生命保険の仕組みを徹底解説

掲載: 

保険と言ってもいろいろありますが、その中でも、もっとも代表的なのが「生命保険(死亡保険)」です。

生命保険(死亡保険)は、簡単に言えば、保険の対象になっている人(被保険者)が亡くなった場合、保険金が支払われるというものです。

その点は同じですが、生命保険にはいくつかのタイプがあります。このページではその違いを整理して解説したいと思います。

そのまえに、保険に関するいくつかの基礎知識をおさえておいて下さい。保険という商品を理解するために必要な知識です。

保険期間(保障期間)と満期

保険の契約が有効である期間のことです。その間は保障があるということですから、保障期間とも言います。保険期間はあらかじめ何年と決まっていることもありますし、いつまでと決めずに定期的に更新していくということもあります。

保険期間が終了する時期のことを「満期」と呼びます。

保険料と保険金

保険契約者が保険会社に支払う料金が保険料。もしものとき受け取るお金が保険金です。保険金は万一の状況への保障として受け取るものですからこの金額を「保障額」という言い方をすることもあります。

満期金と解約返戻金

保険が満期になったとき受け取るお金のことを満期金と呼びます。満期になる前に保険契約を辞めることを解約といい、そのとき受け取るお金が解約返戻金です。保険の種類によって、満期金・解約返戻金はある場合とない場合があります。

以上のことがわかっていれば、生命保険のしくみについて理解ができるはずです。

生命保険は、以下の4つが代表的な商品のタイプとなっています。

  • 終身保険
  • 定期保険
  • 養老保険
  • 収入保障保険

それぞれは、以下のような点で違いがあります。

  • 保険期間は決まっているかいないか
  • 保険金はいつも一定かそうでないか
  • 満期金はあるかないか
  • 解約返戻金はあるかないか

これらの違いに注目して、それぞれのタイプの保険についてしくみを見ていきましょう。

1 終身保険

終身保険は、その名のとおり、保険期間の定めがなく、保障が終身(一生)続く保険です。満期がありませんので満期金もありませんが、人は必ずいつか亡くなりますので保険金は必ず受け取れることになります。

途中で解約すると解約返戻金が受け取れます。保険金か解約返戻金のどちらかを受け取ることになるので、必ずなんらかのお金はもらえる保険だと言えます。

解約返戻金は、所定の予定利率にもとづいて、支払った保険料の総額よりも少し多めに戻ってきます。この性質を利用して、終身保険は貯金のかわりに使われることがあります。いざというときの死亡保障を得ながら、必要がなくなったら解約。解約したときはちょっとおトクにお金が戻ってくる、というわけです。

必ずお金が受け取れますが、保険料はやや高めです。最近は、保険料を安めにするかわりに、保険料をすべて払い終わるまでは解約返戻金額が保険料総額を割り込む「低解約返戻金型」という商品が人気です。

ほかに、終身保険のちょっと変わった使い方として、相続対策があります。多額の相続が予測されるけれど資産が不動産ばかりであったら、すぐには売却できませんから分割したり相続税を払ったりするのに困ることがあります。そんなとき、終身保険で現金が受け取れるよう準備しておく、というものです。

図

2 定期保険

定期保険は、保険期間があらかじめ決まっている保険を言います。満期になると保障はなくなります。このとき満期金はありません。

つまり、支払ったお金は万一の場合の保険金以外では戻ってこないので、一般に「掛け捨て」と呼ばれているタイプになります。

解約返戻金もないものがほとんどです。そのかわり、定期保険は保険料が安くなっています。そのため、一定期間だけ保障をつけておきたい場合などに利用されます。

保険期間を越えて保障を継続したいときは契約を更新することもできますが、そうすると保険料が上がっていきます(定期保険の保険料は年齢が高いほど高くなり、契約時・更新時の年齢をもとに設定されるからです)。ですので、長期間の保障を希望する場合は定期保険ではないほうがいいかもしれません。

図

3 養老保険

養老保険は定期保険のように期間が決まっている保険ですが、定期保険とは違い満期金が受け取れます。そのため、終身保険のように貯蓄がわりに利用することもできます。

終身保険の解約返戻金は保険金額よりは少なくなるのに対して、養老保険では万一の受け取る保険金額と満期金額は同じです。そのため、「保障を確保しながらお金を貯めたい」という場合で、お金は自分が受け取るつもり(生きているうちに受け取って老後資金などにする)であるなら、養老保険のほうが得になります。

つまり、貯蓄性を非常に重視した保険なのです。そのぶん、保険料は高くなってしまいます。

解約すれば解約返戻金が受け取れますが、解約時期によっては元本割れのおそれがあります。

なお、利率だけで言えば個人年金保険を利用する方が得です。ですが、個人年金保険には保障の機能がないため、保障と貯蓄性を両立させたいときは養老保険という選択肢になるのです。

