで給油してくれるサービスは、契約1年目からでも利用可能です。

しかし、遠方の事故などで急きょ必要になるかもしれない宿泊費や帰宅費をカバーする補償は無料ではなく、宿泊先・帰宅手段等の案内に留まっているのは残念。

保険料・割引

走行距離区分 ・3,000km以下
・3,000 km超~5,000km以下
・5,000 km超~1万km以下
・1万km超
ノンフリート等級別料率制度 ・年齢問わず補償:6A
・21歳以上補償:6B
・26歳以上補償:6C
・30歳以上補償:6E
割引 ・インターネット割引1万円
・早割500円
・証券e割500円
・新車割引25ヵ月以内割引
・セカンドカー割引
・無事故割引
・継続割引

走行距離区分は4つと、他社と比較すると多いとは言えませんが、一律1万円のインターネット割引は使えます。ホームページで見積もると、車両保険あり/なしプランと、そこに同保険で人気の特約を追加した3つのプランが出てきます。

割引制度では、業界唯一と宣伝している無事故割引(1年間)があります。更新時に適用される継続割引と合わせると、最大で5%がお得になります。

ここでは、車両のあり/なしの2つのプランを複数の条件で見積もってみました。

【見積条件】

年齢:21歳、26歳、30歳
車種:トヨタ アクア(1500 L・NHP10)
車検:平成27年4月~
運転者:契約者のみ
免許:ゴールド
使用目的、地域:日常、東京
補償される運転者:運転者のみ

プラン A:車両保険なし B:車両保険あり
保険料(一時払) 21歳:6万9,470円
26歳:4万5,060円
30歳:3万6,320円
21歳:12万8,530円
26歳:7万7,990円
30歳:6万1,990円
割引 インターネット割引1万円、証券e割500円、新車割引
車の補償 車両保険:200万円
免責金額:5万-10万円
相手方への補償 対人賠償責任保険:無制限
対物賠償責任保険:無制限
対物超過修理費用補償特約:50万円
ケガの補償 人身傷害補償保険:3,000万円
無保険車事故傷害保険:2億円
自損事故傷害保険
その他の補償 弁護士費用等補償保険:300万円
他車運転危険補償保険

補償プランはスタンダードな内容だと思います。保険料は確かに安く、先述した改定でさらに安くなりました(※ あくまで事例の場合です)。1万円の値引きも効いていますね。もっとも、他の通販型自動車保険のなかで抜きん出てお手頃かというと、そういうわけではありません。

総合まとめ

保険料が劇的に安いわけではなく、前述のとおりロードサービスにも一抹の不安が残るにもかかわらず、イーデザイン損保の評価が高いのは、純粋に事故対応度で評価されているためだと推測できます。検討に値する保険として見積もり対象に入れていいでしょう。

この保険を含んで一括見積もり

スポンサーリンク

2017年安さ?補償内容?信頼関係? プロFPはここを見る!

自動車保険人気ランキング
プロFP30人が本音で評価!自動車保険人気ランキング2017
自動車保険は違いが分かりにくく、自分に合った商品の見極めが難しいもの。そこで、プロのFP30名に「本音で評価できる保険」と「なぜその保険を選んだのか?」をヒアリングしてみました。ランキング型式でまとめていますので、ぜひプロの視点を参考にしてください。[...]

関連記事

  • sonysonpoソニー損保の自動車保険を徹底分析 「保険料は走る分だけ」のフレーズで有名なソニー損保の自動車保険。年間走行距離に応じて保険料が変わる合理的なプランを全面に押し出しており、ダイレクト型自動車保険ランキングでは常に上位に位置している人気の保険です。 補償の特徴や付帯サービスの内容を詳しく見てみましょう。 主 […]
  • ソニー損保の「やさしい運転キャッシュバック型」を徹底分析ソニー損保の「やさしい運転キャッシュバック型」を徹底分析 テレマティクスの「運転行動連動型(PHYD)」を採用した日本初の自動車保険。商品名のとおり、安全運転をするドライバーには保険料の一部がキャッシュバックされる仕組みです。若い人や、等級が低いままの人など、保険料が割増なドライバーでも出費を抑えられる保険として注目されています。 […]
  • americanhomeアメリカンホームダイレクトの「ファミリー自動車総合保険」を徹底分析 ダイレクト型自動車保険の草分けと言えるアメリカンホームダイレクト。今では広く知られているリスク細分型自動車保険を、日本で初めて販売したのも同社でした。 […]
  • mitui-direct三井ダイレクト損保の「総合自動車保険」を徹底分析 三井ダイレクト損保は三井住友海上火災保険株式会社、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社を中核とする「MS&ADインシュアランス […]
  • secom-sonpoセコム損保の「安心マイカー保険」を徹底分析 自由診療の実費を補償する医療保険で知られるセコム損保ですが、保険商品としては、自動車保険のほうを先に始めています。ホームセキュリティ大手のセコムグループのリソースを活かした現場急行サービスなど、独自の取り組みも起こっている同社の商品について、詳しく見ていきたいと思います。 […]
コンテンツ一覧
自動車保険の基本的な仕組み
自動車保険の賢い選び方
自動車保険の手続き
自動車保険の商品別レビュー

示談交渉テクニック

総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク