全労済の「マイカー共済」を徹底分析

掲載: 

出資金を支払い、組合員になることで加入できる全労済の自動車総合補償共済です。共済なので民間保険よりは割安というイメージがありますが、免許証の色や年間走行距離に応じて掛金が変わる仕組みではないうえ、マイカー共済は各種割引も多いとは言えないため、保険料だけで勝負するとダイレクト型自動車保険に軍配が上がりそうです。

そうなると、基本補償や事故対応力で勝負ということになりますが、どのような内容になっているのでしょうか。詳しく調べてみました。

主な補償内容

相手方への補償 ・対人賠償
・対物賠償(対物超過修理費用補償付き)
ケガの補償 ・人身傷害補償(自動車事故傷害見舞金付き)
・搭乗者傷害特約
・自損事故傷害特約
車の補償 ・車両保険
・付随諸費用補償
・新車買替特約
・補償額限定一般補償
自動車付帯の補償 ・弁護費用補償特約
・他社運転危険補償
・無共済車傷害
その他の補償 ・自転車賠償責任補償特約
・交通事故危険補償特約

基本補償の人身傷害補償に、別枠で「自動車事故傷害見舞金」がセットされています。事故で死亡したときや後遺障害が残ったとき、また手術したときなどに受け取れる補償で、症状に応じて支払われます。

人身傷害補償を付帯しない場合は、自動的に「搭乗者傷害特約」と「自損事故傷害特約」がセットされる設計です。

車の補償にある「付随諸費用補償」とは、代車費用、修理工場からの運送費、宿泊・帰宅費用、身の回り品補償が一つになったもの。セットになっているのは嬉しいですが、他社では無料のロードサービスに含まれている補償もあるだけに、評価が分かれるところでしょう。

事故対応・ロードサービス

初期対応受付時間 9:00~19:00
インターネット事故受付 なし
事故対応体制 専任担当者
車へのサポート ・レッカーサポート(無料けん引30kmまで)
・バッテリー上がり
・パンク(スペアタイヤ交換)
・ガス欠対応(10リットルまで無料。契約期間中1回)
・インドアロック
サポート拠点 全国約78ヶ所

全国78ヶ所、約850名の専門スタッフが待機しているとの触れ込み。ホームページ上でアピールしているのはごく基本的なことで、文面から他共済や民間保険との差を見出すのは難しいです。

ロードサービスは非常にシンプルなもの。前述した通り、他社ではロードサービスに含まれている補償(宿泊・帰宅費用など)が特約群に入っているため、サービスそのものを比較すると頼りなく見えます。無料レッカー移動も30kmと少なめ。

保険料・主な割引

ノンフリート等級別料率制度 ・年齢問わず補償
・21歳以上補償
・26歳以上補償
・30歳以上補償
・35歳以上補償
割引 ・運転者家族限定特約
・子供特約
・新車割引25ヵ月以内
・ABS装着車割引
・福祉車両割引
・ハイブリッド車割引
・盗難防止装置装備車割引
・複数契約割引
・セカンドカー割引

割引も民間医療保険に比べると最低限のものしかありません。なかには一律1万円クラスのインターネット割引もあるだけに、掛金を重視する人には物足りないでしょう。

車両保険あり/なしで実際に見積もってみました。

【見積条件】

年齢:30歳以上補償、35歳以上補償
車種:トヨタ アクア(1500 L・NHP10)
車検:平成27年4月~
運転者:契約者のみ
補償される運転者:運転者のみ
乗車地域:沖縄以外

プラン A:車両保険なし B:車両保険あり
掛金 30歳:6万1,550円
35歳:5万8,570円
30歳:12万5,690円
35歳:11万9,750円
割引 運転者家族限定割引
車の補償 車両保険:200万円
免責金額:5万-10万円
付随諸費用補償
相手方への補償 対人賠償:無制限
対物賠償:無制限
対物超過修理費用補償付き:50万円
ケガの補償 人身傷害補償:5,000万円
自動車事故傷害見舞金付き:最高500万円
無共済車傷害:無制限
その他の補償 弁護士費用特約:300万円

ダイレクト型保険はもちろん、他の対面型と比べてもやや高い印象です。人身傷害に自動で付いてくる見舞金を始めとする手厚い補償があるせいでしょうか。各種割引が少ないことも関係していると思われます。

以上から、事故対応重視の場合、他の対面型自動車保険との比較が必須ですが、掛金重視の場合は一目瞭然でダイレクト型保険を選ぶことをオススメします。

公式サイトはこちら

スポンサーリンク

2017年安さ?補償内容?信頼関係? プロFPはここを見る!

自動車保険人気ランキング
プロFP30人が本音で評価!自動車保険人気ランキング2017
自動車保険は違いが分かりにくく、自分に合った商品の見極めが難しいもの。そこで、プロのFP30名に「本音で評価できる保険」と「なぜその保険を選んだのか?」をヒアリングしてみました。ランキング型式でまとめていますので、ぜひプロの視点を参考にしてください。[...]

関連記事

  • sonysonpoソニー損保の自動車保険を徹底分析 「保険料は走る分だけ」のフレーズで有名なソニー損保の自動車保険。年間走行距離に応じて保険料が変わる合理的なプランを全面に押し出しており、ダイレクト型自動車保険ランキングでは常に上位に位置している人気の保険です。 補償の特徴や付帯サービスの内容を詳しく見てみましょう。 主 […]
  • sbisonpoSBI損保の「個人総合自動車保険」を徹底分析 SBIグループのダイレクト損保です。サービス開始は2008年で、住信SBIネット銀行やSBI証券などで培ったインターネット金融事業のノウハウで高いサービスを提供すると謳っています。SBIグループという安心感があるせいか、ネットでは人気の高い保険会社ですが、商品の実力はどうで […]
  • aioinissaydowaあいおいニッセイ同和損保の「タフ・クルマの保険」を徹底分析 あいおいニッセイ同和損保が「タフ」のブランド名で展開している商品のひとつです。タフブランドは「迅速」「頼れる」「優しい」というコンセプトから生まれ、住宅保険や傷害保険など、他ジャンルの保険も展開しています。 主な補償内容 相手方への補償 ・対人賠償責任保険 […]
  • ソニー損保の「やさしい運転キャッシュバック型」を徹底分析ソニー損保の「やさしい運転キャッシュバック型」を徹底分析 テレマティクスの「運転行動連動型(PHYD)」を採用した日本初の自動車保険。商品名のとおり、安全運転をするドライバーには保険料の一部がキャッシュバックされる仕組みです。若い人や、等級が低いままの人など、保険料が割増なドライバーでも出費を抑えられる保険として注目されています。 […]
  • americanhomeアメリカンホームダイレクトの「ファミリー自動車総合保険」を徹底分析 ダイレクト型自動車保険の草分けと言えるアメリカンホームダイレクト。今では広く知られているリスク細分型自動車保険を、日本で初めて販売したのも同社でした。 […]
コンテンツ一覧
自動車保険の基本的な仕組み
自動車保険の賢い選び方
自動車保険の手続き
自動車保険の商品別レビュー

示談交渉テクニック

総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク