もくじ

  1. HOME
  2. 自動車保険の基礎
  3. 保険金が出るとき、出ないとき

保険は出る? 他人の運転や借りた車で事故が起きたとき

友人や恋人などと車で出かける際、目的地や走行距離によっては交替しながら運転することもあるでしょう。自分が他人名義の車を運転しているとき、逆に、他人に自分の車を運転してもらっているときに事故が起きたら、自動車保険は出るのでしょうか?

自動車保険に加入している人には常識かもしれませんが、「免許は持っているけど自動車は持っていない」など、日常的に車を運転しない人だと知らないケースもあるこの疑問。はたして保険金は受け取れるのか、一つひとつ解説します。

『他車運転特約』に加入していれば大丈夫

他人が所有する車を運転中に事故を起こした場合でも、自分が加入している自動車保険に『他車運転危険担保特約(以下:他車運転特約)』が付いていれば問題なし。きちんと補償されます。「付いていれば」と言いましたが、他車運転特約は自動付帯なのが一般的です。したがって自動車保険に入っていればセーフのはずですが、例外があるかもしれませんので、念のため他車運転特約の有無を確認しておきましょう。

また、下記のような、いわゆる「自家用8種」と呼ばれる車しか補償されませんので、合わせて確認しておくと良いでしょう(とはいえ、自家用車はほとんど当てはまります。)。

  • 自家用普通乗用車
  • 自家用小型乗用車
  • 自家用軽四輪乗用車
  • 自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン超2トン以下)
  • 自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン以下)
  • 自家用小型貨物車、自家用軽四輪貨物車
  • 特種用途自動車(キャンピング車)

他車運転特約が使えないケース

非常に使い勝手のいい他車運転特約ですが、他人の車を運転中の全ての事故を補償してくれるわけではありません。

車の持ち主は誰か?

まず、運転していた車の持ち主が重要です。同居の家族が所有している車の場合、約款が定める「他車」ではないことから、保険金は出ないことになっています。他車であっても、所有者の許可なしに運転していた場合(たとえば盗難車など)も補償対象外です。

仕事で使っている会社所有の車も補償対象外ですが、この場合は、会社で契約している自動車保険が使えるので問題ありません。

運転中に限る

また、運転中に起きた事故を補償対象としています。停車中や駐車中にぶつけられた場合は補償されません。停車中、駐車中については次のような定義が一般的です。

<停車中>
・直ちに運転できる状態ではあるが、一時的に停止している状態
(運転中の一過程とはいえない停車)
例えば、荷物の積み下ろし中など

<駐車中>
・継続的に車両が停止している状態

※損保ジャパン日本興亜より

車の修理費用や買い替え費用にも使える?

事故の衝撃で車が損傷した場合、その修理費用や買い替え費用にも他車運転特約は使えるのでしょうか? 

結論から先に言うと、自分が車両保険に入っている場合のみ、補償を受けることができます。他人名義の車に損害を与えてしまっても、他車運転特約により、自分の車と同じように保険がおりるのです(ただし時価額になります)。

自分が車両保険に加入していない場合でも、運転していた車に車両保険がかけれていれば、その保険を使うことができます。ただし、運転者の範囲が「本人・配偶者」や「家族」と限定されている場合は補償対象外となってしまいます。

独特な決まりとして知っておきたいのは、車両保険でいう「家族」に、結婚して親元を離れている子供は含まれません。実家に帰省したときなど、親の車を借りて運転するケースもあるとは思いますが、”既婚かつ別居している場合は保険が出ない”というルールを忘れないように。もちろん、子供自身が車両保険に加入していれば他車運転特約が生きてきます。

運転していた車の車両保険と自分の車両保険、どちらを使う?

運転者自身も車両保険に入っている、運転していた車にも車両保険がかけられている場合、「じゃあどちらの保険を使うのか?」という選択ですが、これはもちろん、「運転していた人の保険を優先して使う」が自然でしょう。事故を起こした張本人が責任を取るのは当然ですし、なにより、保険を使うと等級が下がり、翌年から保険料が上がってしまいます。

車の所有者にしてみれば、自分に落ち度はないのに保険料が上がるというのは望ましいことではありません。

自賠責保険は使える?

自賠責保険はすべての車が加入するべき強制保険なので、他人が運転していた場合も補償の対象となります。ただしそれは対人賠償事故の話であり、ここで述べている物損事故には適用されません。

1日自動車保険を利用する手も

自動車保険に入っていない人が他人の車を運転するときは、1日(もしくは24時間)単位で加入できる「ドライバー保険」を利用するのも一つの手です。コンビニやスマートフォンから申し込むことができ、保険料は1日500円程度からとお手軽です。前述した、既婚で別居中の子供でも、この手の保険に加入しておけば安心でしょう。

ドライバー保険については、自動車保険1日~3日の短期契約は可能? ドライバー保険とはで詳しく解説しています。

まとめ

以上、要点をおさらいします。

  • 自分の自動車保険に他車運転特約が付いていれば、借りた車を運転中の事故でも保険が出る
  • 運転していた車の自賠責保険は対人賠償に限られる
  • 運転していた車に車両保険があり、運転者範囲が限定されていなければ、他人が運転して起こした事故でも保険が出る
  • 単発で加入できるドライバー保険を活用すると良い

スポンサーリンク

安さ?補償内容?信頼関係? プロFPはここを見る!

プロFP30人が本音で評価!自動車保険人気ランキング2017
自動車保険は違いが分かりにくく、自分に合った商品の見極めが難しいもの。そこで、プロのFP30名に「本音で評価できる保険」と「なぜその保険を選んだのか?」をヒアリングしてみました。ランキング型式でまとめていますので、ぜひプロの視点を参考にしてください。…