もくじ

  1. HOME
  2. 補償付きクレカ徹底分析
  3. カード一覧
  4. ライフカード<旅行傷害保険付き>

『ライフカード<旅行傷害保険付き>』の審査について

ライフカード(旅行傷害保険付き)は、海外旅行や国内旅行時に役立つ補償が自動付帯されているカードです。年会費は初年度無料で、VISA、マスター、JCBの3種類から選べます。ETCカードも年会費無料で発行できます。


ライフカード(旅行傷害保険付き)の審査

申込資格は日本国内に住む18歳以上(高校生は不可)、電話連絡のできる人です。パートやアルバイト、主婦や年金生活者も申し込みできます。申し込みの制限は無職などを除き、そこまでないと思っていいでしょう。
ライフカード株式会社は1952年創業の信販会社ですが、消費者金融会社アイフルの子会社でもあります。そのため、審査は消費者金融会社寄り、つまり甘いという意見や口コミもありますが、従来の信販会社の手堅い審査をしているという印象を受けます。ですが、よほどのことがない限り、取得できないカードではありません。

ライフカード(旅行傷害保険付き)の審査は甘めと言われる理由

銀行系カードに比べると、信販系のカードは審査に柔軟な部分があります。ステータスの高くない一般カードであればより審査は柔軟になってきます。同カードは信販系かつ一般カードなので「審査が甘い」「柔軟審査」という口コミが目立つのでしょう。間口が広く、取得率も高いことから審査の柔軟さが広まっている、といったところですね。

ライフカードは種類も多く、アイドルやアーティストとコラボしたカードなどで若者世代や新規参入者の獲得をしています。親しみやすいイメージから、なおのこと審査が甘めと言われているのかもしれません。また、ライフカードはポイントが貯めやすく、日常生活でこまめに使うことでかなりお得に利用できます。主婦やネットショッピングユーザーが使いやすいようになっているので、審査基準も低めに設定されていると思われるのでしょう。ちなみに、カード発行は最短3営業日で、受け取りまでは5日前後です。

ライフカード(旅行傷害保険付き)はポイントを貯めやすい

同カードはL-Mailというポイントサイトで買い物をすると、1,000円で2ポイント加算されます。しかも誕生月の利用だと、ポイントが3倍になります。また、年間利用金額に応じて最大通常月のポイントが2倍になります。しかし、ポイント交換は景品との交換か、ポイントへの移行が必要です。交換先は電子マネーやマイルなど幅広いのですが、そのままポイントが使えるわけではないので、まとめて交換しましょう。ポイントの有効期限は2年間ですが、延長手続きをすると5年まで貯められます。

誕生月とVプリカでさらに高還元

ライフカードのポイント還元率は基本0.5%と普通ですが、誕生月はポイントが3倍になるうえに、期間限定で還元率が1.5%の高還元になってくれます。誕生月にまとめ買いや高額商品を買うとポイントバックも大きく狙えます。

他にもライフカードが発行するネット専用のプリペイドカード「Vプリカ」を利用するとさらにお得です。VプリカはネットのVISA加盟店で使えます。たとえば誕生月に1年分のVプリカをまとめ買いすればポイントが3倍になり、1.5%以上の還元率になります。Vプリカはライフカードなら手数料無料で購入できるので、普段使い用にも取得しておくといいでしょう。

ライフカードは年間利用金額が年間50万円以上で翌年の通常月ポイントが1.5倍、100万円以上で1.8倍、200万円以上で2倍になります。さらに年間利用金額が50万円を超えると一律300ポイント(1,500円相当)がもらえるので、こまめに普段使いしていれば相当ポイントの恩恵を受けられるでしょう。

スポンサーリンク

安くて手厚い海外旅行保険はどれ?

カスタマイズ性がモノを言う! 2016-2017年のおすすめ海外旅行保険ランキング
必要ではあるけれど、できれば(あまり)お金をかけたくないのが海外旅行保険。そこで、手厚いながらもコストを抑えられる保険はないものか、探してみました。…