図

4 収入保障保険

収入保障保険は少し変わっていて、まず保険期間は定まっていますが、満期金はありません。解約返戻金もないか、あっても非常に少ないものですので、定期保険に似ています。定期保険と違うところは、受け取れる保険金の額が、受け取る時期によって違い、年々少なくなっていくという点です。

また、亡くなったときに保険金が一括で支払われるのではなく、亡くなった時点から満期までの間、月々一定額が継続して支払われるというのが特徴です。

他の生命保険は本人が亡くなったとき、あらかじめ決めていた保険金額が支払われます。保険期間内ではいつ亡くなっても受け取る額は同じです。対して収入保障保険は、たとえば「月額20万円」などという形で保障額を決めておきます。すると、仮に60歳時まで保険期間があったとして、30歳の時に亡くなったら以後30年間、40歳の時に亡くなったら以後20年間、月額20万円が継続して支払われます。

支払われる保険料総額は、亡くなる時期が遅いほど少なくなるのがわかると思います。少なくなると聞くと損だと思うかもしれませんが、実際問題、必要な保障額は年々少なくなるのが自然です。結局は本人が亡くなることで途絶えた収入を保障することが目的ですので、それならこの形が合理的なのです。

収入保障保険は、保険金の総額が下がることを見越して、保険料は安くなっています。保険料を安く、ある程度長期間の死亡保障を希望するときに適した保険だと言えます。

図

まとめ

違いを整理してみました。

終身保険 定期保険 養老保険 収入保障保険
保険期間 終身 一定期間 一定期間 一定期間
保険料 高め 安め 一番高い 一番安い
満期金 なし(満期がない) なし あり なし
解約返戻金 あり なし あり なし
(もしくはわずか)
おもな用途 一生涯の保障に。貯蓄のかわりや相続対策など。 一定期間の死亡保障に。 貯蓄のかわりに。 長期間の死亡保障に。

以上は特徴を整理したものです。以下に、用途に応じた向き不向きをまとめています。

用途 終身保険 定期保険 養老保険 収入保障保険
貯蓄したい × ×
安く保障をつけたい × ×
短期間だけ保障をつけたい ×
長期間の保障をつけたい
相続対策に × ×

一口に生命保険と言っても、しくみや特徴は違いますので、目的に応じて合ったものを選ぶのが大切です。

スポンサーリンク

2017年定期・終身・収入保障保険選びで迷ったら!

生命保険人気ランキング
生命保険総合ランキング2016-2017|カテゴリ別に返戻率・保険料で比較
生命保険と一口に言っても、終身保険・定期保険・収入保障保険では、それぞれ入る目的も違ってくるため、見るべきポイントも異なります。どんな基準で選べばいいのか? プロFPの意見も参考にしながら、各ジャンルを独自の視点で評価し、ランキングにまとめました。[...]

関連記事

  • 加入を慎重に検討した方が良い生命保険加入を慎重に検討した方が良い生命保険 生命保険にはいろいろな種類があり、保険会社ごとに商品もさまざまです。これらは一概にどれが良いとか悪いとかは言えないもので、自分にとって本当に必要なものを選ぶことが保険選びの鉄則と言えます。 […]
  • 「掛け捨て」VS「貯蓄型」? 生命保険の損をしない選び方「掛け捨て」VS「貯蓄型」? 生命保険の損をしない選び方 掛け捨ての安い生命保険(定期保険)に入るか、貯蓄性のある保険(終身保険など)に入るかは悩みどころです。どうしても掛け捨ては損をしているような気になってしまうもの。貯蓄性のある保険は、保険料は高いものの、最終的に戻ってくるならそっちのほうがいいのかな?と思う人も多いのではないでし […]
  • 生命保険の最適な加入時期は? 若いうちに入った方がいいのは本当?生命保険の最適な加入時期は? 若いうちに入った方がいいのは本当? 生命保険にいつかは入ったほうがいいような気がする。……と思いながらズルズルと入らないまま。若いうちは生命保険はいらないって聞くし……と、入るタイミングを失い続けている人も多いのでは。 […]
  • 生命保険に加入できないケースがある? 保険会社の審査について生命保険に加入できないケースがある? 保険会社の審査について 生命保険に加入するときは、どんな場合でも審査があります。審査があるということは、これに通らない、つまり保険加入を希望しても加入できない場合があるということなのです。 […]
  • 死亡保障の必要額はいくら? 目的別にシミュレーション死亡保障の必要額はいくら? 目的別にシミュレーション 生命保険(死亡保険)に入るとき、死亡保障をいくらにするかは重要なポイントです。保険金額が高くなればそれだけ保険料も高くなってしまいますが、かといって保障額を下げていざというときに結局足りなくなってしまっては意味がありません。 つまり、万一の場合、いくらお金があった […]
コンテンツ一覧
必要保障額の試算
賢い選び方
生命保険の基礎・Q&A
保険会社別商品レビュー
総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク