加入を慎重に検討した方が良い生命保険

掲載: 

生命保険にはいろいろな種類があり、保険会社ごとに商品もさまざまです。これらは一概にどれが良いとか悪いとかは言えないもので、自分にとって本当に必要なものを選ぶことが保険選びの鉄則と言えます。

逆に言えば、「しくみがよくわからない商品」は、選ぶべきではないということです。その観点で、注意してほしいのが、「定期付終身保険」「アカウント型保険」などと言った、複合型の保険商品です。

定期付終身保険~終身保険だけど大半が掛け捨て!?

定期付終身保険は、90年代頃まで、大手保険会社が主力商品としていた生命保険のタイプです。その名のとおり、終身保険を主契約に、特約(オプション)の形で定期保険を上乗せしたものになります。

趣旨としては、一生涯の保障を得ながら、家族を養う責任の重い現役時代には特に保障を厚くし、死亡保障の上乗せ・医療保障などもセットしておくというものです。

それだけ聞くと理にかなったものに思えますが、保険会社の説明が不十分であった、商品そのものの内容が複雑で理解しにくかった、などの理由で、加入者が商品を理解しないまま契約。結果、後々になって「思っていたような保険ではなかった」というトラブルが相次ぎました。

多くの定期付終身保険は、支払った保険料の大半が特約の定期部分にあてられていました。死亡保障もかなりの部分が定期保険によるものであったので、終身保険としては保障額が非常に少ないものだったのです。そのため、

  • 契約当初に「死亡保障○○万円」と思っていた保障額は、一生涯は継続しない(保障額の多くが定期部分であったため)
  • 終身保険の貯蓄性がほとんどなかった(終身保険にあてられている保険料割合が少ないため)

という「期待はずれ」が続出してしまったのです。

図

定期付終身保険は、その後、次に解説するアカウント型保険に主流の座を譲りましたが、現在でも販売している保険会社はあります。もし今、定期付終身保険を検討するなら、掛け捨ての定期部分と、終身保険部分の割合を確認し、自分の意図に沿ったものかを検証する必要があります。

アカウント型保険~自分に合った保障+お金も貯まる?→残るのは少額の終身保険だけ

2000年頃から定期付終身保険に代わって登場してきたのがアカウント型保険と呼ばれるもの。これは定期付終身保険に似ていて、保障はほとんど特約の定期保険で行います。そしてこの保険の主契約は、支払った保険料を貯めておく積立(ファンド)になっていました。

商品全体を、保険会社に開いた預金口座(アカウント)のようなものだったので、アカウント型保険と呼ばれます。

支払った保険料は、一部が特約の保険料になり、残りは積立部分に貯まっていきます。この比率はいつでも変化させることができ、積立の比率は減らして保障に割り振ることで保障を厚くしたり、その逆もできました。また、積立部分はただ貯めているだけですので、ここからお金を引き出すこともできました。

そして保険料払い込み期間が過ぎると、定期保険の特約はすべて消えて、その時点で貯まっていた積立部分のお金を使って終身保険を契約、以後は終身保険として機能するという商品です。

このように、非常に複雑な内容のため、きちんと理解して契約できた人がどれだけいたか疑問です。「主契約は積立」と聞くとなんとなくお金が貯まりそうですし、「保障への割り振りが自由でいつでも変更できます」と聞くと柔軟にカスタマイズできて自分に合った保険のような気がします。

しかし実際は、定期付終身保険と同じく、定期部分にお金を使い過ぎて、払込期間満了時に積立額が残っておらず、貧弱な終身保険しか残らなかった、という結果になりかねないものでした。

図

アカウント型保険に注意を促すような記事がマネー誌やネットなどでもよく見られるようになったせいか、現在はあまりアカウント型保険という名前は使われなくなり、自由設計型保険などという名称で販売されていることもあります(「自由設計」を謳う保険がすべてアカウント型保険というわけではありません)。

よくわからない保険で後悔しないためには?

これらの保険に、よくわからないまま加入してしまって、後で「こんなはずじゃなかった」ということになる背景には、基本的な保険の知識不足もありますが、「保険へのいろいろなニーズを切り分けしなかったこと」も大きかったのでは、と思います。

働き盛りの間の手厚い保障、死亡整理金を準備するための一生涯の死亡保険金、老後資金にも転用可能な貯蓄。これらは、本来、それぞれ別の手段で準備すべきですし、保険で用意するにしても、それぞれに適した異なる商品があるのです。

そうした異なるニーズを一手に引き受けてくれる商品があれば、それはそれで手間が省けますし、良い商品だと言えるのですが、定期付終身保険やアカウント型保険は必ずしもそうではありませんでした。

ただでさえ保険は難しい商品なのですから、できるだけシンプルに考えていくことが大切。一見して理解しづらい商品に出会ったときは、少し注意してみられることをおすすめします。

スポンサーリンク

2017年定期・終身・収入保障保険選びで迷ったら!

生命保険人気ランキング
生命保険総合ランキング2016-2017|カテゴリ別に返戻率・保険料で比較
生命保険と一口に言っても、終身保険・定期保険・収入保障保険では、それぞれ入る目的も違ってくるため、見るべきポイントも異なります。どんな基準で選べばいいのか? プロFPの意見も参考にしながら、各ジャンルを独自の視点で評価し、ランキングにまとめました。[...]

関連記事

  • 「掛け捨て」VS「貯蓄型」? 生命保険の損をしない選び方「掛け捨て」VS「貯蓄型」? 生命保険の損をしない選び方 掛け捨ての安い生命保険(定期保険)に入るか、貯蓄性のある保険(終身保険など)に入るかは悩みどころです。どうしても掛け捨ては損をしているような気になってしまうもの。貯蓄性のある保険は、保険料は高いものの、最終的に戻ってくるならそっちのほうがいいのかな?と思う人も多いのではないでし […]
  • 生命保険の仕組みを徹底解説生命保険の仕組みを徹底解説 保険と言ってもいろいろありますが、その中でも、もっとも代表的なのが「生命保険(死亡保険)」です。 生命保険(死亡保険)は、簡単に言えば、保険の対象になっている人(被保険者)が亡くなった場合、保険金が支払われるというものです。 その点は同じですが、生命保険には […]
  • 生命保険の最適な加入時期は? 若いうちに入った方がいいのは本当?生命保険の最適な加入時期は? 若いうちに入った方がいいのは本当? 生命保険にいつかは入ったほうがいいような気がする。……と思いながらズルズルと入らないまま。若いうちは生命保険はいらないって聞くし……と、入るタイミングを失い続けている人も多いのでは。 […]
  • 生命保険の平均保険料相場。みんなはいくら支払ってる?生命保険の平均保険料相場。みんなはいくら支払ってる? 生命保険に加入するとき、いちばん悩むのが保険金額をいくらに設定するかということではないでしょうか。 […]
  • 死亡保障の必要額はいくら? 目的別にシミュレーション死亡保障の必要額はいくら? 目的別にシミュレーション 生命保険(死亡保険)に入るとき、死亡保障をいくらにするかは重要なポイントです。保険金額が高くなればそれだけ保険料も高くなってしまいますが、かといって保障額を下げていざというときに結局足りなくなってしまっては意味がありません。 つまり、万一の場合、いくらお金があった […]
コンテンツ一覧
必要保障額の試算
賢い選び方
生命保険の基礎・Q&A
保険会社別商品レビュー
総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク