エイチ・エス損保『スマートネッとU』を徹底分析

掲載: 

エイチ・エス損保は、大手旅行代理店H.I.S(エイチ・アイ・エス)の出資で設立された海外旅行専門の保険会社です。H.I.Sの店頭からでも契約することができますが、今回はインターネット専用販売の『スマートネットU』を解説します。

店頭販売のものと違い、セットされる補償項目や保険期間に違いはあるものの(たとえば盗難に遭ったお金を補償する業界初の「通貨盗難補償特約」は代理店経由のみ)、現地でのサポートサービスは同じものが受けられます。

基本情報

契約情報
旅行目的 観光、出張
申込期日 当日~60日前
契約期間 31日まで
加入年齢条件 18歳~69歳
旅行者範囲 家族・友人

補償内容

補償項目・契約タイプ(31日以下・個人プランの場合)
契約タイプ P1タイプ P2タイプ P3タイプ
傷害死亡 1,000万円 2,000万円 3,000万円
傷害後遺障害 1,000万円 2,000万円 3,000万円
疾病死亡 1,000万円 2,000万円 3,000万円
賠償責任 1億円 1億円 1億円
治療・救援費用 1,000万円 3,000万円 無制限
携行品損害 30万円 30万円 30万円
航空機寄託手荷物 10万円 10万円 10万円
航空機遅延(オプション) 3万円 3万円 3万円
サポート ・サポートサービス(24時間年中無休 日本語対応)
・キャッシュメディカルサービス
・旅行かばん修理サービス
・カメラ・ビデオカメラ等修理サービス
プラン 個人プラン、家族プラン、グループ旅行プラン

ここに注目!

治療費用を無制限まで設定できる

他社と同じく、グレードが異なる3つのタイプが用意されています。目を引くのは、個人・ファミリープランで最も手厚いタイプを選ぶと、治療費用の上限が無制限にまで上がる点。そこまで必要かどうかは別として、無制限になるのは心強いです。

1契約で10人まで補償されるグループ旅行プランもあり

1つの契約で最大10名まで補償されるグループ旅行プランがあります。友人や同僚など大人数での旅行に持って来いですが、補償タイプは1つ(G1)しか選択できません。とはいえ、治療費用1,000万円、救援者費用1,000万円、携行品損害30万円、賠償責任1億円など、まずまずの内容。これだけでも十分ですし、一人ひとりが海外旅行保険付きのクレジットカードに加入していればなお安心でしょう。

航空機遅延費用はオプションだが一律3万円と多め

給付条件に達するかはともかく、航空機遅延費用はもしものときに役立つ補償です。同商品はオプション扱いではありますが、保険金の上限が3万円までと他社よりも高い点に注目。これだけあれば1泊分の宿泊費や食費なら十分カバーできるでしょう。

知っておきたい

フリープランはなし

あらかじめ決まったセットプランしか選ぶことができず、保険金の増減も調整が効きません。

スマートフォン用アプリ

iPhone・Android共に無料で利用できる『スマートネッとU』がありますが、メイン機能は保険料の試算で、他社と違い”旅のお供アプリ”というつくりではありません。あくまでスマートネッとUとの契約を円滑に進めるためにあるものです。

smartu

主な機能をまとめましたので、参考にしてください。

カテゴリ 機能 具体的なサポート内容
簡単試算 保険料試算 ・保険料試算とインターネット契約への案内
・ログインページ
契約プラン 契約プランとタイプ 各プランの補償項目等を閲覧
特長 スマートネッとUの特長説明
サポートサービス サポートサービスの解説 ・ケガや病気になったとき
・盗難事故にあったとき
・航空機の欠航等にあったとき 等
旅行先 地域検索 旅行を検討している地域を頭文字で検索

保険料

最安値と最高値のタイプで保険料を見積もってみました。

個人タイプ、観光、ハワイ、8日間の場合
保険料 【P1タイプ】
2,790円
P3タイプ】
4,360円
治療費用 1,000万円 無制限
傷害死亡 1,000万円 3,000万円
傷害後遺障害 1,000万円 3,000万円
疾病死亡 1,000万円 3,000万円
救援費用 1,000万円 3,000万円
賠償責任 3,000万円 1億円
携行品損害 30万円 30万円
航空機寄託手荷物遅延等費用 10万円 10万円
航空機遅延費用 3万円 3万円
払込方法 クレジットカード払
割引 インターネット割引

P3タイプはこれだけの補償内容でまずますの保険料。特に治療費用が無制限というのは頼もしいです。しかし携行品損や航空機遅延費用は下位タイプと変わらず、それならP1タイプで十分な気も。治療費用は1,000万円あれば基本的には安心ですし、不安なら海外旅行保険付きのクレジットカードで補強するという手もあります。

航空機遅延費用は、(この見積もりでは)追加しても60円しか変わらないので、付帯しておくことをオススメします。

全体を通してひと言

補償内容、保険料共に数字上は満足のいく保険の一つです。フリープランを望む人は対象外ですが、難しいことを考えずにセットプランに申込みたい人にはいいでしょう。似たような設計の他社商品と比較してみてください。

公式サイトはこちら

スポンサーリンク

2017年安くて手厚い海外旅行保険はどれ?

海外旅行保険ランキング
カスタマイズ性がモノを言う! 2016-2017年のおすすめ海外旅行保険ランキング
必要ではあるけれど、できれば(あまり)お金をかけたくないのが海外旅行保険。そこで、手厚いながらもコストを抑えられる保険はないものか、探してみました。[...]

関連記事

  • 海外旅行保険付きクレジットカードの実力は? 補償と安さを両立させる海外旅行保険の選び方海外旅行保険付きクレジットカードの実力は? 補償と安さを両立させる海外旅行保険の選び方 ただでさえお金のかかる海外旅行ですから、保険料はできるだけ安く抑えたいもの。しかし一般的なルートで加入する海外旅行保険は意外に高く、旅程によっては1万円を超える場合もあります。 そこで思いつくのが、クレジットカード付帯の海外旅行保険で代用することです。補償内容もそ […]
  • 富士火災『海外旅行保険』を徹底分析富士火災『海外旅行保険』を徹底分析 世界有数の保険会社・AIGグループを親会社に持つ富士火災。海外旅行保険は店頭販売型とインターネット契約型があり、他社と同じく店頭販売型のほうが手厚い補償が用意されていますが、海外旅行保険はできるだけ安く済ませたいことから、ここではインターネット型の商品について解説します […]
  • 損保ジャパン日本興亜『新・海外旅行保険【off!(オフ)】』を徹底分析損保ジャパン日本興亜『新・海外旅行保険【off!(オフ)】』を徹底分析 国内大手の損保ジャパン日本興亜が販売する、インターネット完結型の海外旅行保険です。オリコンによる顧客満足度ランキングは第1位と高評を得ており、口コミでも評判です。 具体的にはどんな点が評価されているのか、調べて分かったことをまとめます。 基本情報 […]
  • ジェイアイ傷害火災保険『 t@biho(たびほ)』を徹底分析ジェイアイ傷害火災保険『 t@biho(たびほ)』を徹底分析 『t@biho(たびほ)』は、インターネット専用のリスク細分型海外旅行保険です。販売元のジェイアイ傷害火災保険はJTBとAIGの合弁会社であり、”旅行保険のエキスパート”を掲げています。また『t@biho(たびほ)』は同社店頭販売商品よりも最大で69%OFF(※)で加入 […]
  • AIU保険『海外旅行保険』を徹底分析AIU保険『海外旅行保険』を徹底分析 世界有数の保険会社・AIGグループ傘下のAIUが販売する海外旅行保険です。出発前の持病まで補償する特約が自動でセットされたり、治療・救援費用が無制限になるプランがあったりと、手厚い補償を整えています。 店頭・インターネット契約の両方がありますが、ここではインターネ […]
コンテンツ一覧
海外旅行保険の基礎知識
海外旅行保険の賢い選び方
参考になるデータ
海外旅行保険をもっと知る
保険会社別商品レビュー
総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク