三井住友海上「1DAY保険」を徹底分析

掲載: 

車は持っていなくても、家族や友人から借りて運転することがある人にとって便利な1日タイプの自動車保険。三井住友海上保険の「1DAY保険」もそのタイプで、1日500円から加入することができます。docomo、au、SoftBankのスマートフォンやコンビニなどで簡単に加入手続きをすることも可能。

主な補償内容

基本補償Aプラン 相手方への補償 ・対人賠償責任保険
・対物賠償責任保険
・対物超過修理費用補償特約
ケガの補償 ・自損傷害保険
・搭乗者傷害(入通院/2区分)特約
・搭乗者傷害(死亡・後遺障害)特約
車の補償 ・緊急時サービス費用保険
自動車付帯の補償 ・弁護士費用等補償保険
・他車運転危険補償保険
・自損事故損害保険
・無保険車事故傷害保険
車両復旧費用保険
(Bプラン)
・300万円を限度に復旧費用
・修理費、代替となる自動車の購入費用および借用自動車の時価額のうち、いずれか低い額
車内手荷物等特約
(Cプラン)
・借用自動車の車室内やトランク内に収容等された個人所有の動産に損害が生じた場合に、損害の額(修理費等)について、10万円を限度

補償内容は一般的な自動車保険と同じく、対人、対物無制限、そして自分のケガの補償もあります。自損傷害保険は、運転中にガードレールや電柱など相手のいない事故を起こし死亡、後遺障害、入院、通院したときに支払われます。また、一緒に乗っていた搭乗者にも同じ補償があります。

基本補償のAプランの他に、借りた車両の復旧費用を追加でききるBプランもあります。Bプランは修理にかかる費用、代替車の購入費用と借用した車の時価を比べていずれか低い額が300万円を限度額として支払われます。しかし全損となった場合、時価の低い車だと、代替車の購入金額との差額を自己負担しなければなりません。

車内にある個人所有の荷物についての補償も上乗せするCプランも用意されています。手荷物とは、日常生活で使用するもののことですが、パソコンや携帯電話、自転車、現金、クレジットカードなどは含まれません。

事故対応

初期対応受付時間 ・24時間365日 
深夜・休日でも初期対応
事故対応体制 ・チームで対応
・入院まごころ訪問(希望に応じて訪問して不安などに対応)
・紹介ネットワーク(弁護士を紹介)
・安心コール・安心レター(定期的に対応経過を報告)

1DAY保険専用ダイヤルがあり、24時間、365日受け付けているので事故を起こしたときに安心です。弁護士を紹介してくれるサービスはありますが、弁護士費用を補償しているわけではないところが少し残念なところです。

主なロードサービス

車へのサポート ・レッカーQQ手配サービス
レッカー業者を手配し、レッカーけん引等に必要な費用を支払い
・バッテリー上がり時のジャンピング
・キー閉じ込み時のドアの解錠
・ガス欠時のガソリン補給(最大 10 リットル)
・パンク時のスペアタイヤ交換
※上記以外で、現場で 30 分以内に完了する応急修理・軽作業
人へのサービス ・目的地までの移動が困難な場合、近隣の宿泊施設を案内
・宿泊費用1人1万円を限度として支払い
・移動に必要な公共交通機関、タクシー会社を案内
・交通費 1人につき自己負担額1,000円を控除し2万円を限度として支払い

車に対するサポートや移動トラブルに対応していることはもちろんですが、深夜などで公的交通機関が使えないときの宿泊場所やタクシー会社などの案内サポートもあります。そこにかかる費用についても保険金から支払われるため、知らない土地で不安な時間を過ごすことは回避できそうです。

割引制度

2回目から割引 一度契約した保険契約者が、同じユーザーIDを使って、再度契約する場合に割引を適用
2人目から割引 借りた車を複数人で交代して運転し、かつ、その運転者を指定被保険者に設定した場合に割引を適用
1DAYマイレージ割引 『1DAY保険』に加入したことのある契約者が、一定期間無事故だった場合、新たに自動車保険を契約するときに割引を適用

数人で交代しながら運転する可能性があるときは、被保険者を増やすことによって割引を受けられます。また、20回以上利用している人が新規で自動車保険に加入するとき、最初から20%の割引が適用されることも特徴的です。

総合まとめ

1DAY保険アプリを使えば、スマートフォンから専用手続サイトへ簡単に自動ログインすることができ、申し込みや契約内容の確認をスムーズに行えます。また、事故や故障が発生したとき、「緊急時ナビ」を起動すれば、対応方法をナビゲーションしてくれます。

500円からの補償としては評価できますが、弁護士費用が選択できないことが少し残念なところです。

公式サイトはこちら

スポンサーリンク

2017年安さ?補償内容?信頼関係? プロFPはここを見る!

自動車保険人気ランキング
プロFP30人が本音で評価!自動車保険人気ランキング2017
自動車保険は違いが分かりにくく、自分に合った商品の見極めが難しいもの。そこで、プロのFP30名に「本音で評価できる保険」と「なぜその保険を選んだのか?」をヒアリングしてみました。ランキング型式でまとめていますので、ぜひプロの視点を参考にしてください。[...]

関連記事

  • mitui-direct三井ダイレクト損保の「総合自動車保険」を徹底分析 三井ダイレクト損保は三井住友海上火災保険株式会社、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社を中核とする「MS&ADインシュアランス […]
  • 三井住友の「GKクルマの保険」を徹底分析三井住友の「GKクルマの保険」を徹底分析 国内三大損保の1つ三井住友海上火災保険株式会社の「GKクルマの保険」は、加入時に対面で担当者と相談できる代理店型の自動車保険です。保険料は高めながら、安心の事故対応と充実のロードサービスを売りに、国内損保が取り扱う保険料収入の約3割のシェアを誇っていますが、保険料は高めです […]
  • 全労済の「マイカー共済」を徹底分析全労済の「マイカー共済」を徹底分析 出資金を支払い、組合員になることで加入できる全労済の自動車総合補償共済です。共済なので民間保険よりは割安というイメージがありますが、免許証の色や年間走行距離に応じて掛金が変わる仕組みではないうえ、マイカー共済は各種割引も多いとは言えないため、保険料だけで勝負するとダイレクト型自 […]
  • 朝日火災の「ASAP6(個人用自動車保険)」を徹底分析朝日火災の「ASAP6(個人用自動車保険)」を徹底分析 朝日火災の自動車保険『ASAP6』は「事故があっても保険料が上がらない」というキャッチコピーの、保険期間が6年間という珍しい保険です。加入時に6年間の保険料が決まり、その間に保険料が変わることはありません。 主な補償内容 相手方への補償 ・対人賠償責任保険 […]
  • tokiomarine-nichido東京海上日動「トータルアシスト自動車保険」を徹底分析 東京海上日動の自動車保険です。同社には「超保険」という、生命保険など本来なら別の保険で対応するさまざまなリスクへの補償を組み合わせることができる保険商品があります。超保険には自動車に関する補償もありますので、この「トータルアシスト自動車保険」は、その部分の単品販売とも言える […]
コンテンツ一覧
自動車保険の基本的な仕組み
自動車保険の賢い選び方
自動車保険の手続き
自動車保険の商品別レビュー

示談交渉テクニック

総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク