もくじ

  1. HOME
  2. 補償付きクレカ徹底分析
  3. カード一覧
  4. アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

『アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 』の海外旅行保険の実力を徹底分析

  • 会費有料のカードのなかではハイスペックを誇りつつ入手しやすい一枚
  • 海外旅行にも高額ショッピングにも強い

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードの強み

1)医療補償・救援者費用はカード決済で100万円上乗せ

同カードの海外旅行保険は、自動付帯か利用付帯かで補償限度額が変わります。自動付帯だと医療補償(傷害・疾病)200万円、救援者費用300万円だったものが、旅行代金をカードで支払えばそれぞれ100万円アップしますので、海外に行く際はできるだけカード決済をしておきたいところ。なお、キャッシュレスサービスは自動で付いています。

2)キャンセルプロテクションが手厚い

急なトラブルで予約していた海外旅行に行けなくなった、突然の病気でチケット購入済みのコンサートに行けなくなったなど、突発的な出来事によるキャンセル費用などの損害を補償してくれるサービスが付帯しています。さらに、カード保持者だけでなく、同行予定の配偶者の分も併せて補償してくれます。自動付帯でここまで手厚いキャンセルプロテクションが付いているのはそうそうないので、同カードの強みと言えるでしょう。

3)プライオリティパスのスタンダード会員資格付き

プライオリティパスのスタンダード会員資格が、無料で付帯しているのも見逃せないポイントです。国内外700か所以上の空港ラウンジが利用できるので、海外旅行や出張が多い人には持って来いのサービスです。しかも、1回27ドル(米ドル)の利用料が年間2回まで無料という嬉しい内容です。家族カード会員もプライオリティパスを無料で利用できます(年間2回まで)。

付帯保険の補償内容

補償内容 金額(いずれも1事故、1疫病、1旅行の限度額)
医療保障 利用付帯:
傷害治療費用300万円・疾病治療費用300万円
自動付帯:
傷害治療費用200万円・疾病治療費用200万円
携行品損害(免責3000円) 50万円
傷害死亡・後遺障害 最高1億円
賠償責任(免責なし) 4,000万円
救援車費用 利用付帯:400万円
自動付帯:300万円
医療費キャッシュレスサービス あり
ショッピング保険 あり
渡航便遅延保険 あり(出航遅延・欠航・運休・搭乗不能2万円/乗継遅延2万円/受託手荷物遅延2万円/受託手荷物紛失/4万円)
国内旅行保険 あり(傷害死亡保険金5,000万、傷害後遺障害保険金最高5,000万)
家族特約 あり
現地キャッシングサービス 可能
引受保険会社 損害保険ジャパン日本興亜株式会社
強み 手荷物無料宅配や航空便遅延補償が手厚い

評価★★★★☆
初年度無料が嬉しい!海外旅行&出張が多い人にはかなりおススメ

付帯サービス

自動付帯、利用付帯も安定の補償内容。カード利用の方がより補償が手厚くなるので、旅行代金をカード決済にしておきましょう。

発行期間

カード発行までの日数は1~2週間。審査結果自体は2、3日で可否がわかるとのことですが、手元にカードが届くまではゆとりを持って3週間ほどみておきたいところ。海外旅行が目前に迫っていたり、急いでいる人には不向きです。

マイル

ANAマイルが0.5%貯まるうえに、海外提携航利用で1,000マイル=1,250ポイントが貯まります。海外によく行く人であればかなりのポイントを受け取れるでしょう。

ポイント

基本ポイントは100円で1ポイント。旅行会社の日本旅行でチケットなどを購入すると還元率が0.4%になります。有効期限は最大で3年ですが、一度ポイントを交換すれば無期限となります。

デザイン

国際的なプロパーカードで、誰が見てもステータスカードとわかる有名な券面です。

ステータス

高いステータス性を誇るアメックスのゴールドカード。ゴールドカードのなかでもハイスペックなランクの高いカードに位置します。

審査難易度

アメックスは独自の審査基準を持っているので、他のゴールドカードで審査落ちした人でも取得できる場合があります。若者世代でも比較的取得しやすくなっていますが、アメックスのグリーンカードや他のクレジットカードで利用実績を積んでいる人の方が取得しやすい傾向にあります。

ソクラテスの総評

ハイスペックなうえに海外旅行保険の手厚さは他のゴールドカードを抜いてピカイチ。急なキャンセルや航空機遅延などにも強く、配偶者や家族カードも同様の手厚い補償が受けられる点も強みでしょう。グローバルホットラインの充実はもちろん、ショッピング保険も手厚いのでかなり海外旅行者向けと言えるカードです。

T&E(トラベル&エンターテインメント)を楽しむ人、海外出張が多い人にはかなり心強いカードになってくれますが、ステータス目的、または普段使いメインのカードにしたい人にはハッキリ言っておススメできません。年会費が税込み3万円以上かかるうえに、日本国内ではアメックスゴールドのメリットを感じにくいです。海外に頻繁に行く人でなければ、年会費以上の具体的なメリットを感じられずに、損をする可能性の方が高いでしょう。

カードの基本情報

スペック 内容
国際ブランド アメリカンエキスプレス
年会費(条件など) 2万9,000円(税抜)
申込資格 20歳以上、定職がある人
発行期間 申込書到着後、1~3週間
ポイントプログラム メンバーシップ・リワード 100円=1ポイント 1P=0.3円相当 還元率0.33%~0.40%
ポイント交換・提携移行 日本旅行、American Express Safekeyオンラインショップング、ヨドバシカメラ、高島屋/楽天スーパーポイント、Tポイント(300P=100 3,000ポイントより移行可)
マイル還元率 ・ANA(0.5%)1,000P=1,000マイル(1,000ポイント単位)
・14の海外提携航空(DELTAなど15社)1,250ポイント単位 1,250P=1000マイル
マイル移行手数料 ・ANAは年間5,000円「メンバーシップ・リワード ANAコース」参加費が必要
・1,000ポイント=1,000マイル単位で移行を希望の場合、年会費3,000円「メンバーシップ・リワード・プラス」への加入が必要
電子マネー対応 Edy、Suica
ETC 追加可能(手数料500円)、年一回以上の利用で年会費・発行手数料無料
キャッシング・ローン なし

スポンサーリンク

安くて手厚い海外旅行保険はどれ?

カスタマイズ性がモノを言う! 2016-2017年のおすすめ海外旅行保険ランキング
必要ではあるけれど、できれば(あまり)お金をかけたくないのが海外旅行保険。そこで、手厚いながらもコストを抑えられる保険はないものか、探してみました。…