オリックス生命の「終身保険RISE[ライズ]」を徹底分析

掲載: 

オリックス生命の低解約返戻金型終身保険です。高返戻率の終身保険として人気の商品にAIG生命の「E-終身」がありますが、この商品も条件によっては返戻率でそれに並ぶ場合があります。一生涯の死亡保障に加え、長期的な貯蓄機能も備えているため、教育資金や老後資金づくりに活用するのにも向いているでしょう。

E-終身」や「WAYS」にある、保障を年金保険や介護保険に変更する仕組みはありませんが、保険料払込期間経過後に約款所定の要介護状態になった場合などの一定の条件を満たしたときは、指定保険金額よりも少なくなるものの、請求日における指定保険金額に対する解約返戻金額よりも高率の介護前払保険金を受け取れるという保障があり、介護リスクにも備えることが可能です。

基本情報

詳細
契約可能年齢 15歳~75歳
保険期間 終身
保険料払込期間 10~20年払済(5年刻み)、50~80歳払済(5歳刻み)、終身払(契約年齢によって制限あり)
払込回数 月払・半年払・年払
払込方法 口座振替・クレジットカード払

保障内容

詳細
死亡保険金 200万円~5億円(契約年齢・既契約などによって制限あり)
高度障害保険金 死亡保険金と同額
主な特約 ・リビング・ニーズ特約
・介護前払特約

契約例

詳細
契約者 30歳・男性
保険期間 終身
保険料払込期間 60歳払済
低解約払戻期間 60歳
月額保険料 2万1,740円
保障内容 死亡・高度障害保険金:1,000万円
解約返戻金:保険料払込期間終了直後で871万1,800円(返戻率:111.3%)
介護前払保険金:保険料払込期間経過後かつ被保険者の年齢が満65歳以上で約款所定の要介護状態になった場合、指定保険金額から所定の率により死亡保険金の前払となる期間相当の利息を差し引いた額を受け取れる。

保険料・解約返戻金例

試算条件:保険金:1,000万円・保険料払込期間:60歳払済・低解約払戻期間:60歳・口座振替扱・特定疾病保険料払込免除特則適用なしの場合

契約者 月払保険料 払込保険料累計 解約返戻金額※ 返戻率
男性20歳 1万5,400円 739万2,000円 871万1,800円 117.8%
女性20歳 1万4,570円 699万3,600円 841万1,900円 120.2%
男性30歳 2万1,740円 782万6,400円 871万1,800円 111.3%
女性30歳 2万640円 743万400円 841万1,900円 113.2%
男性40歳 3万4,840円 836万1,600円 871万1,800円 104.1%
女性40歳 3万3,070円 793万6,800円 841万1,900円 105.9%

※低解約払戻期間経過直後の解約返戻金額

ここに注目!

解約返戻金でさまざまな資金準備をすることが可能

条件にもよりますが、返戻率は他社の終身保険と比べて高い水準にある商品だと言えます。短期払で10年払済や15年払済といった設定もできるので、学資保険の代わりに活用することもできます。65歳払済などにすれば、老後資金を貯めるのにも適するでしょう。

死亡整理金を目的として絶対に解約しない方針なら、終身払にすることで保険料を抑えられます(ただし、低解約返戻金型のため、終身払にすると保険期間を通じて解約返戻金が抑制されることに注意してください)。

要介護状態になった場合は保険金を受け取れる

終身払以外の短期払で契約した場合、介護前払特約を付加することができます。保険料払込期間経過後かつ被保険者の年齢が満65歳以上で約款所定の要介護状態になった場合は、介護前払保険金が受け取れます。支払いの対象となるのは公的介護保険制度による要介護4または5の状態とされているため、受け取れるハードルは高いですが、実際、その状態になることは大きなリスクですので、介護に対する保障があることはメリットです。

この介護前払保険金の額は、死亡保険金額から所定の率により死亡保険金の前払となる期間相当の利息を差し引いた額となり、請求日における指定保険金額に対する解約返戻金額より高くなります。例として30歳男性・保険料払込期間:60歳払済・低解約払戻期間:60歳・死亡保険金1,000万円・口座振替扱・月払・特定疾病保険料払込免除特則適用なしの条件で申し込んだとします。80歳時点で要介護状態になったとき、この時点の解約返戻金額は約951万円ですが、介護前払保険金として受け取ると約970万円が受け取れます。

 

※上記の介護前払保険金の支払額は、死亡保険金の全額(1,000万円分)を請求した場合です。死亡保険金の全額を指定した場合、保険契約およびすべての特約は、介護前払保険金の請求日にさかのぼって消滅します。

※上記の解約返戻金額・介護前払保険金額は、年単位の契約応当日前日に請求があったものとして、その金額を表示しています。また、支払額は2017年4月2日時点の計算によるものです。実際には請求日における計算となるため、金額が変動することがあります。

この会社の資料を請求

※募集代理店 株式会社アイ・エフ・クリエイトのHPへ移ります。

注意事項
※保険料は2017年4月2日現在のものです。
※解約返戻金の返戻率(%)は「解約返戻金 ÷ 払込保険料累計 × 100」にて計算しています。
※解約返戻金の額は、契約年齢、保険料払込期間、経過年数などによって異なります。
※低解約払戻期間中に解約した場合の解約返戻金は、抑制されています(低解約払戻期間は保険料払込期間と同一です)。
※既往症(過去の病気)や健康状態および職業などによっては、引受けが制限される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※このページは商品の概要を説明しています。商品の詳細については、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり/約款」を必ずご覧ください。

※上記の記事内容は、当サイトの見解です。

ORIX2017-B-051

スポンサーリンク

2017年貯蓄性が高い保険はどれ?

終身保険人気ランキング
終身保険人気ランキング!返戻率の高いおすすめ終身保険
終身保険を選ぶうえで、もっとも重視されるのは、やはり貯蓄性でしょう。死亡保障だけであれば、収入保障保険のほうが合理的です。そこで、ここでは払込み保険料総額の、解約返戻金額に対する割合、すなわち返戻率を基準に、ランキングを作成しました。[...]

関連記事

  • 三井住友海上あいおい生命の「積立利率変動型終身保険」を徹底分析三井住友海上あいおい生命の「積立利率変動型終身保険」を徹底分析 三井住友海上あいおい生命の終身保険です。通常型と低解約返戻金型があり、低解約返戻金型は月額保険料が約9%、安くなっています(以下のデータはすべて低解約返戻金型のものです)。この商品の最大の特徴は、積立利率変動型であること。つまり利率が、景気などに応じて変動することです。基本情報 […]
  • アクサダイレクト生命の「アクサダイレクトの終身保険」を徹底分析アクサダイレクト生命の「アクサダイレクトの終身保険」を徹底分析 一生涯にわたって死亡・高度障害状態に備えることができる保険です。保険料は加入時のまま変わらず、いわゆる掛け捨てではありません。さらに解約返戻金が抑えてあるのでお手頃です(※)。 死亡保険金は200万円~4,000万円の間から選択可能。PCのほか、スマートフォンからの申込み […]
  • マニュライフ生命の「こだわり終身保険 V2」を徹底分析マニュライフ生命の「こだわり終身保険 V2」を徹底分析 マニュライフ生命で、以前より「こだわり終身保険」として販売されていた商品が、2014年にリニューアルし「~V2」となりました。旧商品からの大きな変更点としては、保険料払込期間の設定の仕方がより柔軟になったほか、特定疾病払込免除特約がつけられるようになったことです。大きな特徴とし […]
  • 東京海上日動あんしん生命の「長割り終身」を徹底分析東京海上日動あんしん生命の「長割り終身」を徹底分析 (注)この商品は現在、販売休止中です。以下は休止前の情報になります。東京海上日動あんしん生命の長割り終身は、高返戻率の終身保険として人気の高い商品です。ひと頃、雑誌の特集などでも有利な終身保険として取り上げられることが多かったのですが、2014年の改訂で返戻率はすこし下がってし […]
  • 東京海上日動あんしん生命の「長生き支援終身」を徹底分析東京海上日動あんしん生命の「長生き支援終身」を徹底分析 東京海上日動あんしん生命には、「長割り終身」という人気の終身保険がありますが、もうひとつ、「長生き支援終身」という商品があります。こちらは、貯蓄性のある終身保険に、介護保障をプラスしたもので、死亡・高度障害とは別に、所定の要介護状態になった場合は死亡保険金にあたる額が一時金の介 […]
総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク