もくじ

  1. HOME
  2. 自動車保険の基礎
  3. 加入後の手続き

保険料の滞納で契約失効に?! すぐに行うべき対応

保険料の支払いを忘れていたり、口座残高が足りなくて引き落としができなかったり……。理由はどうであれ、保険料の滞納があると自動車保険は契約解除になってしまいます。

もっとも、保険料を滞納したらすぐに保険が解除されるわけではありません。タイミングと対応の仕方次第で保険を継続することが可能です。

3ヶ月滞納し続けると契約解除になる

月払の場合、保険料の支払いがなかった日から月末まで「払込期間」という猶予期間があります。この期間内に保険料を支払えば、期日までに支払ったこととして扱ってもらえるのです。

また、「併徴(へいちょう)」という仕組みもあり、翌月に2ヶ月分の保険料を支払えば、毎月きちんと支払っていたものとして見なしてもらえます。

これらのタイミングでも支払いができない場合は、いよいよ保険会社から解除予告がされます。「翌月末日までに3ヶ月分の保険料の振り込みがないと保険を解除する」といった告知がくるでしょう。この”最後通告”を過ぎると、残念ながら自動車保険の契約は解除。解除後の事故に対して保険金が出ないことはもちろん、滞納している期間に起こした事故も保険金も支払われません。

滞納の理由によっては補償の見直しも要検討

保険料滞納の理由が、単純な残高不足などのうっかりミスであれば問題ありませんが、切迫した金銭事情からきているのなら、それは契約を見直すべきかもしれません。補償内容を見直して保険料を下げるなり、少しでも安い他社の保険に乗り換えるなり、なんらかの対策を施しましょう。

普段あまり車を使っていないのであれば、これを機会に車を手放すという選択もなしではないでしょう。必要なときにだけ借りるレンタカーやカーシェアリングを上手に活用すれば、ガソリン代、車検代、自動車税などかなりの額を節約できます。

なお、車を手放すときは自動車保険も解約することになりますが、念のため「中断証明書」を発行しておくといいでしょう。そうすることで、再び自動車保険に加入するとき、一定の基準を満たせば、解約時の等級を引き継いで新規契約ができます。本人だけでなく、配偶者や同居の親族にも使えますので、「中断証明書」は発行しておいて損はないと思います。

【関連】中断証明の手続きと等級引き継ぎができる条件 

全体を通して

  • 自動車保険の保険料を3ヶ月以上滞納すると強制解除=無保険状態になってしまう
  • 新規で入り直しても、今までの等級は引き継ぐことができない(以前の契約より保険料が高い)

新規で入り直すと、結果的に滞納した分よりも多くのお金を支払うことになりかねません。理由はどうあれ、滞納してしまったらすぐに保険会社に連絡し、払込の期日を確認しましょう。

スポンサーリンク

安さ?補償内容?信頼関係? プロFPはここを見る!

プロFP30人が本音で評価!自動車保険人気ランキング2017
自動車保険は違いが分かりにくく、自分に合った商品の見極めが難しいもの。そこで、プロのFP30名に「本音で評価できる保険」と「なぜその保険を選んだのか?」をヒアリングしてみました。ランキング型式でまとめていますので、ぜひプロの視点を参考にしてください。…