• 自転車保険の教科書
  • 自転車保険の基礎知識
  • 自転車事故の加害者が事故発生直後に取るべき5つの初期対応

自転車事故の加害者が事故発生直後に取るべき5つの初期対応

掲載: 

自転車での接触は立派な交通事故です。自転車だからと軽視せず、車やバイクと同様の事故対応をしなければいけません。

ここでは、自転車事故を起こしてしまったときに取るべき初期対応ついて解説します。(※加害者が怪我をしていない前提で話を進めます)

1.怪我人の救護を再優先する

何よりも優先すべきは怪我人の救護です。応急処置を行う、二次被害が起こらない場所まで移動させるなど、負傷者の安全を確保してください。これを怠ると、道路交通法でいう『救護義務違反』、つまりひき逃げ扱いにされることもあり、刑事処分を受ける恐れがあります。

2.速やかに警察または救急車へ通報

負傷者の安全を確保して初めて、警察または救急車へ通報。どちらに通報しても両方に連絡がいく仕組みになっています。物損事故や、救急車を呼ぶほどの怪我ではないと(互いに)判断した場合は警察だけでも構いませんが、「事故直後はなんともなかったのに、後で具合が悪くなった」というのはよくある話。万一に備え、警察には一部始終を説明しましょう。

軽い怪我でも警察に知らせるべき?

かすり傷程度の軽い接触だった場合、事故扱いにせず当事者同士で解决するケースも現実にはあると思います。しかし、事故を起こしたら警察に届け出ることは、道路交通法で定められている義務です(道路交通法72条1項)。これを果たさないと保険金(自賠責・任意保険)を請求する際に必要になる『交通事故証明書』も受け取れません。怪我の度合いにかかわらず、警察には必ず通報しましょう。

3.連絡先の交換と所持品の確認

被害者が会話に応対できる状態であれば、忘れないうちに連絡先を交換しておきましょう。後々、必ず必要になります。

また、できれば鞄の中身を見せてもらい、事故のせいで傷ついたモノがないか確認しておくことです。なかには悪質な被害者もいて、賠償金目当てでいろんなモノを故意に壊しては、修理代を請求してくる例もあるためです。

4.搬送先の病院に向かう

被害者が病院に運ばれた場合は必ず搬送先に向かい、本人または親族に誠意を込めて謝罪しましょう。人として当然のことであると同時に、やや計算高い言い方になりますが、今後の示談交渉のためにも自分への心証は良くしておくべきです。

怪我の具合や治療期間なども知っておくと、保険会社へ連絡するときスムーズになります。

5.保険会社に連絡

保険会社にコンタクトを取るのは被害者優先の対応をしきった後です。相手への賠償ですから、連絡先は個人賠償責任補償をかけている保険(自転車保険・自動車保険・火災保険など)ですね。インターネット経由で連絡するのもいいですが、いち早い対応を望むならコールセンターに電話するのが一番。ただし、深夜や明け方の場合はすぐに駆けつけてくれるとは限りません。

担当者と連絡が付けば、今後の対応や請求に関することなど、気になることを逐一確認しましょう。気が動転してそれどころではないかもしれませんが、こんなときのための保険です。冷静になり、自分のやるべきことを把握してください。

スポンサーリンク

関連記事

  • 自転車保険は必要?不要? タイプ別で考える自転車保険の選び方自転車保険は必要?不要? タイプ別で考える自転車保険の選び方 通勤通学など身近な目的地への移動に便利な自転車ですが、その一方で自転車事故も少なくありません。警察庁の資料によれば、交通事故の件数そのものは減少しているものの、対歩行者や対自転車との接触事故は増加傾向にあることがわかります。対自転車自転車相互歩行者22年127,4223,799 […]
  • 自転車保険とはどんな商品か? 意外と知らない自転車保険の仕組み自転車保険とはどんな商品か? 意外と知らない自転車保険の仕組み 県や自治体が加入の義務化を導入・検討するほど必要性が注目されている自転車保険。しかし、その補償内容や商品構造について、きちんと理解している人は意外に少ないものです。 保険選びに役立つ基礎知識として、ここでは自転車保険の仕組みについて解説します。 自転車事故だけを補償する […]
  • 補償内容によりシールの色が異なる自転車保険に入るには? 加入の仕方と加入前に確認すべきこと 店頭、インターネット、スマートフォンなど、自転車保険は商品によってさまざまな加入ルートがあります。「店頭でいろんなことを質問したい」「スマホで気楽に入ったり辞めたりしたい」など、販売経路優先で商品選びをする人もいるため、ここでは主な加入方法を紹介します。1.自転車屋で申し込むサ […]
  • 自転車保険の保険金がおりないのはどんな時?自転車保険の保険金がおりないのはどんな時? 保険金の支払には条件が設けられていることはご存知でしょう。当然、自転車保険も例外ではなく、被保険者に明らかな過失がある場合や、自然災害など誰のせいでもない場合は保険金がおりないケースがあります。よく自動車保険と比較されますが、一般的には自転車保険の方が保険金がおりないと言われて […]
  • NTT docomo「ドコモサイクル保険」を徹底分析NTT docomo「ドコモサイクル保険」を徹底分析 ドコモユーザー向けの自転車保険です。とは言え、ドコモユーザーなら誰でも加入できるわけではなく、「満18歳以上満70歳以下のdポイントクラブ会員」で、「iモードもしくはspモードを契約している」人に限られています。大手3大キャリアのなかでは最も間口が狭いように思えますが、肝心の補 […]
コンテンツ一覧
自転車保険の基礎知識
自転車事故を取り巻く現状
さまざまなタイプの自転車保険
自転車保険の商品別レビュー
総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク