ソニー損保の自動車保険を徹底分析

掲載: 

「保険料は走る分だけ」のフレーズで有名なソニー損保の自動車保険。年間走行距離に応じて保険料が変わる合理的なプランを全面に押し出しており、ダイレクト型自動車保険ランキングでは常に上位に位置している人気の保険です。

補償の特徴や付帯サービスの内容を詳しく見てみましょう。

主な補償内容

相手方への補償 ・対人賠償責任保険
・対物賠償責任保険
・対物超過修理費用補償特約
ケガの補償 ・搭乗者傷害保険
・人身傷害補償保険
車の補償 ・車両保険
・車両新価保険特約
・車載身の回り品補償特約
・車両全損時諸費用特約
・事故時レンタカー費用特約
自動車付帯の補償 ・自動車事故弁護士費用保険
・おりても特約

補償内容自体はスタンダードなものです。もらい事故にも備えたければ弁護士費用保険は必須。

ユニークなネーミングで目を引く「おりても特約」とは、出かけた先で、車を降りてからのケガ、身の回り品の損害、他人への損害賠償責任を補償するというもの。たとえば、以下のようなケースが補償されます。

  • スノーボードをしていて転倒し、足をケガした
  • 旅行先でカメラを落とし、壊してしまった
  • 買い物中に商品を落とし、壊してしまった

いずれも「車を降りてから」という制約が付くため、付帯するかは慎重に検討しましょう。また、他の保険と補償がダブらないかも要注意です。

事故対応

初期対応受付時間 9:00~20:00
インターネット事故受付 あり
事故対応体制 ・専任担当者&スペシャリストチーム
・即日クイック報告(9:00~17:00までに事故受付を完了した場合)
・インフォームド・コンセント方式
・トラブルナビ(スマートフォンアプリ)

主に医療の現場で使われる「インフォームド・コンセント」方式を用いて事故対応しています。つまり、事故解決までの過程やゴールを複数案出し、それぞれのメリットやデメリットをきちんと説明したうえで、契約者と一緒に対応方針を決めようというものです。

事故直後に取るべき行動をナビゲートしてくれる「トラブルナビ」というスマートフォンアプリは、現在地を把握できるGPS機能が付いていたり、ロードサービスを一発で呼び出せる機能を搭載していたりと、有効活用できそうです。

主なロードサービス

車へのサポート ・レッカーサポート(最寄り提携修理工場まで無制限、それ以外50kmまで)
・バッテリー上がり
・パンク(スペアタイヤ交換)
・ガス欠対応(契約2年目以降は10リットルまで無料。保険期間中1回)
・インドアロック
サポート拠点 全国約9,000ヶ所
人へのサービス ・帰宅費用サポート
・宿泊費用サポート
・レンタカー費用サポート
・トラブルナビ(GPD位置情報サービス)

無料レッカー距離は、50kmとまずます。それ以上は1kmにつき400円(税別)かかります。回数無制限のバッテリー上がりの応急作業や、宿泊費、帰宅費用等をカバーしてくれるサービスも備えていて安心です。自宅からの距離制限もありません。

保険料・割引

走行距離区分 ・3,000km以下
・3,000 km超~5,000km以下
・5,000 km超~7,000km以下
・7,000 km超~9,000km以下
・9,000 km超~1万1,000km以下
・1万1,000 km超~1万6,000km以下
・1万6,000km超~無制限
割引 ・インターネット割引8,000円(継続契約は2,000円)
・くりこし割引
・こえても安心サービス
・新車割引25ヵ月以内
・電気自動車割引
・証券ペーパーレス割引
・セカンドカー割引

走行距離区分に応じて保険料が安くなることを謳っているだけあって、適用区分が7つも設けてあるのは評価ポイント。自分の使用環境に適した保険料が割り出せそうです。

事前に申告した走行距離と、実際に走った走行距離とにズレが出た場合でも、「くりこし割引」や「こえても安心サービス」によって損することなく補償を受けられる点もいいですね。まさに「保険料は走る分だけ」です。

実際に見積もってみましょう。ここでは、車両保険あり/なしを3,000kmと5,000kmで見積もってみました。

【見積条件】

年齢:21~25歳、26歳~29歳、30歳以上
車種:トヨタ アクア(1500 L・NHP10)
車検:平成27年4月~
運転者:契約者のみ
免許:ゴールド
補償される運転者:運転者のみ
走行距離:3,000km 以下、5,000km以下

