プロフィール

ajisaka

鯵坂 亮について

サラリーマン経験から、忙しい日々の暮らしに追われてお金や保険のことを知らずに過ごしてしまう人の悩みがわかります。

生保営業の経験からは「キチンとしたい気持ちがあるものの、保険の仕組みを理解するのはとても面倒であること」が理解できます。

恥ずかしながら社会保険労務士試験に4回も挑戦して全敗した経験から「社会保険や年金など国の各種制度の分かりにくさと重要性」を理解できました。

これらの経験をフルに生かして「身になるライフプラン学」を追究してゆきます。

HP:ライフプラン工房

多様化する保険の販売チャネル。消費者にメリットはあるのか?

4589b40b9674046e4f434d827cb5dfb4_s

4月の初めに携帯電話のauが保険販売と住宅ローン事業を開始しました。

携帯各社 保険商品拡充 スマホとセットで利用者囲い込み

《要約》携帯電話大手がスマホを使った金融サービスの提供を拡大中。auは4月5日から、スマホで契約できる生命保険や損害保険、住宅ローンの取り扱いを始める。ソフトバンクはスマホなどで契約できる海外旅行保険や「ペットほけん」も販売しており、ドコモは今年夏ごろに生命保険の取り扱いを始める予定とのこと。携帯市場は激しい競争が続いており、契約期間の長い生保などの金融商品をスマホの契約と組み合わせることで、利用者の囲い込みを図る狙いがある。

auといえば、私は「ツーカーセルラー東京」時代から20年以上継続している長期ユーザーです。その間、他社からの乗り換えキャンペーン攻勢を聞き流し、携帯のみならずPC通信環境をauの光通信に変え、さらに固定電話2回線も同社の光電話に変えました。長期間にわたり、しかも携帯以外のサービスも含めて契約継続している理由は、長年の付き合いで特にトラブルが無かったことと、多種目契約のセット料金等による通信総コストの削減です。

そのauがこの4月から「保険」を始めたというので地元の販売店を訪ねてみると「お客さまの生活をもっと豊かにする様々なサービスを提供」と謳われたパンフレットを渡されました。

続きを読む

保険は「目に見えぬ商品」。CMのイメージに捉われない消費者になるには?

By: Alan Levine

先日、法律の専門家が違法なセールストークを使っていたという悲しいニュースを目にしました。

アディーレ法律事務所に措置命令 過払い金めぐる宣伝

《要約》アディーレ法律事務所が消費者に誤解を与える宣伝を行っていたとして、消費者庁は「景品表示法違反」で措置命令を下した。 当法律事務所は、消費者ローンの過払い金返還請求手続きの宣伝に関して、事実と異なる「期間限定キャンペーン」を長期間提示していたという。(2月16日朝日新聞デジタル)

消費者金融利用者などの過払い金請求(・・の代理業務)は、弁護士や司法書士にとってここ数年の重要なマーケットであるらしく、テレビやラジオでも激しいアピール競争が目立っていました。最近はずいぶん品の無いCMだなと思うものも散見されて、嫌な感じと思っていた矢先のニュースでした。

続きを読む

一部の粒子線治療が保険適用に。多様化するガン治療の現状にフィットするガン保険とは?

By: Presidencia de la República Mexicana

先日、厚生労働省が認める高度先進医療のひとつが、あらたに健康保険が適用されると報道されました。

小児がんや骨軟部腫瘍の粒子線治療に4月から保険適用(日本経済新聞)

《要約》厚生労働相の諮問機関、中央社会保険医療協議会が「がん粒子線治療」のうち小児がんの陽子線治療と骨軟部腫瘍の重粒子線治療に公的医療保険を適用すると決めた。

続きを読む

旅行保険は海外旅行の必需品? 海外で起こり得るアクシデントと旅行保険の機能を再確認

By: Elizabeth M

日本のメディアではあまり報道されないのが不思議ですが、パリの同時多発テロの後も、各地でテロによる犠牲が止まりません。11月24日にエジプトで7人死亡、チュニジアでも15人死亡、そして27日にナイジェリアでも自爆テロがあり、21人が死亡しています。

そうした流れを受けて、アメリカ国務省が海外旅行に関して警告を発しました。

続きを読む

増え続ける日本の空き家問題、他人事ではなくなりそうです

By: TANAKA Juuyoh (田中十洋)

近年日本では少子化などを背景に空き家が増え続けており、平成25年住宅・土地統計調査 特別集計によれば、全国の空き家の総数は820万戸、総戸数に占める割合は13.5%だそうです。820万戸のうち318万戸が「長期間にわたって住民不在の住宅」や「建て替えのために取り壊すことになっている住宅」であり、この中には老巧化して近隣住民のリスクとなり得る建物が相当数含まれていると考えられます。

続きを読む

自然災害の増加で火災保険料の値上げ傾向は続く?

a0002_004758

台風なみに発達したいわゆる「爆弾」低気圧が日本列島を襲い、各地に暴風雨の被害をもたらしました。トラックが横倒しになり、民家の屋根が吹き飛び、電信柱が倒れ、河川が氾濫しました。またその3週間前には茨城県で鬼怒川の堤防が決壊し、多くの犠牲者が出てしまいました。そしてまだしばらくは台風の発生に注意すべき季節が続きます。

ここ数年の日本では台風や突風や集中豪雨などの自然災害の威力が増し、被害も大きくなっていると感じる人も多いことでしょう。
風水害の被害が大きく膨らめば、その損害を補償している損害保険会社の保険金支払いも膨らむことになります。そうした事情から、この10月1日に火災保険の保険料が値上げとなりました。 続きを読む

老後資金をどう備える? 終わらない年金問題から考える個人(自分)年金の見極め方

800617f752f0a3f002065666c7ea3828_s

公的年金を運営する日本年金機構への批判が止まず、「組織としてまとまりがなく、現場と幹部の間の意思疎通が出来ていない」との見解が述べられたという報道がありました。「こんなことで私たちの年金は大丈夫なの?!」という不安が募るのは当然です。

続きを読む