Category Archives: 生命保険

「ノーリタイヤ&公的年金を増やす工夫」は人生100年時代を生き切るための両輪!!

c47605cefcee4633f60fd85908cf025d_s

2017年9月、国は「人生100年時代構想会議」を設置、人生100年時代を見据えた経済・社会システムを実現するための政策のグランドデザインに係る検討を行い始めました。少し遅いような気はしますが、超長寿を前提にした国のシステムを構築しようという姿勢は評価できます。

一方、個々人も、厚生年金に加入したり年金を繰り下げたりして、長生きに備え始めたようです。ただ、その一輪だけでは人生100年時代を生き切ることは難しいと思われます。そこで、ノーリタイヤ(生涯現役)をもう1つの車輪として、両輪で臨むことを提案します。

続きを読む

生命保険会社は健康応援企業に変貌していくのか

76bb863a1ef4ef689366c636ec0b7214_s

以下は、今年3月29日に損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社(以下「SJNKひまわり生命」)が発表したもので、「リンククロス じぶんと家族のお守り」という名称の保険商品の保障内容と、それに付帯するサービスの内容について紹介しています。

その中で、契約の途中で保険料の引下げが可能となる新しいサービスが発表されています。

続きを読む

2018年の生命保険事情はどうなる?これからの保険の選び方

保険料仕組み

日本の長寿化に伴い、2018年から生命保険の保険料が全面的に変わることが予想されます。

生保、死亡保険料下げ 長寿化受け11年ぶり

《要約》生命保険各社が2018年4月にも、死亡保障など主力商品の保険料を全面改定する見通しだ。平均寿命の延びを映し、「標準死亡率」を算定団体が11年ぶりに下げるため。各社はこれを参考に保険料を決める。10年定期の死亡保険料は5~10%程度下がる見込みで、利益を契約者に還元する。逆に長生きがコスト増要因となる医療保険は一部値上げの可能性もある。

続きを読む

トンチン保険は超高齢社会にどれくらい役立つか?

a28f3edf4bfede6c296babb7232a702c_s

「人生100年時代」が現実のものとなりつつあります。長生きするのはいいのですが、老後資金が用意できるか心配です。そんな長寿時代の資金準備ニーズに応えて、長生きするほどおトクなトンチン保険が4つ登場しました。どれくらい役に立つのでしょうか?

「トンチン年金」長寿の味方

《要約》平均寿命を超えて長生きしても困ることがないよう商品設計された「トンチン年金」と呼ばれる商品が生命保険会社から相次ぎ売り出されている。死亡したり、解約したりした人への払戻金を少額に抑え、その分を長生きした人の年金に回す仕組みだ。公的年金の上乗せとして加入を検討する人が増えているという。

続きを読む

住宅ローン用団信の契約時に注意すべき「告知」の大切さ

Fotolia_78621346_XS

ご自宅の購入を検討している方は既にご存知と思いますが、この10月に住宅金融支援機構の住宅ローン【フラット35】が「団体信用生命保険付き」を標準とするように改定されました。

【フラット35】2017年10月の制度変更事項のお知らせ
http://www.flat35.com/topics/topics_20170804.html

団体信用生命保険(団信)とは、住宅ローン契約者が死亡するなど万一の場合に保険金によって債務を完済する保障制度です。これまではローン返済金とは別に保険料を毎年支払う方式でしたが、この度の改定で団信の組み込まれたローンがスタートしたのです(団信無しの選択も可能)。

続きを読む

生命保険信託で保険金を残す人の心配を軽減できる!

a0002_003051

生命保険に加入するのは、死亡保険金を遺族(保険金受取人)の生活のために使ってもらうことも、目的の1つです。しかし、受取人が幼児、認知症患者、知的障害者で保険金の管理能力が不安な場合、どんな使い方をされるか心配ですよね。そんな心配を軽減できるのが生命保険信託です。

まだ新しいサービスなので、馴染みはないでしょうけれど、今後、ニーズが高まっていくと思われます。どんな仕組みが知っておきましょう。

続きを読む