もくじ

  1. HOME
  2. 補償付きクレカ徹底分析
  3. カード一覧
  4. iB(iD×QUICPay)(アイビー アイディ クイックペイ)

『iB(iD×QUICPay)(アイビー アイディ クイックペイ)』の審査について

オリコカードアイビー(アイディークイックペイ)は「iD」と「QUICKPay」の2種類の電子マネーが搭載されていて、キャッシュレス派には嬉しい一枚です。
数あるオリコカードのうち、実質年会費無料で海外旅行保険が自動付帯なのは同カード含め数枚のみです。


オリコカードiBの審査基準

申込条件は18歳以上で高校生は除きます。特に雇用形態についての限定はなく、パート、アルバイト、主婦や年金生活者も申し込みできるので、間口が広いカードと言えます。オリコカードの保証会社は株式会社オリエントコーポレーションです。もともとローン業態に力を入れているので、審査基準も幅広く設定されています。その審査基準は、楽天カードやエポスカードに比べると「やや堅め」ではあります。とは言え、数あるオリコカードの種類のなかでは審査に通りやすく、取得しやすいカードです。

審査には、老舗ならではの豊富な情報網を活用している

オリコカードの保証会社である株式会社オリエントコーポレーションは、1954年創業の老舗信販会社で、営業資産残高は5兆円を超えています。自動車ローンなどの各種ローン、ショッピング・キャッシングクレジット、提携カードの発行、銀行などの信用保証業務などの信販業務を幅広く行っています。そのため、豊富な利用者情報を持っていて、その情報を活用した審査を行っています。

オリコカードの審査がやや堅めと言われる理由

オリコカードは利用者情報を豊富に持っているからこそ、「他のカードには審査が通るのに、オリコカードでは審査が通らない」というケースが割とあります。審査に通らないパターンとしては、オリコが有する独自情報の利用残高が多いケースです。申し込み希望者のローン情報はとりわけ審査対象になりやすく、支払いの遅れや借りすぎと判断される懸念材料があると審査に影響が出てきます。

オリコは信販会社としての長い歴史のなかで、通常の審査基準とオリコ独自の審査基準を設けている可能性が高いです。よって、他のカードは審査に通ったのにオリコカードは否決だった、というケースがよく見かけられるのだと思います。信用情報機関に登録されている無担保ローンやキャッシング、カード残高以外に、オリコの手がける事業で利用残高がある場合、それを見て借りすぎと判断された可能性があります。

もう一つのパターンは、逆に何も実績が見つからないケース(スーパーホワイト/審査ページリンク)です。ある程度の年齢なのに、信用情報機関にもオリコの独自履歴にも全く使用情報が見つからないと、かえって不自然と判断されてしまう可能性があります

オリコカードiBの人気の理由

同カードは、数あるオリコカードのなかでも高いコストパフォーマンスを誇る人気No,1カードです。2種類の電子マネーでポイントが貯めやすく買い物に便利なうえに、海外旅行保険も自動付帯されていて、補償内容のバランスも取れています。利用付帯ですが国内旅行保険も付いているので、国内外問わず、旅行によく行く人は使いやすい一枚ですね。iBはオリコカードのなかでは取得しやすいというのも人気の理由の一つでしょう。

それに、ポイントが貯めやすく使いやすい所も人気の理由のひとつです。基本の還元率は一般的な0.5%ですが、年間の利用実績に応じて翌年のポイントが最大2倍になります。年間200万円以上の利用なら還元率が1%になるので、公共料金など毎月ある支払いに使うといいでしょう。電子マネー利用分のポイントも付与されるので、積極的にカードを利用したい人や、生活費の支払いはカードがメインという人には最適ですよ。ポイントはプレゼントに交換する場合は構いませんが、ネット利用や他のマイル、共通ポイントに交換するためには一旦オリコポイントに替える必要があります。

オリコカード ザ ポイントと比較した場合

同カードと似たスペックで、年会費が永年無料の「オリコカード ザ ポイント」というカードがあります。同カードと同じくiDとクイックペイが両方搭載されていて、ポイント還元率が常時1%以上です。ポイント還元率は「オリコカード ザ ポイント」の方が良いのですが、こちらには海外旅行保険も国内旅行保険もついていません。国内外に旅行に行くことになっても、「オリコカード ザ ポイント」ではトラブル時の補償は一切ありません。

トータルバランスを考えるとオリコカードiBの方が断然おススメです。生活に密着させて使えば実質年会費は無料でポイントも貯めやすいですし、海外・国内旅行保険も付いてくるので、迷わずにiBを選んでおいて損はありません。

スポンサーリンク

安くて手厚い海外旅行保険はどれ?

カスタマイズ性がモノを言う! 2016-2017年のおすすめ海外旅行保険ランキング
必要ではあるけれど、できれば(あまり)お金をかけたくないのが海外旅行保険。そこで、手厚いながらもコストを抑えられる保険はないものか、探してみました。…