プラン A:車両保険なし B:車両保険(一般)あり
保険料(一時払)
3,000km 以下(5,000km以下)
21歳以上:7万3,680円(7万7,700円)
26歳以上:4万7,620円(5万220円)
30歳以上:4万2,720円(4万5,050円)
21歳以上:15万2,180円(16万730円)
26歳以上:10万200円(10万5,800円)
30歳以上:9万70円(9万5,080円)
割引 インターネット割引1万円、証券ペーパーレス割引500円、新車割引
車の補償 車両保険:200万円
免責金額:5万-10万円
相手方への補償 対人賠償責任保険:無制限
対物賠償責任保険:無制限
対物超過修理費用補償特約:50万円
ケガの補償 人身傷害補償保険:3,000万円
無保険車事故傷害保険:2億円
自損事故傷害保険
その他の補償 弁護士費用特約:300万円
他車運転特約

3,000kmと5, 000kmでは、車両保険なしで2,000~3,000円程度、ありで5,000円~8,000円程度の差が出ました。7,000kmや9,000kmなど距離区分が上がればさらに顕著な差が出ます。

総合まとめ

確かに合理的で納得感があります。しかし、車の使用頻度が高いドライバーにとってはお得とはいえず、他社を検討した方がいいかもしれません。もちろん、3,000kmや5,000km以下の人でも、条件によっては最安値になるとは限らない点、理解しておきましょう。

運転技術に自信のある人は、2015年2月に発売された「やさしい運転計測キャッシュバック型」を検討することをオススメします。

この保険を含んで一括見積もり

スポンサーリンク

2017年安さ?補償内容?信頼関係? プロFPはここを見る!

自動車保険人気ランキング
プロFP20人が実際に加入中!自動車保険人気ランキング2016-2017
自動車保険は違いが分かりにくく、自分に合った商品の見極めが難しいもの。そこで、プロのFP20名に「実際に加入している保険」と「なぜその保険を選んだのか?」をヒアリングしてみました。ランキング型式でまとめていますので、ぜひプロの視点を参考にしてください。[...]

関連記事

  • ソニー損保の「やさしい運転キャッシュバック型」を徹底分析ソニー損保の「やさしい運転キャッシュバック型」を徹底分析 テレマティクスの「運転行動連動型(PHYD)」を採用した日本初の自動車保険。商品名のとおり、安全運転をするドライバーには保険料の一部がキャッシュバックされる仕組みです。若い人や、等級が低いままの人など、保険料が割増なドライバーでも出費を抑えられる保険として注目されています。 […]
  • edspイーデザイン損保の自動車保険を徹底分析 東京海上とNTTファイナンスの出資のもと、2009年に誕生したダイレクト型自動車保険。オリコンによる2015年の顧客満足度ランキングでは、ソニー損保に次ぐ第2位と、非常に人気の高い自動車保険です。人気の秘密はどんな点にあるのか。ここでは、イーデザイン損保の自動車保険についてまと […]
  • americanhomeアメリカンホームダイレクトの「ファミリー自動車総合保険」を徹底分析 ダイレクト型自動車保険の草分けと言えるアメリカンホームダイレクト。今では広く知られているリスク細分型自動車保険を、日本で初めて販売したのも同社でした。 […]
  • tokiomarine-nichido東京海上日動「トータルアシスト自動車保険」を徹底分析 東京海上日動の自動車保険です。同社には「超保険」という、生命保険など本来なら別の保険で対応するさまざまなリスクへの補償を組み合わせることができる保険商品があります。超保険には自動車に関する補償もありますので、この「トータルアシスト自動車保険」は、その部分の単品販売とも言える […]
  • sbisonpoSBI損保の「個人総合自動車保険」を徹底分析 SBIグループのダイレクト損保です。サービス開始は2008年で、住信SBIネット銀行やSBI証券などで培ったインターネット金融事業のノウハウで高いサービスを提供すると謳っています。SBIグループという安心感があるせいか、ネットでは人気の高い保険会社ですが、商品の実力はどうで […]
コンテンツ一覧
自動車保険の基本的な仕組み
自動車保険の賢い選び方
自動車保険の手続き
自動車保険の商品別レビュー

示談交渉テクニック

総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク