明治安田生命の「年金かけはし」を徹底分析

掲載: 

明治安田生命の個人年金保険です。保険料払込期間(10年~40年)と、保険料の払込が終わってから年金受取を開始するまでに据置期間(1年~5年)を設定できます(設定しないことも可能です)。

契約できる年齢は、年金受取開始年齢で異なりますが0歳~70歳で告知は不要です。ですから、健康に不安がある人、中高年の人も自分年金作りができます。年金の受け取り方法は、5年確定年金、10年確定年金、一括受取の3種類から選べます。

この年金保険の特徴は、高めの返戻率を実現していることです。据置期間を長くすることで、返戻率はさらに上がります。

基本情報

詳細
契約可能年齢 0歳~70歳
払込回数 月払・年払
払込方法 口座振替
保障内容 5年・10年確定年金
払込期間中に死亡した場合、死亡給付金(払込保険料相当額)
おもな特約

保険料・返戻率例

契約者 年金開始年齢 月払保険料 払込総額 年金額 返戻率
男性20歳 60歳 2万円 960万円 119万3,000円 124.2%
女性20歳 60歳 2万円 960万円 118万9,000円 123.9%
男性30歳 65歳 2万円 840万円 101万3,000円 120.6%
女性30歳 65歳 2万円 840万円 101万円 120.2%
男性40歳 65歳 2万円 600万円 68万円 113.4%
女性40歳 65歳 2万円 600万円 67万9,000円 113.3%

※据置期間なし、10年確定年金の場合

ここに注目!

返戻率が高め。据置期間を長くすると返戻率が上がる

高めの返戻率を実現した個人年金保険です。据置期間を長くすると、返戻率が上がります。例えば、20歳で加入・月払保険料は2万円・据置期間5年・60歳年金受取開始・10年確定年金の場合、返戻率は男性127%、女性126.8%です。

知っておきたい

保険料払込免除の仕組みない

個人年金保険のなかには、保険料払込期間中に所定の障害状態などになった場合、以後の保険料の払込は免除されて年金は契約通りに受け取れる商品もあります。この商品は、この保険料払込免除の仕組みがないため、障害状態などになっても、保険料の払込は継続します。保険料の払込が困難で中途解約すると、経過年数によりますが、元本割れする可能性が高いでしょう。

なお、同社の個人年金保険「年金ひとすじ」は保険料払込免除の仕組みが導入されています。

個人年金保険料控除を受けるには条件がある

この保険は個人年金保険料控除が受けられると謳われていますが、条件を満たさない契約は受けられないので要注意です。控除を受けるには「個人年金保険料税制適格特約」が付いていることが条件で、下記の4つをすべて満たす必要があります。

  • 年金受取人が契約者(保険料を払う人)またはその配偶者のいずれかであること
  • 年金受取人は被保険者と同一人であること
  • 保険料払込期間は10年以上であること(一時払は不可)
  • 年金の種類が確定年金の場合は、年金開始日における被保険者の年齢が60歳以上で年金受取期間が10年以上であること

つまり、保険料払込期間は10年以上、年金受取開始は60歳以上、10年確定年金にしないと控除は受けられないということです。

自動振替貸付制度は適用されないので保険料はきちんと払って

保険料は毎月、決められた日に払い込む必要がありますが(自動引き落としでも可)、うっかり忘れた、口座残高が不足していて引き落とされないことがあります。そんな場合は、猶予期間内(月払の場合は、払込期月の翌月1日から末日まで)に払い込めば契約は継続します。猶予期間内に払い込めなかった場合でも、自動振替貸付制度が適用されて解約返戻金があるうちは契約が継続するのが一般的です。しかし、この商品にはこの制度が適用されないので、猶予期間を過ぎてしまうと失効してしまいます。ですから、保険料はきちんと払いましょう。

また、この保険は契約者貸付制度も適用されないので、お金が足りないときは保険から借りられるという考えは通用しません。

全体を通して

この商品の返戻率は、最近の個人年金保険としては高い水準と言えます。ただし、低金利の影響で保険の貯蓄性の良し悪しを判断する予定利率が引き下げられた後の返戻率も高水準か見極める必要があります。

定額型の個人年金保険は、この商品に限らず、低い金利が固定されることになります。保険料の払込は長くなるのが一般的で、低い金利を長期間にわたって固定することは得策とは言えません(今後、さらに金利が低くなるなら話は別ですが)。

老後の公的年金が不安で自力で老後資金を作るのはいいのですが、その手段が個人年金保険である必要はありません。他の金融商品も含めて、利用する商品を検討すべきでしょう。

なお、同社には、同じ個人年金保険として「年金ひとすじ」、災害保障付積立保険「じぶんの積立」があります。同社の保険で積み立てたいなら、どの商品がニーズに合うか比較検討しましょう。

公式サイトはこちら

スポンサーリンク

2017年老後のための最も貯金しやすい保険はどれ?

個人年金保険人気ランキング
個人年金保険人気ランキング2016-2017|利率の高いおすすめ個人年金の探し方
個人年金保険のおすすめランキングを作成しました。受け取れる年金総額に対する、払込み保険料総額の割合、いわゆる「返戻率」を基準にランキングしているので、ぜひ保険選びの参考にしてください。[...]

関連記事

  • 太陽生命の「保険組曲Best 総合年金リレープラン」を徹底分析太陽生命の「保険組曲Best 総合年金リレープラン」を徹底分析 太陽生命では、「保険組曲Best」というブランド名で、さまざまな保険を組み合わせてカスタマイズする総合的な保険を販売しています。個人年金保険は単体で加入することはできず、「生活応援保険」または「働けなくなったときの保険」をセットし、「総合年金リレープラン」として販売しています。 […]
  • ソニー生命の「個人年金保険」を徹底分析ソニー生命の「個人年金保険」を徹底分析 (注)この商品は現在、販売休止中です。以下は休止前の情報になります。 ソニー生命の個人年金です。確定年金もしくは終身年金で、運用実績によって配当がつけばそのぶん増額されるという、ベーシックな個人年金保険です。ソニー生命では、各種保険の保障プランは個別に担当者が設計してくれ […]
  • 東京海上日動あんしん生命の「個人年金保険」を徹底分析東京海上日動あんしん生命の「個人年金保険」を徹底分析 (注)この商品は現在、販売休止中です。以下は休止前の情報になります。 東京海上日動あんしん生命の個人年金です。2015年7月の改訂で、それまであった払込み期間中5年ごとの配当がなくなってしまったほか、もともとの返戻率が下がってしまいました。改訂前は、年齢によっては120% […]
  • アフラックの「個人年金保険」を徹底分析アフラックの「個人年金保険」を徹底分析 (注)この商品は現在、販売休止中です。以下は休止前の情報になります。 アフラックの個人年金です。ベーシックな個人年金保険ですが、運用実績によって配当がつき、年金が増額されるタイプになっています。受け取り開始年齢を繰り下げることで、据え置き期間をつくり、返戻率を上げることも […]
  • 個人年金保険の加入者掛け金の相場。みんな月々いくら掛けてる?個人年金保険の加入者掛け金の相場。みんな月々いくら掛けてる? 個人年金保険に入っている人は、いくらくらいの保険料を掛けているのでしょうか? 老後資金の必要額を見積もったうえで、その不足分を個人年金などで用意するのが本来です。 […]
コンテンツ一覧
老後のための貯蓄方法と比較
個人年金を徹底解剖
老後の公的年金&生活を考える
保険会社別商品レビュー
総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク