• 自動車保険の教科書
  • 自動車保険の基本的な仕組み
  • 自動車保険は何を補償する? 基本的な仕組みを解説

自動車保険は何を補償する? 基本的な仕組みを解説

掲載: 

自動車保険は、自動車事故で発生した損害を補償する保険ですが、一口に「自動車事故で発生した損害」といってもいろいろなものが考えられます。自動車保険の補償内容は、どんな場合に、どんな損害に対して、どの程度の補償をするか、細かく決められています。

これには7つの種類があり、自動車保険とはこの7つの補償を組み合わせたものと考えることもできます。補償によっては、取り外すことができるものもあり、それによって保険料が変わるなど、カスタマイズが可能になっています。

順番に、詳しく見ていきましょう。

対人賠償保険~相手のケガや死亡を賠償~

車に乗っていて事故を起こし、誰かを死傷させてしまった場合、損害賠償が発生します。このとき、まずどんな人でも入っている自賠責保険からの補償があります。ですが、人身の損賠賠償は、自賠責の補償上限(死亡の場合3,000万円)よりも高額になることが多く、この超過したぶんを補償するのが対人賠償保険になります。

対人賠償保険は、あくまでも「他人に与えた損害」を補償するためのものですので、運転していた人自分自身が死傷しても、この保険では補償されません(自動車保険とは別に入っていた生命保険などは支払われます)。本人以外にも、配偶者や同居の親族などは他人とみなされず、補償されません。

対物賠償保険~相手の車など物損を賠償~

対物賠償保険は、その名のとおり、物に対して発生した損害賠償を補償する保険です。車同士の事故で相手の車が壊れてしまった場合や、家屋の一部を壊してしまった場合などですね。そうした、事故によって直接的に破損したもの(直接被害)だけでなく、たとえば店舗を壊してしまい、店が営業できなくなったために発生した営業上の損害なども補償されます(間接被害)。

このことは、逆に言えば、間接被害を計算に入れると対物の賠償額がかなり膨れ上がる可能性があることを意味しています。対物賠償は自賠責ではカバーされませんから、非常に重要な補償です。

対物賠償保険も、対人賠償保険と同様、補償されるのは「他人の持ち物や財産」に限られます。自宅のガレージで事故を起こして、自宅の一部を破損しても補償されません。

対人賠償保険と対物賠償保険はどんな自動車保険にもセットされていて、その基本となるものです。補償額は上限を設けることもできますが、無制限にする場合がほとんどでしょう。対人賠償・対物賠償が、状況次第でかなりの高額になることを考えれば、無制限にしたほうがいいことはわかると思います。

搭乗者傷害保険~車に乗っていた人のケガなどを補償~

搭乗者傷害保険は車に乗っている人(運転者・同乗者)がケガをしてしまった場合に、補償される保険です。対人賠償保険では自分自身は補償されませんので、自分のケガなどは搭乗者傷害保険でカバーします。

搭乗者傷害保険の補償は、どこにどんなケガを被ったかという部位・症状別に決まった定額が支給される場合と、治療に要した日数などを基準に支払われる場合とがあります。最近は部位・症状別の定額補償が多いようです。

なお、大きな過失がもとで起きた事故については、保険金がもらえない場合があります。たとえば窓から身を乗り出していてケガをしたとか、車の定員オーバーで起こった事故のケガなどです。

人身傷害補償保険~過失割合に関係のない補償~

人身傷害補償保険は事故で受けた自分自身の損害を補償する保険です。……と言ってしまうと搭乗者傷害保険と違いがよくわかりませんが、いくつか特徴が異なります。

まず人身傷害補償保険は過失割合にかかわらず補償されるという点。そのため、詳しい事故の調査や示談などを待たずに保険金を受け取ることができるメリットがあります。また、自分が被害者だが自分にも過失があるとき、相手方から受け取れる補償額は自分の過失ぶんだけ減額されてしまいますが、人身傷害補償保険があれば、そんなときも必要な補償を受けられます。

人身傷害補償保険は最近の自動車保険では重視されていて、この保険をつけることで搭乗者傷害保険をつけない形を選ぶことができる保険もあります。ただ、ケガの場合、搭乗者傷害保険は定額で補償額が決まっているのに対して、人身傷害補償保険は実際にかかった治療費ぶんの補償となるため、搭乗者傷害保険のほうが受け取れる金額が高くなることがあります。

一方、死亡の場合は人身傷害補償保険のほうが保障額が大きいことがほとんどです。

両方に加入することで補償範囲は漏れがないものになりますが、保険料との兼ね合いで両方加入するかどうか検討する必要があります。

自損事故保険~相手のいない事故の場合の補償~

時に、「相手のいない事故」を起こしてしまうことがあります。たとえばガードレールや電柱にあたってしまって、自分の車が壊れたり、自分(だけ)がケガをしたといったケースです。こういう場合は相手がいないので対人賠償保険は使えません。そんなとき、補償してくれるが自損事故保険です。

自損事故保険の補償額は定額で決まっています。死亡時は1,500万円、ケガの場合は1入院1日あたり6,000円、といった感じです。あまり手厚い補償ではないのですが、ついていないと自損事故の際に困ってしまいますね。そのため、多くの商品で基本的には付帯しているところが多いです。

ですが最近は、人身傷害補償保険があればそれでカバーできるとして、自損事故保険は外せる保険会社もあります。

無保険車傷害保険~相手方の保険が不十分な場合の補償~

無保険車傷害保険は、自分が自動車事故の被害者側になったときに役立つ保険です。

任意保険は車に乗る人には必須と言っても、強制ではない以上、加入していない人だっています。運悪く、そんな人の車による事故に遭ってしまったら? 自賠責だけでは十分な補償を得られません。また、当て逃げ・ひき逃げなどで加害者が誰かわからず、補償を請求できないといったケースもあります。

そのように、相手の保険が使えないか、十分でない状況で、必要な補償をしてくれるのがこの保険です。基本的にどの自動車保険にもついています。 補償額は、対人賠償の額によって決まり、対人賠償が無制限の場合は2億円。対人賠償が2億円以下なら対人賠償と同じ額になります。

車両保険~車の修理費用などのための補償~

車両保険はここまで紹介した6つの保険とは少し異なります。他が事故が起きた場合に発生した損害を補償するのに対して、車両保険は「契約者の所有物としての車両そのもの」にかけられた保険と言えます。

具体的には、車両に及んだ損害を補償する保険で、交通事故だけでなく、イタズラで車体をキズつけられた場合や、車が盗難に遭った場合なども補償されるのです。

補償額は、その時点での車の市場価値(時価)によります。車は、購入してから、年々、その価値は減っていくと考えられますので、古い車はあまり高い補償額にはなりません。そのため、古い車だと車両保険があっても十分な補償を受けられない場合もあります。

車両保険は原則、オプションで、つけるかつけないか決めることができます。また、非常に古い車の場合、十分な補償ができないとしてつけることができない場合もあります(保険会社ごとの基準によります)。車両保険をつけるとそのぶん保険料は上がりますから、車の市場価値から考えて、入る意味があるかどうか判断する必要があります。

また、車両保険は、補償される範囲によって段階があります。事故による破損のみを扱うものは安い保険料でつけることができ、盗難などまでカバーされる対象が幅広いものだと保険料は高くなります。

さらに、免責金額を設定することで保険料を抑えることもできます。免責金額とは、「損害額が一定額以下の場合は補償されない」とする取り決めです。これにより、自分の貯金でなんとかなりそうな「ちょっとした故障」には車両保険を使わないことで、さらに保険料を安くすることができます。

その他特約

自動車保険の基本的な補償はここまで解説した7つです。

これらに加えて、さまざまな特約(オプション)が用意されています。 たとえば契約者とその家族がバイクも持っている場合、バイクについても補償されるファミリーバイク特約や、事故の示談交渉を弁護士に依頼するときの弁護士費用を補償してもらえる特約などです。車とは関係なく、契約者とその家族が他人に与えてしまった損害を賠償する際の補償を受けられるものもあります。

さらに、ほとんどの保険会社では、自動車保険の加入者にロードサービスを提供しています。路上でガス欠を起こしてしまったときにガソリンを届けてくれたり、バッテリー上がり、脱輪、キーのとじ込みといったトラブル時に助けてくれるサービスです。サービス内容は商品・プランによって微妙に違いがあるので、このあたりも保険選びの検討材料になります。

スポンサーリンク

2017年安さ?補償内容?信頼関係? プロFPはここを見る!

自動車保険人気ランキング
プロFP20人が実際に加入中!自動車保険人気ランキング2016-2017
自動車保険は違いが分かりにくく、自分に合った商品の見極めが難しいもの。そこで、プロのFP20名に「実際に加入している保険」と「なぜその保険を選んだのか?」をヒアリングしてみました。ランキング型式でまとめていますので、ぜひプロの視点を参考にしてください。[...]

関連記事

  • 自動車保険の等級制度の仕組みと割引率自動車保険の等級制度の仕組みと割引率 自動車保険では、過去に事故を起こしたかどうかなどから決まる「等級」によって保険料が増減します。この等級のしくみについて詳しく見ていきましょう。 等級は全部で20。保険料が6割引になることも! はじめて自動車保険に入った場合、等級は「6」からスタート。その後、無事故で […]
  • 自動車保険の保険料が決まる要素まとめ自動車保険の保険料が決まる要素まとめ 生命保険や医療保険の保険料は、保険金額がもとになって決まります。手厚い保証にすればそのぶん支払う保険料も高くなるというわけです。 自動車保険も、基本的には同じなのですが、生命保険とは少し違う点として、保険金額が一定しないということがあります。対人賠償保険は無制限で […]
  • プロFP10人に「自動車保険の賢い選び方」について聞きましたプロFP10人に「自動車保険の賢い選び方」について聞きました テレビやインターネットなどで宣伝合戦を繰り広げている自動車保険。保険料の安いダイレクト型保険か、安心度の高い対面型保険かは永遠のテーマですね。そして、注目を集めるテレマティクス保険(運転行動連動型)の動向も気になります。 […]
  • 車両保険は本当に必要? 補償範囲から必要性を考察車両保険は本当に必要? 補償範囲から必要性を考察 車両保険をつけるかどうかは、保険料への影響が大きいため、悩ましいところです。 車両保険をつけただけで、保険料が数万円ほど上がってしまうこともあり、はたしてそれだけの保険料に見合う補償なのか?という点が問題です。 車両保険とは? 車両保険の内容をおさらいしましょう。 […]
  • 自動車保険の「年齢別」保険料の平均相場自動車保険の「年齢別」保険料の平均相場 自動車保険は年齢条件によって保険料が異なります。年齢層により、事故が起きる確率が統計上異なっているからです。 若い人ほど事故確率が高いため、保険料も高くなっていきますが、1歳刻みなどではなく、いくつかの段階的な増減をしています。最近は、リスク細分型の考え方にもとづき、年齢 […]
コンテンツ一覧
自動車保険の基本的な仕組み
自動車保険の賢い選び方
自動車保険の手続き
自動車保険の商品別レビュー

示談交渉テクニック

総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク