保険会社によって何が違うか? 火災保険比較のポイント

掲載: 

数ある損害保険会社がそれぞれの商品を販売している火災保険。比較検討するにあたって、どんな点を見比べればよいのか、各社の商品において違いが出るポイントを整理しました。

費用保険金の扱いは?

まず補償内容についてですが、火災保険によって補償される内容は、どの保険会社であってもそう違いはありません。

注意したいのは補償のされ方で、片付け費用などを含むいわゆる費用保険金が、基本補償にセットされている場合と、別になっている場合があります。ある保険会社が、火災の損害補償に費用保険金を加えたものを基本補償としている一方、別の保険会社では、費用保険金はオプション扱いになっていることがあるのです。

もちろん、基本補償の内容は保険料に反映されるため、費用保険金のあるなしでどちらが優れているとは言えませんが、保険料の見積もりをする際は、その補償に費用保険金が含まれているのか否かを確かめておかないと、正確な比較はできていないことになります。

全損時の補償額や自己負担額も要チェック

水災の補償は、全損でも保険金額の7割程度までしか支払われない場合がありますが、最近は全額受け取れる商品もありますし、どちらか選べるタイプもあります。水災だけでなく風災、雹(ひょう)災、雪災についても、全損時の保険金額を縮小できるタイプもあります。これもどちらがいいという話ではなく、比較のために、どのような補償になっているのか知っておくべきです。

自己負担額(免責金額)の有無、その設定の可・不可も同様です。

比較のために見積もりを依頼する際は、これらの条件を揃えておかないと、比較が難しくなります。物件の条件を同じにしておけばいいだろうというのではなく、補償内容の細かな点をチェックして、比べましょう。

さまざまな割引制度・付帯サービスも参考程度に

リスク細分型保険の割引制度を確認

最近、被保険者ごとの細かな条件の違いを保険料に反映するリスク細分型の保険が、自動車保険などでトレンドになっています。火災保険にも、リスク細分型の考え方にもとづいた商品が出てきており、結果、さまざまな形の保険料割引制度が存在します。

以下にその例を挙げました。

オール電化割引 キッチンや空調などをオール電化にしている(ガスを使用していない)場合
防災機器割引 火災報知器やスプリンクラーなどの防災機器を取り付けている場合
耐火性能割引 外壁が所定の耐火性能をもつ場合
ノンスモーカー割引 世帯に喫煙者が誰もいない場合
発電システム割引 太陽光発電システムを取り付けている場合
ホームセキュリティ割引 保険会社指定のホームセキュリティを導入している場合
新築割引 新築(おおむね築5年以内)の場合
ネット申込割引 インターネットからの申込の場合

※実際の割引名称や細かな条件は保険会社によって異なります。

保険会社によって詳しい内容や割引率は異なりますが、おおむね条件に応じて、2~10%程度の割引が適用されますので、保険選びの際は意識しておくとよいでしょう。

あるとちょっと嬉しい付帯サービス

保険会社が、保険加入者に対してさまざまなサービスを提供していることがあります。これは特約とは異なり、保険契約者であれば無料で利用できるものです。ラインナップは保険会社によって異なりますが、たとえば以下のようなものが挙げられます。

  • 水まわりのトラブル対応
  • 鍵のトラブル対応(鍵開け・修理・交換など)
  • 医療関連サポート(電話相談、医療機関の紹介など)
  • 事故防止サポート(防災器具、防犯設備のアドバイスなど)
  • 法律、税務相談サービス
  • 建築物の調査・修理サービス
  • ベビーシッター派遣・介護事業者の紹介

もちろん、主役は保険ですので、付帯サービスの内容を基準に商品選びをするのは本末転倒です。しかし、同じ補償内容・保険料であれば、最後に選ぶ決め手は付帯サービスの有無になってもいいでしょう。付帯サービスの情報は公式サイトやパンフレットで紹介されています。

スポンサーリンク

2017年プロのFPと保険代理店が本音で評価!

火災保険人気ランキング
火災保険のプロがおすすめする 『2016-2017年の火災保険人気ランキング』
マイホームを守るのに欠かせない火災保険ですが、その内容は意外に複雑……。そこで、保険に詳しいプロのFPと、火災保険を取り扱っている保険代理店の職員に、しがらみなしで本気で入りたい(または入っている)保険を挙げてもらい、ランキングにしてみました![...]

関連記事

  • 自分にぴったりの商品を探せる「火災保険選びの5STEP」自分にぴったりの商品を探せる「火災保険選びの5STEP」 火災保険の中から、自分に合った商品を選ぶには比較検討することが重要ですが、比較に先立って、火災保険の基本的な仕組みを理解しておくことと、自分にとっての重要事項を整理しておくことが必要です。ここでは火災保険選びの手順をまとめました。STEP1 保険の目的をはっきりさせる火災保険は […]
  • 長期 vs 短期! 火災保険はどちらで契約するのがいい?長期 vs 短期! 火災保険はどちらで契約するのがいい? 火災保険の契約期間について考えてみましょう。火災保険は長期で契約するほど、保険料は割り引かれるため、お財布的には得をすると言えます。では、長期契約は短期契約よりも常に優れているのでしょうか?契約期間とそのメリット・デメリットを整理しました。《メリット》長期契約で保険料が20~3 […]
  • 知っておきたい火災保険の保険料を安くするテクニック知っておきたい火災保険の保険料を安くするテクニック どうせ入るなら、少しでも保険料は安くしたいものです。そのために、各社に見積もりをとって比較するのはもちろんですが、どうすれば保険料を抑えることができるのかも知っておきましょう。 定期的な見直しで古い補償を発見する 火災保険は住まいがある限り入り続けるものです。しかし最初 […]
  • プロFP&保険代理店の職員20人が本音で評価!火災保険人気ランキング2016-2017プロFP&保険代理店の職員20人が本音で評価!火災保険人気ランキング2016-2017 マイホームを守るために欠かせない火災保険ですが、その中身は意外に複雑で、商品の見極めが難しい商品です。そこで、保険に詳しいプロのFPや、火災保険を販売している保険代理店の職員に「しがらみなしに本音で評価するならどの保険を選ぶのか?」を調査してみました。人気ランキングという形 […]
  • 建物・家財の適切な補償額はどれくらい?建物・家財の適切な補償額はどれくらい? 火災保険の、補償額の決め方を考えてみましょう。生命保険の場合、支払事由を満たす限り、あらかじめ設定された保障額(保険金額)を受け取ることができます。対して、火災保険などの損害保険は、原則として、発生した損害額を実費で補償します。契約時に設定する補償額とは、その上限ということにな […]
コンテンツ一覧
火災保険の基礎知識
火災保険が出る時、出ない時
火災保険の賢い選び方
火災保険の手続きや税金
火災保険の商品別レビュー
総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク