もくじ

  1. HOME
  2. 自動車保険の賢い選び方
  3. 補償内容の比較・検討

レンタカー特約って要る?必要な人と不要な人との差

保険会社によって名称は違いますが、補償内容のなかに『レンタカー特約』というものがあります。『事故時レンタカー費用特約』といった方が分かりやすいのですが、その名の通り、契約中の車が”事故による”修理中で”走行不能”な状態のとき、レンタカーを借りた際の費用を保険会社が支払ってくれるという契約です。

要するに、代車の確保費用の補償です。もちろん契約金額の上限額の範囲内ですが、保険会社によっては自分の好きな代車(レンタカー)を選べます。1日上限5,000~10,000円まで、期間は30日間までが大半です。盗難の場合にも適用されます。

保険会社によっては、ナンバープレートの平仮名が「わ」「れ」いずれかのレンタカーを借りた場合にのみにしか有効でないといった細則がありますので、そこは注意が必要です。

車両保険の支払い対象となる事故に対しての補償ですので、事故ではない単なる故障や、走行不能に陥っていない傷等の修復のための期間には使えません。あくまで”事故で走行不能”になった車の代車のレンタル費用の補償です。そのため車両保障の加入は必須になります。

また、レンタカー業者からのレンタルに限ります。レンタカー業者でない知人から個人的に借りた車に対しては認められません。

レンタカー特約は付けておいた方が良いか?

普段あまり自動車に乗らない人、レンタカーを借りる程でもない人にとって必要性は低いというのは言うまでもないでないです。

しかし、走行不能までになった車の修理期間はほんの数日というわけにはいきません。長期にわたって車がないと日常生活に支障が出る環境の人は考えてもいいでしょう。1日5,000円のレンタル費用がかかる車を1カ月(約30日間)使用したとなると、ガソリン代なしでも15万円の出費になりますから。

通勤・通学の足が代替手段の交通機関で事足りる人は、付ける必要もない特約でしょう。逆に、代替手段がない、あったとしてもその費用の方が高くつくことが予想できる人は、万一に備えて付けておいた方が良いかもしれません。

ディーラーの代車があるからいらない?

確かに、保険会社提携の修理工場や、修理に出した先のディーラーの代車があるから必要ない場合もあるでしょう。まったくその通りだと思いますが、ディーラー所有の代車の台数にも限りがあり、車検の時期に他の予約と重なるなどで確実に確保できる保証はありません。希望の代車が選べず、7人家族で大型の車に乗っていた人の代車が4人乗りの軽乗用車では困ることもあるでしょう。

レンタカー特約自体は年間4,000~6,000円が一般的ですが、必ず車両保障を付ける必要があるため、普段車両保障を付けないという人にとってはトータルで結構な費用がかかってしまいます。

全体を通して

そもそもが、走行不能なほどの事故に遭わなければ必要のない特約です。

自分の環境でかかる費用を比較検討し、ディーラーの代車に加えて、不足分は必要なときのみレンタル費用を自腹で支払うことができる人、公共交通機関等で代替手段を用いることのできる人には、保険料の削減対象として検討しても良いと思います。

スポンサーリンク

安さ?補償内容?信頼関係? プロFPはここを見る!

プロFP30人が本音で評価!自動車保険人気ランキング2017
自動車保険は違いが分かりにくく、自分に合った商品の見極めが難しいもの。そこで、プロのFP30名に「本音で評価できる保険」と「なぜその保険を選んだのか?」をヒアリングしてみました。ランキング型式でまとめていますので、ぜひプロの視点を参考にしてください。…

合わせて読みたい