Category Archives: 就業不能保険

「フリーランス失業保険」が2018年度にスタートするって本当?

a0008_001857

政府がフリーランスの失業や出産の際の所得補償となる団体保険の創設を提言したとの報道がありました。政府が進める「働き方改革」とも相まって、今後増える可能性のあるフリーランサーを支援する目的のようですが、保険として「本当にできるの?」と疑問が残ります。

続きを読む

疾病保障付の団信と就業不能保険、優先するのはどっち? 賢い使い分けを考える

%e8%a1%a81

以前、家族の入院で病院に出入りした際に、同室にちょうど働き盛りの40才前半の男性が入院中で、休日になると妻と小学生の子どもが面会に来ている光景を何度も拝見したことがあります。ベッドには千羽鶴が飾ってあり、快復を願うみんなの想いを感じたしだいです。

彼も辛いでしょうが、彼のご家族は、どんな暮らしをしているのでしょうか? 収入は確保できているのでしょうか? 会社員なら傷病手当金はありますが、それも最長1年半のみ、障害年金の対象になって受け取れるならいいですが・・・。住宅ローン残高はあるのかしら?など、私の妄想はキリがありませんでした。

こうした入院に限らず、通院、自宅療養、リハビリなどで、医療費支出増だけでなく、収入減に直面したら、今の生活を維持できるかどうか、多くの人にとって気になることでしょう。

続きを読む

就業不能保険が急増?! 現役時代の第三の保険になるか?!

a28f3edf4bfede6c296babb7232a702c_s

生命保険の就業不能保険は、ジャンルとしては昔からありましたが、目ぼしい商品がない時期が長らく続いていました。2010年にライフネット生命が「働く人への保険」を販売開始してから、2012年に東京海上日動あんしん生命が「家計保障定期保険 就業不能保障プラン」を、2015年に住友生命が「Wステージ 未来デザイン 1UP」を発売と徐々に増え始め、2016年に太陽生命が「働けなくなったときの保険」、アフラックが「給与サポート保険」、チューリッヒ生命が「くらすプラス」を発売し、ようやく1つの商品ジャンルとしてかたまりつつあります。

今後も、同種の保険・特約が増えるかどうかはわかりませが、現在、発売されている6商品のスペックとチェックポイントをまとめました。

続きを読む