もくじ

  1. HOME
  2. 補償付きクレカ徹底分析
  3. カード一覧
  4. アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

『アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 』の審査について

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードは、ステータスシンボルとなっている誰もが知る高級カードです。海外旅行や出張に繰り返し行く人、ビジネスはもちろん、プライベートやショッピング、会食などでラグジュアリー感を演出したい人におススメです。

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードの審査基準

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードは、実は入会のハードル自体はそこまで高くありません。しかし、年会費は2万9,000円(税別)と割高です。この金額分のメリットをいかに使いこなすかがこのカードを使いこなすポイントになってきます。

申込条件は20歳以上、安定した収入のある人が対象です。自営業はもちろん、主婦や年金生活者も申し込めます。一方、パートやアルバイトの人は申し込みできません。あくまでも"安定した収入がある人"が最低条件になっています。最近は20代の若物世代でも持てるようになっていて、ハイスペックカードのわりに年収や属性はそこまで関係してこない印象です。高級なステータスイメージに比べ、審査自体はそこまでハードルが高くないのが特徴です。

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードの審査が甘くなったといわれる理由

一昔前はアメックスのゴールドカードと言えば、審査基準も高く入手が難しいとされているカードでした。しかし、最近では年収が高くない若者世代でも同カードを入手でき、審査が甘いとネットで噂になっています。

決して審査が甘いというわけではないのですが、確かに一昔前に比べると取得しやすくはなっています。考えられる理由としては、同カードの上に、さらにランクの高いカード(アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード、アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード)が発行されているということです。同カードが最高ランクのカードという位置付けではなくなり、自然に審査難易度が引き下げられたことなどが考えられます。

アメックスは外資系なので、審査もシステムも日本のカード会社とは違います。独自の基準を設けているうえに、日本のカード会社とは別の着眼点で審査している部分もあるようです。よって、日本のカードでは審査落ちしたけれど、アメックスには審査通過したという口コミをうけ、取得しやすいという噂が立つのかもしれません。

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードの利用限度額

また、同カードはショッピングの利用限度額が明示されないことも独特です。よく「アメックスカードは車や家や飛行機が買える」という都市伝説めいた噂が広がっていますが、この噂も利用限度額が明示されていないところから派生しているものです。もちろん、噂通りに無制限に買い物できるという事実はありません。同カードは、高額の買い物をする場合、事前に買い物できるかどうかを確認できるシステムなのです。

一般的に知られているカードの利用限度額は、契約時に「○○円まで利用可」という金額が明示されています。ですが同カードは、年収や収入の安定性に応じて利用できる金額(限度額)を一人一人精査しているのです。要は"個別に限度額が設定されている"ということです。このシステムは、ダイナースカードも同様です。

たとえば年収250万円の人が「400万円の車をカードで購入したい」と思ってカードを利用しようとしても、承認がおりることはまずないでしょう。もちろん、実際に承認がおりればカード加盟店で車を購入することができますが、家や飛行機を国内で取り扱っているカード加盟店は心当たりがありません。

入会1ヵ月目の利用限度額は、ほとんどが100万円前後

限度額が個別設定だからといって、最初から高額な限度額が設定されているわけではなく、入会当初の利用限度額はほとんどが100万円前後です。カード利用を続けてクレジットヒストリーを積み上げることにより、その人に合った限度額が引き上げられていくといっていいでしょう。最低でも半年以上のカード利用履歴を積み重ねれば、入会当初よりは限度額が引き上げられていることがほとんどです。

取得・所持しやすいが、ライフスタイルを選ぶカード

こうしてみるとかなり魅力的に思えるカードですが、実際のところ年会費2万9,000円(税抜き)は高額です。定期的に高額な買い物をする人や、国内外に旅行や出張に行く人のためのサービスは充実していますが、そうでない人にはこれだけの年会費を払うメリットがそこまでありません。つまり、ライフスタイルを選ぶカードだと言えます。無理して高い年会費を払いながら所持するよりも、自分のライフスタイルに合ったカードを取得するほうがコストパフォーマンスはいいでしょう。

スポンサーリンク

安くて手厚い海外旅行保険はどれ?

カスタマイズ性がモノを言う! 2016-2017年のおすすめ海外旅行保険ランキング
必要ではあるけれど、できれば(あまり)お金をかけたくないのが海外旅行保険。そこで、手厚いながらもコストを抑えられる保険はないものか、探してみました。…