自転車保険の代名詞・「TSマーク付帯保険」を利用するには

掲載: 

馴染み深い?「TS」マークの意味

図図自転車屋さんで自転車を購入したり、整備を受けたりした際、「保険に入りますか?」などと聞かれ、「はい」と答えると下記のようなシールを自転車に貼られたことはないでしょうか。

青または赤色でデザインされた「TS」のロゴマークと、「自転車点検整備」の文字が目印。馴染み深いものなので特に意識せず加入していた人も多いかもしれませんが、あれが自転車保険として最も有名なTSマークです。

TSとは「Traffic Safety(交通安全)」の略称で、自転車点検整備とは、(公)日本交通管理技術協会に認められた自転車安全整備士が、道路交通法令等に則って正しく自転車を点検・整備することを意味します。つまりTSマークの貼付は、「=安全な自転車」の証になるということです。

TSマークが持つ2つの補償内容

TSマーク制度の目的は、自転車の安全利用と交通事故防止、それにかかる経済的リスクを回避することです。特に自転車事故がもとで引き起こすリスクは深刻で、加害者になった場合は支払能力を超える多額の損害賠償金が請求される恐れがあります。

そうしたトラブルの救済措置として、TSマークで整備・点検を受けた自転車には、傷害保険と賠償責任保険が付帯される仕組みになっています。以下の表をご覧ください。

種類/補償内容 傷害補償 被害者見舞金 個人賠償責任補償保険料 点検・整備代金(保険料)
死亡または重度後遺障害(1~4級) 入院(15日以上) 入院(15日以上)

死亡または重度後遺障害(1~7級)

青色TSマーク 30万円 1万円 1,000万円 1,500円程度
赤色TSマーク 100万円 10万円 10万円 5,000万円 2,000円程度

※重度後遺障害の等級は、自動車損害賠償保障法に定める等級に該当します
※事故から180日以内に入院、死亡または重度後遺障害を被ったときに補償されます

昭和54年の発足当時からある青色(第一種)マークに加え、平成2年に保障額を拡大した赤色(第二種)が登場しました。いずれも(公)日本交通管理技術協会から認められた自転車安全整備士店で自転車を購入または整備・点検を受けるとシールが貼られ、「TSマーク付帯保険加入書」を受け取ることになります。一般の保険でいう契約書に当たるので大切に保管しておきましょう。

補償期間有効期間は1年間です。その後も継続したければ、再び自転車安全整備店で点検を受ける必要があります。整備・点検を受けるという点では、車検のようなものだと考えれば理解しやすいでしょう。

なお、表に記載した金額はあくまで相場です。実際は、自転車の状態やお店により異なるため、詳細はお店の人に確認してください。TSマークを取り扱っているかどうかは、「TSマーク取扱店」または「自転車安全整備店章」の表示の有無で確認できるほか、同協会のサイトにも情報が掲載されています。

・自転車安全整備士店一覧(全国)http://www.tmt.or.jp/safety/index1.html

図図

補償は「所有者」ではなく「自転車」に付いている

一般の保険は、契約者本人または契約時に定めた対象者を補償するものですが、TSマーク付帯保険は自転車そのものにかける保険です。たとえば、TSマーク付帯保険を貼付した自転車の持ち主であるAさんが、TSマークのないBさんの自転車に乗って事故をしても何の補償もされませんが、BさんがAさんの自転車に搭乗中、事故を起こすときちんと補償されます。支払い対象になるのはTSシールが貼付された自転車に搭乗中のみということです。この点、他の傷害保険と大きく異なるので誤解のないよう。

TSマーク貼付の自転車で事故を起こしてしまったら、自分と相手の安全確保、警察への届け出などしかるべき対応をした後、TSマーク付帯保険の事故受付センターに連絡しましょう。連絡先は、加入時に受け取った「TSマーク付帯保険加入書」に記載されているはずです。どこかに片付けてしまったなど見つけるのに時間がかかりそうな場合は、TSマーク付帯保険を申込んだ自転車安全整備店でも対応してくれます。

TSマーク付帯保険は必要か?

自転車保険の必要性については、入っておいた方が無難?自転車事故の現状から考える自転車保険の必要性で詳しく解説しているとおり、自分がどの保険に加入しているかによって事情が異なり、TSマーク付帯保険でも例外ではありません。

何の保険にも入っていない状態だと加入した方がいいでしょう。自分の負った怪我の治療費は、高額療養費制度がある限り「なんとかなる額」で抑えられますが、相手を傷つけてしまったときの賠償額はいくらになるかわかりません。

自転車事故の高額倍賞事例を見ると、青色TSマークの1,000万円では少し心もとないため、加入するなら赤色TSマークの方が安心だと思います。保険料が安く、補償上限額も5,000万円とまずまずの内容です。

スポンサーリンク

関連記事

  • 自転車の盗難保険は存在する? 愛車を盗まれないためにできること自転車の盗難保険は存在する? 愛車を盗まれないためにできること 自転車保険は、第三者の身体やモノを傷つけてしまった際の損害賠償金をカバーする個人賠償責任保険と、自分の怪我の治療費をカバーする傷害保険(正確には交通事故傷害保険)の2つで構成されているものがほとんどですが、このなかに盗難保険が含まれていないのはなぜでしょうか?自転車事故よりも自 […]
  • 自転車の右側通行は「逆走」扱い。2013年に改正施行された道路交通法のポイント自転車の右側通行は「逆走」扱い。2013年に改正施行された道路交通法のポイント 平成25年6月14日、自転車の走行を取り締まる道路交通法の一部が改正され、同年12月1日より施行されました。違反者には「懲役3ヵ月以下または5万円以下の罰金」が課せられ、「知らなかった」では済まされません。老若男女に身近な自転車にかかわる法律だけに、その内容はきちんと理解し […]
  • logoジャパン少額短期保険「ちゃりぽの自転車あんしん保険」を徹底分析 ジャパン少額短期保険の自転車向けブランド「ちゃりぽ」の自転車保険です。以前は個人賠償責任補償額の上限が1,000万円までのプランしかありませんでしたが、リニューアルにより1億円までカバーできるプランが追加されました。 補償内容をじっくり見ていきましょう。 補償内容 […]
  • 自転車保険とはどんな商品か? 意外と知らない自転車保険の仕組み自転車保険とはどんな商品か? 意外と知らない自転車保険の仕組み 県や自治体が加入の義務化を導入・検討するほど必要性が注目されている自転車保険。しかし、その補償内容や商品構造について、きちんと理解している人は意外に少ないものです。 保険選びに役立つ基礎知識として、ここでは自転車保険の仕組みについて解説します。 自転車事故だけを補償する […]
  • 補償内容によりシールの色が異なる自転車保険に入るには? 加入の仕方と加入前に確認すべきこと 店頭、インターネット、スマートフォンなど、自転車保険は商品によってさまざまな加入ルートがあります。「店頭でいろんなことを質問したい」「スマホで気楽に入ったり辞めたりしたい」など、販売経路優先で商品選びをする人もいるため、ここでは主な加入方法を紹介します。1.自転車屋で申し込むサ […]
コンテンツ一覧
自転車保険の基礎知識
自転車事故を取り巻く現状
さまざまなタイプの自転車保険
自転車保険の商品別レビュー
総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク