住友生命の「たのしみワンダフル」を徹底分析

掲載: 

住友生命の個人年金です。住友生命には、いくつか個人年金商品がありますが、こちらが年金額を重視したものになります。受け取る年金は5年・10年・15年いずれかの確定年金です。また、年間の受け取り回数を「1回」「2回」「4回」「6回」「12回」から選ぶこともできます。年金の受け取り開始年齢は最長85歳まで、1歳刻みで選べますので、払込み済み後、受け取り開始年齢までの間を開け、据え置き期間を設けることで受け取れる年金額を増やすことも可能です。

基本情報

詳細
契約可能年齢 0歳~75歳
払込回数 月払・半年払・年払
払込方法 口座振替・カード払
保障内容 5年・10年・15年確定年金
払込期間中に死亡した場合、死亡給付金(払込保険料相当額)
おもな特約 保険料払込免除、指定代理請求特約など

保険料・返戻率例

契約者 年金開始年齢 月額保険料 払込総額 年金額 返戻率
男性20歳 60歳 2万円 960万円 121万9,600円 127.0%
女性20歳 60歳 2万円 960万円 121万5,000円 126.5%
男性30歳 60歳 2万円 720万円 85万3,600円 118.5%
女性30歳 60歳 2万円 720万円 85万2,200円 118.3%
男性40歳 60歳 2万円 480万円 53万3,400円 111.1%
女性40歳 60歳 2万円 480万円 53万3,400円 111.1%

※据え置き期間はなしの場合

メリット

据え置き期間を設けることで、さらに返戻率を高められる

保険料払込満了後、年金受取開始年齢を遅くして据え置き期間を設けることで、受け取る保険料を増額できます。保険料払込期間自体も、短期払いにすることで、据え置き期間をさらに広くとることができますので、支払いの余裕さえあれば返戻率はさらに高めることができるでしょう。

デメリット

保険料の払込免除は特約扱い

所定の要介護状態になったときの払込み免除のしくみがありますが、特約であり、標準では付加されていません。特約をつけると、保険料は少しあがり、結果として返戻率は下がってしまうことになります。

公式サイトはこちら

スポンサーリンク

2017年老後のための最も貯金しやすい保険はどれ?

個人年金保険人気ランキング
個人年金保険人気ランキング2016-2017|利率の高いおすすめ個人年金の探し方
個人年金保険のおすすめランキングを作成しました。受け取れる年金総額に対する、払込み保険料総額の割合、いわゆる「返戻率」を基準にランキングしているので、ぜひ保険選びの参考にしてください。[...]

関連記事

  • 老後の医療費はどれくらいかかる?老後の医療費はどれくらいかかる? 老後資金を考えるうえで、老後の生活にはどのくらいお金がかかるのか?という予測が必須になってきます。 […]
  • 自営業の老後のための年金活用術自営業の老後のための年金活用術 公的年金は、会社員の人と、自営業の人とで違いがあります。すべての人が加入している国民年金に加え、会社員の人は厚生年金がありますが、自営業の人は国民年金だけが公的年金。厚生年金のぶん、もらえる額は少ないのですから、不安に思う人も多いでしょう。 […]
  • ソニー生命の「個人年金保険」を徹底分析ソニー生命の「個人年金保険」を徹底分析 (注)この商品は現在、販売休止中です。以下は休止前の情報になります。 ソニー生命の個人年金です。確定年金もしくは終身年金で、運用実績によって配当がつけばそのぶん増額されるという、ベーシックな個人年金保険です。ソニー生命では、各種保険の保障プランは個別に担当者が設計してくれ […]
  • 個人年金保険の加入者掛け金の相場。みんな月々いくら掛けてる?個人年金保険の加入者掛け金の相場。みんな月々いくら掛けてる? 個人年金保険に入っている人は、いくらくらいの保険料を掛けているのでしょうか? 老後資金の必要額を見積もったうえで、その不足分を個人年金などで用意するのが本来です。 […]
  • 個人年金保険とは? 個人年金の種類とメリット・デメリット個人年金保険とは? 個人年金の種類とメリット・デメリット 個人年金保険は、保険商品としては比較的シンプルなほうです。ですが死亡保険や医療保険とは性質が異なりますので、耳慣れない用語が出てくることも。 個人年金保険の基本について、おさらいしましょう。 […]
コンテンツ一覧
老後のための貯蓄方法と比較
個人年金を徹底解剖
老後の公的年金&生活を考える
保険会社別商品レビュー
総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク