女性保険の加入に関する疑問。仕組み・必要性・選び方がわかる入門サイト「女性保険の教科書」

医療保険には、女性をターゲットに作られた「女性保険」や「女性疾病特約」という商品があります。乳がんや子宮がんなど、女性特有の病気にかかったときの医療費を特に手厚く保障するものですが、女性はやはり女性保険に加入した方がいいのでしょうか?

「頼りになる保険」と評価する人がいる一方で、「保障がダブる」「保険料が高くなる」と敬遠する人も多いようです。このサイトでは、女性保険の必要性や選び方について考えていきます。

目次「女性保険の教科書」コンテンツ一覧

  • 女性保険のカラクリ

    貯蓄が十分にある人や、医療保険に加入済みの人は、「わざわざ女性保険に入る必要はない」という見方があります。貯蓄がある人はともかく、医療保険加入者はなぜしょうか? これは、女性保険に入ることで「保障がダブる」「保険料が割高になる」という考えからきているものです。確かに女性特有の病気は、女性保険でないと保障されないものではなく、通常の医療保険でもきちんと保障対象に含まれています。さらに、女性特有の病気になったからといって医療費が倍になるわけでもないことから、医療保険だけで十分という結論に達しているのです。また、女性保険には「お祝い金」やその他特約がセットになっていることがあり、そのせいで通常よりも割高になる傾向があります。このカテゴリでは、そうした女性保険の仕組みや実態についてまとめています。

  • 参考になる医療関連データ

    このカテゴリでは、女性保険を選ぶ際に参考になる罹患率や医療費データを紹介します。子宮筋腫、子宮頸がん、卵巣がん、乳がんなど、女性ならではの部位に発症するもののほか、男女共通の部位でもなぜか女性にだけ発症しやすい病気もたくさんあります。そうした「予測できないリスク」に不安を抱いている人はぜひご覧ください。

    図

    特に怖いとされている乳がんや子宮がんについては、女性がかかるがんのなかでベスト5に入っており、乳がんにいたっては死亡数でも5番目に多いことが分 かっています。また、女性特有の病気のなかには20代や30代で発症するものもあり、若いからといって決して油断できない点も覚えておきたいところです。

    ■女性のがん
      1位 2位 3位 4位 5位  
    部位別罹患数 (2008年) 乳房 大腸 子宮 大腸を結腸と直腸に分けた場合、結腸3位、直腸8位
    部位別死亡数 (2011年) 大腸 膵臓 乳房 大腸を結腸と直腸に分けた場合、結腸3位、直腸9位

    ※がん情報サービス「最新がん統計」より一部抜粋・編集

    帝王切開への備え

    若い年代といえば、異常分娩も「女性特有の病気」に含まれる点にも注目です。というのも、帝王切開での出産はここ20年で約2倍に増えていて、今や赤ちゃんの5人に1人が帝王切開で生まれているのをご存知でしょうか。

    ※出典:厚生労働省「平成22年度我が国の保険統計」

    帝王切開だからといって医療費が格段に高くなるとは限りませんが、女性保険に加入していれば手厚い保険金を受け取ることができ、場合によっては自己負担ほぼゼロ、もしくは黒字で出産できることもあります。

  • 女性保険の損をしない選び方

    このカテゴリでは、女性保険の損をしない選び方について考えていきます。女性保険は必須ではないものの、妊娠・出産時などで役立つ可能性は確かにあり、万一に備えて特別に保障を手厚くしたい人にマッチしている保険だといえます。また、もともと身体の弱い人や、親族を女性特有の病気で亡くした人、保険を上手に利用したい人にとっては頼りになることもあるでしょう。過度に手厚い特約や上乗せ金は要りませんが、必要最低限の保障を「安心を買う」意味で付帯するのはよいのではないでしょうか。

    加入を検討する際は、ライフステージのタイミングに注意してください。場合によっては加入できないか、保障範囲が限定される「特定部位不担保」での契約になってしまいます。

  • 個別商品のレビュー


    このカテゴリでは、個別商品別に女性保険をレビューしています。女性保険の必要性は高くないと考える当サイトですが、妊娠・出産を視野に入れている人や、女性特有の病気にかかる親族が多い人などにニーズがあるのは確かです。各商品のメリット・デメリットについて見ていきましょう。

スポンサーリンク
総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク