東京海上日動あんしん生命の「個人年金保険」を徹底分析

掲載: 

(注)この商品は現在、販売休止中です。以下は休止前の情報になります。

東京海上日動あんしん生命の個人年金です。2015年7月の改訂で、それまであった払込み期間中5年ごとの配当がなくなってしまったほか、もともとの返戻率が下がってしまいました。改訂前は、年齢によっては120%近くになる非常に優秀な個人年金だったので、返戻率の低下が惜しまれます。

年金は受取期間を5年・10年・15年から選ぶことができる確定年金で、受け取り開始年齢は最高85歳まで遅らせることができるため、老後資金の計画などにフレキシブルに組み込みやすいよう配慮されています。

基本情報

詳細
契約可能年齢 25歳~49歳
払込回数 月払・半年払・年払
払込方法 口座振替・カード払
保障内容 5年・10年・15年確定年金
払込期間中に死亡した場合、死亡給付金(払込保険料相当額)
おもな特約 指定代理請求特約など

保険料・返戻率例

契約者 年金開始年齢 月額保険料 払込総額 年金額 返戻率
男性20歳 60歳 2万円 840万円 90万2,520円 107.4%
女性20歳 60歳 2万円 840万円 90万3,760円 107.6%
男性30歳 60歳 2万円 720万円 76万8,040円 106.7%
女性30歳 60歳 2万円 720万円 76万8,940円 106.8%
男性40歳 60歳 2万円 480万円 50万7,220円 105.7%
女性40歳 60歳 2万円 480万円 50万7,740円 105.8%

※10年確定年金の場合

メリット

告知や医師の診査が必要なく、誰でも入れる

いわゆる無選択型の保険で、加入するのに健康状態の告知や医師の診査を必要としません。通販で加入することもできるので、入るための手続きはかなり簡単な保険と言えます。

デメリット

保険料の払込免除がない

この商品には、いわゆる払込免除のしくみがありません。払込期間中に高度障害状態などになったとしても、所定の年金額を受け取るためには今までどおりの支払いを続ける必要があります。

スポンサーリンク

2016年老後のための最も貯金しやすい保険はどれ?

個人年金保険人気ランキング
個人年金保険人気ランキング2016|利率の高いおすすめ個人年金の探し方
個人年金保険のおすすめランキングを作成しました。受け取れる年金総額に対する、払込み保険料総額の割合、いわゆる「返戻率」を基準にランキングしているので、ぜひ保険選びの参考にしてください。[...]

関連記事

  • アフラックの「個人年金保険」を徹底分析アフラックの「個人年金保険」を徹底分析 アフラックの個人年金です。ベーシックな個人年金保険ですが、運用実績によって配当がつき、年金が増額されるタイプになっています。受け取り開始年齢を繰り下げることで、据え置き期間をつくり、返戻率を上げることも可能です。 基本情報 詳細 契約可能年齢 2 […]
  • 明治安田生命の「年金かけはし」を徹底分析明治安田生命の「年金かけはし」を徹底分析 明治安田生命の個人年金です。同社には他に「年金ひとすじ」という個人年金商品があり、大きな違いとしては、「ひとすじ」には払込免除の仕組みがあることです。「かけはし」には払込免除がないのですが、そのぶん、「かけはし」のほうが返戻率は高く、年金受取開始を遅らせる据置期間を設定 […]
  • 個人年金保険の加入者掛け金の相場。みんな月々いくら掛けてる?個人年金保険の加入者掛け金の相場。みんな月々いくら掛けてる? 個人年金保険に入っている人は、いくらくらいの保険料を掛けているのでしょうか? 老後資金の必要額を見積もったうえで、その不足分を個人年金などで用意するのが本来です。 […]
  • 個人年金保険とは? 個人年金の種類とメリット・デメリット個人年金保険とは? 個人年金の種類とメリット・デメリット 個人年金保険は、保険商品としては比較的シンプルなほうです。ですが死亡保険や医療保険とは性質が異なりますので、耳慣れない用語が出てくることも。 個人年金保険の基本について、おさらいしましょう。 […]
  • 日本生命の「GranAge(グランエイジ)」を徹底分析日本生命の「GranAge(グランエイジ)」を徹底分析 日本生命の個人年金です。「長寿生存保険」を謳い、長生きした場合の生活費の保障(生存リスク)を重視したものになっています。そのため、基本は終身年金で、解約返戻金・死亡返戻金を抑えることで、年金額を確保するという仕組みです。通常、個人年金保険は払込期間中に死亡すると払込相当額が返戻 […]
総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク