自動車保険は、通販・代理店どちらから入る? メリット・デメリット

掲載: 

自動車保険は損害保険を扱う保険会社が販売しているものですが、かつては、保険会社が直接、加入の受付を行っていませんでした。保険代理店を通じて申し込むことになっていたのです。

このしくみは今も変わりませんが、最近は、外資系を中心に、直接の加入申し込みを受け付ける保険会社も出てきました。おもにネットなどを通じた通信販売での受付になるため、そうした自動車保険を通販型とかダイレクト型などと呼ばれています。

代理店での加入と、通販型(ダイレクト型)では、実は少し違いがあります。

それぞれにメリットとデメリットがあるので、その特徴をまとめてみました。

代理店型は担当者とじっくり相談したい人向き

保険代理店とは、その名のとおり、保険会社本体に代わって、保険の加入受付などを行う会社のことです。

損害保険では、保険会社は保険商品の設計とPR、保険金の準備といった大きな部分を担当し、個別の相談や、申込みの対応といった事務的な部分は保険代理店が担うという習慣がありました。

保険代理店は、保険の販売を専業にしているプロ代理店と、ほかの業務がメインだけれども保険の販売もしている兼業代理店に分けられます。

プロ代理店は、昔は、特定の保険会社の商品だけを扱うところが多かったのですが、最近は、複数の保険会社の商品を並行して販売している乗合代理店が増えてきています。

兼業代理店は、自動車保険の場合では、自動車ディーラーや修理工場などです。新車を購入したときや、車検を受けたときなどに、ついでに自動車保険の加入や乗り換えができるよう、そうした業者が保険も販売するようになりました。

代理店で自動車保険に入るメリットは、以下のようなものです。

  • 車の購入などと合わせて手続きができるので簡単
  • 一人の担当者がその後もいろいろ対応してくれる
  • 対面で説明してもらえる

乗合代理店の場合は、扱っている保険を比較して選ぶ相談に乗ってもたらえるというメリットもあります。

デメリットとしては、以下が挙げられるでしょう。

  • 代理店の手数料があるため、保険料がやや高くなる
  • 兼業代理店は保険の専門家でないため、相談しても内容が的確でない場合がある

通販型(ダイレクト型)は簡単に安く加入したい人向き

外資系の保険会社を中心に、保険会社が直接、申込みを受け付けて保険を販売する形式です。

基本的にネットを使って見積もりを出したり、申し込みの手続きができたりします。そのため、代理店に対する手数料も不要ですし、保険会社の経費もかかりませんから、保険料は安くなっています

保険会社本体とのやりとりになりますので、問い合わせにも的確に応えてもらえると思いますが、ネットでのやりとりになるので、対面のほうがいいという場合には向かないかもしれません。

メリットは、

  • 代理店の手数料があるため、保険料がやや高くなる
  • 兼業代理店は保険の専門家でないため、相談しても内容が的確でない場合がある

デメリットは、

  • 代理店の手数料があるため、保険料がやや高くなる
  • 兼業代理店は保険の専門家でないため、相談しても内容が的確でない場合がある

といったことが言えます。

また、ネット通販という性質上、標準から大きく外れたケースでは見積もりや申し込みができないこともあります(たとえば改造車など)。代理店ですと、担当者の裁量で、そうした個別のケースにも対応してもらえます。

まとめ

双方のメリットとデメリットをまとめました。

比較項目 公的介護保険 民間介護保険
代理店型 ・車の購入などと合わせて手続きができるので簡単
・一人の担当者がその後もいろいろ対応してくれる
・対面で説明してもらえる
・代理店の手数料があるため、保険料がやや高くなる
・兼業代理店は保険の専門家でないため、相談しても内容が的確でない場合がある
通販型 ・保険料が安い
・ネットで手続きができるので気軽で簡単
・担当者の顔も見えず、補償内容などは自分で調べて決める必要がある
・標準から大きく外れるケースでは見積もりや加入ができないこともある

保険料が安いこともあって、通販型が人気の傾向だと思います。一方で、代理店は、顔の見える担当者いてくれることの心強さがあるでしょう。ただ、事故対応などは、どちらから加入しても、保険会社の担当者が担当します。代理店によっては、そのとき、代理店の担当者も動いてもらえることもあるようです。具体的に、人に頼れる安心感をもとめる人は代理店からの加入のほうが向いているかもしれません。

スポンサーリンク

2017年安さ?補償内容?信頼関係? プロFPはここを見る!

自動車保険人気ランキング
プロFP30人が本音で評価!自動車保険人気ランキング2017
自動車保険は違いが分かりにくく、自分に合った商品の見極めが難しいもの。そこで、プロのFP30名に「本音で評価できる保険」と「なぜその保険を選んだのか?」をヒアリングしてみました。ランキング型式でまとめていますので、ぜひプロの視点を参考にしてください。[...]

関連記事

  • プロFP10人に「自動車保険の賢い選び方」について聞きましたプロFP10人に「自動車保険の賢い選び方」について聞きました テレビやインターネットなどで宣伝合戦を繰り広げている自動車保険。保険料の安いダイレクト型保険か、安心度の高い対面型保険かは永遠のテーマですね。そして、注目を集めるテレマティクス保険(運転行動連動型)の動向も気になります。 […]
  • 自動車保険の補償額はいくらが適切?自動車保険の補償額はいくらが適切? 自動車保険の補償額はいくらにするのが適切なのでしょうか。補償額を抑えると、そのぶん保険料は安くなりますが、いざというとき補償額が足りないようでは本末転倒。補償額の決め方について考えてみましょう。 対人・対物賠償は無制限一択! 自動車保険は、以下の7つの補償からなって […]
  • 自動車保険の保険料を安くできる6つのコツ自動車保険の保険料を安くできる6つのコツ さまざまな要素がからみあって決まる自動車保険の保険料。これを少しでも安くするためのいろいろなポイントを紹介します。 人身傷害補償保険を「契約車両に乗車中のみ」に 人身傷害補償保険の補償内容をよく見てみて下さい。契約する車以外に、他車に搭乗中の場合や、歩行中に受けた被 […]
  • 自動車保険一番安いのはどこ? 比較のポイント自動車保険一番安いのはどこ? 比較のポイント 自動車保険は保険料の差が比較的激しい保険商品です。補償内容がまったく同じ条件でも保険会社によって数万円の差になることもあります。保険料は個別に見積もりを出してみないとわかりませんから、自動車保険選びは複数の見積もりをとるのが必須と言えます。 見積もりの結果、いちば […]
  • 自動車保険の「年齢別」保険料の平均相場自動車保険の「年齢別」保険料の平均相場 自動車保険は年齢条件によって保険料が異なります。年齢層により、事故が起きる確率が統計上異なっているからです。 若い人ほど事故確率が高いため、保険料も高くなっていきますが、1歳刻みなどではなく、いくつかの段階的な増減をしています。最近は、リスク細分型の考え方にもとづき、年齢 […]
コンテンツ一覧
自動車保険の基本的な仕組み
自動車保険の賢い選び方
自動車保険の手続き
自動車保険の商品別レビュー

示談交渉テクニック

総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク