• 女性保険の教科書
  • 個別商品のレビュー
  • オリックス生命の「医療保険 新CURE Lady[キュア・レディ]」を徹底分析

オリックス生命の「医療保険 新CURE Lady[キュア・レディ]」を徹底分析

掲載: 

女性特有の病気とがんによる入院を上乗せ保障する女性専用医療保険です。女性疾病・がんの入院日額が1万5,000円の「スタンダードコース」と、1万円の「エコノミーコース」があります。通販・ネット販売と代理店販売では、選べる保障内容が異なります。

主契約の内容

保障内容
主契約 疾病入院給付金・災害入院給付金
疾病入院給付金+女性入院給付金
入院給付金日額を支払い、日帰り入院対応
入院給付金日額を上乗せ
手術給付金 入院中:入院給付金日額×20倍
外来:入院給付金日額×5倍
1入院支払限度日数 【七大生活習慣病入院給付特則(三大疾病無制限型)適用の場合】
60日型:1入院60日(七大生活習慣病のうち三大疾病以外は120日、三大疾病は無制限)
120日型:1入院120日(七大生活習慣病のうち三大疾病以外は180日、三大疾病は無制限)

【七大生活習慣病入院給付特則(七大疾病無制限型)適用の場合】
60日型:1入院60日(七大生活習慣病は無制限)
120日型:1入院120日(七大生活習慣病は無制限)

【七大生活習慣病入院給付特則を適用しない場合】
60日型:1入院60日
120日型:1入院120日

通算支払限度日数 1,000日

基本の保障は、入院と手術、先進医療です。入院は、ベース(主契約)が日額1万円と5,000円で、それぞれ、女性疾病・がん入院は日額5,000円上乗せされます。前者が「スタンダードコース」、後者が「エコノミーコース」です。

1入院の限度日数は、通販・ネット販売は60日型、代理店販売は60日型と120日型から選べます。ともに、通算限度日数は1,000日です。

代理店販売では、七大生活習慣病による入院を充実できる2つのプランを選べます(選ばないことも可能)。同社の七大疾病とは、がん・心疾患・脳血管疾患・糖尿病・高血圧性疾患・肝硬変・慢性腎不全です。プランの1つは、「三大疾病無制限プラン」です。このプランは、がん・心疾患・脳血管疾患による入院は無制限、その他の4つの疾病による入院は60日延長されます。もう1つのプランは、「七大疾病無制限プラン」で、七大疾病による入院は無制限にできます。

特約・特則の内容

保障内容
重度三疾病一時金特約 10万円~入院給付金日額×150倍まで(上皮内新生物も保障)
がん一時金特約 10万円~入院給付金日額×150倍まで(上皮内新生物も保障)
がん通院特約 日額3,000円~入院給付金日額と同額以下まで
特定疾病保険料払込免除特則 悪性新生物(がん)・急性心筋梗塞・脳卒中により約款所定の状態に該当したら、以後の保険料の払込みが免除されます。
先進医療特約 技術料:通算2,000万円まで

※がん一時金特約と重度三疾病一時金特約を通算して入院給付金日額の150倍を引受の限度とします。

ここに注目!

重度三疾病一時金特約とがん一時金特約を要チェック

三大疾病、特に、がんを手厚く保障する特約がつけられます。がん通院特約は、重度三疾病一時金特約、または、がん一時金特約のどちらかとセット契約となります。両方つけることもでき、がんにかかった場合は、両方から一時金が支払われます。
がんは初回は診断確定で支払われますが、2回目以降は治療目的の入院をしないと支払われません。最近、増えている通院のみの治療では2回目以降の一時金は受け取れない点に要注意です。

急性心筋梗塞と脳卒中は治療目的の入院開始が支払い条件で、一般的な三大疾病の保障より緩やかです。どちらの特約も、共に1年に1回を限度に無制限に支払われるは心強いといえます。

特定疾病保険料払込免除特則の対象となる疾病は、がんは診断確定ですが、急性心筋梗塞と脳卒中は厳しめです。この特則がつけられるのは、代理店販売のみです。

保険料・他

詳細
保険料 【スタンダードコース】
30歳:3,422円
40歳:3,857円
50歳:5,107円
【エコノミーコース】
30歳:1,967円
40歳:2,177円
50歳:2,842円
【がん一時金特約(100万円)】
30歳:1410円
40歳:2,020円
50歳:2,730円
引受年齢 16歳~80歳
保険料払込期間 60歳・65歳、終身払
払込方法 月払、半年払、年払
口座振替、クレジットカード払

※月払・口座振替またはクレジットカード払、保険料払込期間=終身、1入院60日限度、特定疾病保険料払込特則なし

基本の保障は、女性疾病の保障範囲が特に広いわけではなく、すべてのがん入院が上乗せ保障の対象なのは女性専用医療保険に共通なので、この保険にはコレといった特徴はありません。しいて言えば、他社の同種の保険に比べて保険料が割安なことでしょうか。

むしろ、特約や七大疾病に対する充実プランに特徴があると言えます。選択肢がたくさん用意されているのはいいことですが、これらを選ぶと当然ながら保険料が高くなり、オリックス生命のウリである割安さが際立たなくなってしまいます。

全体を通して

この保険は、通販・ネット販売と代理店販売ではプラスできる保障が異なるので、まず、「入口(加入窓口)」を間違えないようにしたいもの。保障内容はあっさり系でいいなら通販・ネット販売、こってり系が希望なら代理店販売です。

女性専用医療保険を選ぶ際は、そもそも、女性疾病とがんの入院を上乗せする必要があるかどうかも含めて検討すべきでしょう。「必要がある」と考える女性は、自分の心配に備えるためにいくらの保険料を払えるかの見合いで特約や充実プランを選びましょう。

スタンダードコースかエコノミーコースのどちらかで、1入院の限度日数は60日で十分では? がん一時金特約は契約者の約60%がつけているそうなので、がんが心配ならつけてもいいでしょう。

公式サイトはこちら

※上記内容は、当サイトの見解です。

スポンサーリンク

2017年プロFPが認めたおすすめの女性保険はどれ?

女性保険人気ランキング
プロFP15人が本音で評価 『2017年のおすすめ女性保険人気ランキング』
日頃から多数の保険相談を受けているプロFP15人に、おすすめできる女性保険をその理由とともに1つ答えてもらいました。ランキング化してまとめたので、女性保険選びの参考にしてください![...]

関連記事

総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク