ソニー生命の「個人年金保険」を徹底分析

掲載: 

(注)この商品は現在、販売休止中です。以下は休止前の情報になります。

ソニー生命の個人年金です。確定年金もしくは終身年金で、運用実績によって配当がつけばそのぶん増額されるという、ベーシックな個人年金保険です。ソニー生命では、各種保険の保障プランは個別に担当者が設計してくれます。個人年金の場合も、払込み期間や受取開始年齢など、個別のプランを設計してもらう形になるでしょう。同社では、いろいろな特約を組み合わせてカスタマイズするケースも多いですが、個人年金保険に関しては特に特約はありません。

基本情報

詳細
契約可能年齢 20歳~55歳
払込回数 月払・半年払・年払
払込方法 口座振替・カード払
保障内容 5年・10年・15年確定年金 +運用実績により増額年金あり 払込期間中に死亡した場合、死亡給付金(払込保険料相当額)
おもな特約 指定代理請求特約など

保険料・返戻率例

契約者 年金開始年齢 月額保険料 払込総額 年金額 返戻率
男性30歳 60歳 2万8,104円 1,011万7,440円 120万円 118.6%
女性30歳 60歳 2万8,140円 1,013万400円 120万円 118.5%
男性40歳 60歳 4万4,640円 1,071万3,600円 120万円 112.0%
女性40歳 60歳 4万4,652円 1,071万6,480円 120万円 112.0%

※10年確定年金の場合

メリット

払込み免除つきで、障害状態になった場合は保険料が免除

この商品は保険料払込免除がついています。所定の高度障害状態・身体障害の状態になれば、以後の保険料は不要になります。また、それとは別に、保険料が特に高額なった場合は、割り引かれる特則もあり、保険料の負担に配慮された内容になっています。

デメリット

加入にあたって担当者との相談などが面倒

この商品固有のデメリットというわけではありませんが、ソニー生命の特徴として、担当者が個別のプランニングを手掛けてくれるというのがあります。じっくり相談したい人には良いのですが、通販型の保険のように気軽に、簡単に済ませることはできません。

公式サイトはこちら

スポンサーリンク

2017年老後のための最も貯金しやすい保険はどれ?

個人年金保険人気ランキング
個人年金保険人気ランキング2016-2017|利率の高いおすすめ個人年金の探し方
個人年金保険のおすすめランキングを作成しました。受け取れる年金総額に対する、払込み保険料総額の割合、いわゆる「返戻率」を基準にランキングしているので、ぜひ保険選びの参考にしてください。[...]

関連記事

  • 三井住友海上あいおい生命の「&LIFE個人年金保険」を徹底分析三井住友海上あいおい生命の「&LIFE個人年金保険」を徹底分析 三井住友海上あいおい生命の個人年金保険です。年金のタイプは5年・10年・15年確定年金と、10年保証期間付終身年金の中から選べます。いずれも、運用成績によっては増加年金が加算される可能性があります。基本的な内容の個人年金と言えますが、細かな点を見ていくと払込免除がない、死亡給付 […]
  • 日本生命の「GranAge(グランエイジ)」を徹底分析日本生命の「GranAge(グランエイジ)」を徹底分析 日本生命の個人年金です。「長寿生存保険」を謳い、長生きした場合の生活費の保障(生存リスク)を重視したものになっています。そのため、基本は終身年金で、解約返戻金・死亡返戻金を抑えることで、年金額を確保するという仕組みです。 通常、個人年金保険は払込期間中に死亡すると払込相当 […]
  • アフラックの「個人年金保険」を徹底分析アフラックの「個人年金保険」を徹底分析 (注)この商品は現在、販売休止中です。以下は休止前の情報になります。アフラックの個人年金です。ベーシックな個人年金保険ですが、運用実績によって配当がつき、年金が増額されるタイプになっています。受け取り開始年齢を繰り下げることで、据え置き期間をつくり、返戻率を上げることも可能です […]
  • 明治安田生命の「年金かけはし」を徹底分析明治安田生命の「年金かけはし」を徹底分析 明治安田生命の個人年金です。同社には他に「年金ひとすじ」という個人年金商品があり、大きな違いとしては、「ひとすじ」には払込免除の仕組みがあることです。「かけはし」には払込免除がないのですが、そのぶん、「かけはし」のほうが返戻率は高く、年金受取開始を遅らせる据置期間を設定すること […]
  • 個人年金保険の加入者掛け金の相場。みんな月々いくら掛けてる?個人年金保険の加入者掛け金の相場。みんな月々いくら掛けてる? 個人年金保険に入っている人は、いくらくらいの保険料を掛けているのでしょうか? 老後資金の必要額を見積もったうえで、その不足分を個人年金などで用意するのが本来です。 […]
総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク