生命保険総合ランキング2016-2017|カテゴリ別に返戻率・保険料で比較

掲載: 

たくさんある生命保険商品のなかから、どれを選ぶのかは難しい問題です。

ひとつ言えるのは、ただ単に「よく名前を聞くから」とか、「ネットのランキング記事で上位になっていることが多いから」といった、漠然とした印象だけではなく、自分なりの基準を持ったほうがいいということです。生命保険と一口に言っても、終身保険・定期保険・収入保障保険があり、それぞれ入る目的も違いますから、選ぶポイントも異なってきます。

そこで当サイトでは、各生命保険のカテゴリごとに独自の視点でランキングを作成しました。2017年の最新情報も含んで集計していますので、保険選びに役立てていただけると幸いです。

終身保険ランキング

終身保険は、一生涯の死亡保障のほか、老後の資金づくりや、相続対策などに利用する場合もありますし、最近では学資保険の代わりに加入する人もいるなど、使いみちが幅広い保険だと言えるでしょう。万が一のときの保障がメインである一方、解約返戻金による貯蓄機能も備えていることから、支払う保険料のうち、受け取れる解約返戻金に対する割合、いわゆる「返戻率」が重視される傾向が強いです。

ただ、マイナス金利の影響を受け、各保険会社の円建ての終身保険は軒並み返戻率が下がってしまいました。当サイトでランキング上位に入れていた終身保険も今やおすすめとは言えず、円建ての終身保険を取り巻く環境は厳しいものです。

代わりに、円でなく米ドルや豪ドルなど外貨建ての保険が注目されており、それを含んだ終身保険の選び方が変化してきています。このため、終身保険ランキングではなく、円建て・外貨建ての実情を整理するためのページを作りました。

→円建て・外貨建て保険の実情の考察はこちら

定期保険ランキング

定期保険は、一定期間を保障する死亡保険で、解約返戻金があるタイプと、掛け捨てタイプのものがあります。若い時期は、死亡率が低いこともあってお手頃な保険料で加入できますが、更新ができるタイプの場合、更新するたびに保険料が上がっていくので注意が必要です。そのため、子どもが大きくなるまでの間など、一時期だけの死亡保障として利用するケースも見られます。

定期保険を選ぶにあたっては、加入目的に応じた保険期間、保険金額、解約返戻金の有無、付加できる特約などさまざまなポイントがありますが、解約返戻金がないタイプの定期保険を選ぶ際、保険金額や保険期間などの条件がほぼ同一であれば、「保険料の安さ」というのが重要事項となるでしょう。今回は、FPのみなさんに、定期保険商品の評価をしていただきランキングを作成しました。

順位 保険会社・商品名
1位 メットライフ生命 スーパー割引定期
2位 オリックス生命 FineSave[ファインセーブ] 
3位 オリックス生命 Bridge[ブリッジ]
3位 ライフネット生命 かぞくへの保険

※条件の詳細は下記の「詳しいランキングはこちら」をご覧ください。

定期保険の保険料は30歳・男性が保険金1,000万円・保険期間10年で契約した場合、1,000円代が主流。ライフネット生命や、アクサダイレクト生命といったネット生保が、一時、人気でしたが、最近は、「標準体重であるか」「喫煙習慣がないか」などの条件から設定される「健康体割引」を適用すると、ネット生保に限らずさらに保険料が安くなるケースがあります。

→詳しいランキングはこちら

収入保障保険ランキング

収入保障保険は、一定期間中の万が一の場合の保障額を、月額で設定しておくタイプの生命保険です。一定期間を同額の保険金で保障する定期保険とは異なり、保険期間の経過とともに保険金総額が下がっていく仕組みで、亡くなった時期によって受取保険金の総額が変わります。そのため、保険期間と加入直後に亡くなった場合の一括受取金額が同じ場合は、定期保険と比べて保険料がお手頃となっています。

万が一の際の必要保障額は時間の経過とともに減少する傾向にありますから、それに合わせて保険金総額が下がる収入保障保険は合理的だと言えます。

収入保障保険選びは、保障内容と保険料のバランスがキーでしょう。今回はFPのみなさんからご意見をうかがい、ランキングを作成しました。

順位 保険会社・商品名
1位 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命 家族のお守り
2位 三井住友海上あいおい生命 &LIFE収入保障保険
3位 チューリッヒ生命 収入補償保険プレミアム

月額20~25万円程度で、収入保障保険に加入すると、男性30歳で、月額保険料は5~6,000円代になります。この商品は一見、違いがわかりにくいのですが、よく見ていくと、割引や、保障内容にも微妙に差がありますので、できるだけ条件を揃えて比較することが必要です。

→詳しいランキングはこちら

※上記の記事内容は、当サイトの見解です。

スポンサーリンク

2017年定期・終身・収入保障保険選びで迷ったら!

生命保険人気ランキング
生命保険総合ランキング2017|カテゴリ別に返戻率・保険料で比較
生命保険と一口に言っても、終身保険・定期保険・収入保障保険では、それぞれ入る目的も違ってくるため、見るべきポイントも異なります。どんな基準で選べばいいのか? プロFPの意見も参考にしながら、各ジャンルを独自の視点で評価し、ランキングにまとめました。[...]

関連記事

  • 終身保険人気ランキング|返戻率の高いおすすめ終身保険終身保険人気ランキング|返戻率の高いおすすめ終身保険 終身保険を選ぶうえで、もっとも重視されるのは、やはり貯蓄性でしょう。死亡保障だけであれば、収入保障保険のほうが合理的です。あえて、終身保険を選ぶのは、解約返戻金という資金づくりに意味を見出しているからではないでしょうか。そこで、ここでは払込み保険料総額の、解約返戻金額に対する割 […]
  • FWD富士生命(旧AIG富士生命)の「E-終身」を徹底分析FWD富士生命(旧AIG富士生命)の「E-終身」を徹底分析 ※現在この商品の販売は停止または休止されています。以下は販売当時の情報です。 FWD富士生命(旧AIG富士生命)の低解約返戻金型終身保険です。払込期間中の解約返戻金を低く抑える代わりに、払込満了後は返戻率がどんどん上昇していくのが特徴。貯蓄性が高く、また払込期間を10年や […]
  • 「掛け捨て」VS「貯蓄型」? 生命保険の損をしない選び方「掛け捨て」VS「貯蓄型」? 生命保険の損をしない選び方 掛け捨ての安い生命保険(定期保険)に入るか、貯蓄性のある保険(終身保険など)に入るかは悩みどころです。どうしても掛け捨ては損をしているような気になってしまうもの。貯蓄性のある保険は、保険料は高いものの、最終的に戻ってくるならそっちのほうがいいのかな?と思う人も多いのではないでし […]
  • プロFPによる定期(掛け捨て)死亡保険ランキング2014-2015プロFPによる定期(掛け捨て)死亡保険ランキング2014-2015 ここでは25人のFP(ファイナンシャル・プランナー)が選んだ、ベストな定期保険をランキング形式で紹介します。 […]
  • 収入保障保険人気ランキング2017|プロFPが本音評価収入保障保険人気ランキング2017|プロFPが本音評価 合理的な死亡保障として人気の収入保障保険。各社からさまざまな商品が販売されていますが、あまり違いがわかりにくいという人も多いのではないでしょうか。ここでは25人のFP(ファイナンシャル・プランナー)におすすめの収入保障保険を挙げてもらい、ランキングにまとめました。保険料のほか、 […]
コンテンツ一覧
必要保障額の試算
賢い選び方
生命保険の基礎・Q&A
保険会社別商品レビュー
総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク