• 女性保険の教科書
  • 女性保険の損をしない選び方
  • いつ加入すればいい? 女性保険に入るなら知っておきたいベストなタイミング

いつ加入すればいい? 女性保険に入るなら知っておきたいベストなタイミング

掲載: 

医療保険の保険料は加入者の年齢に応じて変わってきます。当然、若い人の方が安いので、加入時期は早いに越したことはないのですが、女性は若さにかかわらず、「妊娠」「出産」というライフイベントのために保障が制限されたり、加入を断れたりすることがあります。

知っておかないと損をしてしまうので、この時期における医療保険の審査基準を覚えておきましょう。

妊娠中の加入

妊娠中の加入はできないか、保障が限定される可能性があります。各社によって多少異なりますが、妊娠7ヵ月(27週)以降は加入できないのが一般的です。

妊娠7ヵ月以内なら加入できる会社がほとんどで、多くの場合「特定部位の不担保」という条件付きの加入になります。これは、加入者が持病を抱えている場合などに付いてくる条件で、要は「この特定の体の部分に起きた傷病は保障しませんよ」という意味です。

妊娠中の女性だと子宮関連の部位が対象になり、切迫流産や帝王切開などになっても保険がおりません。特に帝王切開は、1990年で10.0%、2002年で15.2%、2011年で19.2%とここ20年で増加傾向にあることをご存知でしょうか?

図

これから出産を考えている女性は、妊娠前に加入するのが一つのタイミングといえるでしょう。

出産後の加入

産後は妊娠中のように加入を断られることはありませんが、過去5年以内に帝王切開で出産した女性は、やはり特定部位の不担保になる可能性があります。これは、帝王切開で出産すると次の出産も帝王切開になる可能性が高いためです。

個々のケースによっては、その他の妊娠にかかわる病気も不担保になることも覚えておきましょう。 ※帝王切開の費用については別頁「帝王切開で出産したときの費用はどれくらい?」をご覧ください。

まとめ

ほかにも「就職したとき」「結婚したとき」「子どもが生まれたとき」「離婚したとき」など、さまざまなライフステージによるタイミングがありますが、女性ならではの重要なタイミングは妊娠前の加入です。

ただし、特定部位不担保の条件付き加入が必ずしも悪いとはいいません。加入から2~5年間無事に過ごせば、特定部位への限定条件が解除される商品もあり、そうなれば通常の保険と変わりません。保険料は年齢を重ねるごとに高くなっていくので、すべて理解したうえで早く加入しておくという考えもできます。

スポンサーリンク

2017年プロFPが認めたおすすめの女性保険はどれ?

女性保険人気ランキング
プロFP15人が本音で評価 『2017年のおすすめ女性保険人気ランキング』
日頃から多数の保険相談を受けているプロFP15人に、おすすめできる女性保険をその理由とともに1つ答えてもらいました。ランキング化してまとめたので、女性保険選びの参考にしてください![...]

関連記事

総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク