プロFPによる定期(掛け捨て)死亡保険ランキング2016-2017

掲載: 

ここでは25人のFP(ファイナンシャル・プランナー)が選んだ、ベストな定期保険をランキング形式で紹介します。

数ある生命保険会社からさまざまな定期保険が販売されています。定期保険は総じて保険料は安いですが、最近は、煙草を吸わないなどの条件によってさらに割り引かれる場合も。また、FPのみなさんによると、定期保険は一時的な保障として利用するのが多いため、ライフプランに組み込みやすいカスタマイズ性も重要なようです。

調査概要

調査委託先 FP-RECO 調査地域 全国
調査日時 2014年6月23日~7月10日
(※調査日時以降も最新の商品内容に変更しています)
調査対象 30代~50代の男女25名
割付条件 ご当地FPによるお金情報の発信をしている「FP-RECO」に在籍しているFPの資格を持つ男女25名に、今、保険に入っていないと仮定して、自分が入りたいと思う定期保険とそれを選んだ理由を調査。投票数の多い商品からランキング形式で掲載。

1メットライフ生命 スーパー割引定期(FP25人中12人が支持)

特徴

  • 健康体にあてはまると保険料が最大25%割引
  • 最長80歳まで更新可能
  • 事故でも病気でも保険金額は同額
  • 所定の身体障害状態になったら以後の保険料は免除


主な保障内容

保障内容
保険金範囲 500~3,000万円
契約可能年齢 20歳~60歳(保険期間によって制限あり)
保険期間 10年・20年満了 60歳・65歳満了
保険料払込期間 保険期間と同一
払込回数 月払・半年払・年払
払込方法 口座振替・カード払
おもな特約 リビングニーズ特約、指定代理請求特約、障害時払込み免除特約など
契約者・被保険者年齢
男性20歳 1,220円 女性20歳 860円
男性30歳 1,140円 女性30歳 1,060円
男性40歳 1,800円 女性40歳 1,560円
男性50歳 3,860円 女性50歳 2,630円
試算条件:保障額1,000万円・保険期間10年・非喫煙優良体の場合

FPからのコメント

  • 健康体なら割安。コールセンターなど会社の評判も良い。

    子供も成長、教育費も終了に近づき、ここ10~15年間、1,000万円ぐらいの死亡保障が家族に必要とし、保険料負担も割安なものを選定の理由としました。
    幸いにもわたしは、ここまで大病はしていないし、煙草も吸わない、健康診断の結果もいいので、非喫煙優良体の審査を受ければ、設定した保険金額でも保険料の割引を受けれることができるこの商品を選びました。
    また、会社の健全性も高く、インターネットでの加入のし易さや、コールセンターの対応の評価も高く安心できる会社と言う事も含め選びました。

  • リスク細分型の保険で非喫煙者は特に割安

    保障額が保険期間を通じ一定である定期保険は定期的な保障額の見直しが必要となることから、10年更新のタイプを選んだ。
    喫煙習慣や健康状態によって適用する保険料が変わる「リスク細分型保険料率」を採用するこの商品は、非喫煙者で健康状態が良好と査定された人に適用される「非喫煙健康体」の保険料率が特に割安である。 私は同料率にあてはまると思われるため、選択。

    これだけは言いたい

    喫煙者であれば、オリックス生命の「Bridge」が保険料のお手頃さから最有力。

  • 「健康だから安い」ことが心理面にもプラスの影響になりそう

    ライフプランに合わせて必要な期間・金額を選択するのみで各社の保障内容に差がないと考えるため、保険料の安さを重視して選択しました。
    この保険のリスク細分区分である喫煙の有無、血圧、BMIで考えると、私は、非喫煙優良体に当てはまると考えられるため保険料が特に安くなります。
    リスク細分型という考え方は、とても合理的だと思ってます。
    また、優良体に当てはまるものとしては、健康維持をしている状態を評価されて割安になっていることが心理的にもプラスに働くように感じました。

  • 定期保険は安さが決め手。タバコを吸わない人におすすめ

    定期保険は、死亡した場合に契約した金額の死亡保険金が給付されるというシンプルな保険なので、私なら配当金や解約時に払戻金のあるタイプではなく、掛け捨てタイプで保険料の安さから選びます。
    私はタバコを吸わない健康体なのでメットライフ生命を選びますが、タバコを吸うもしくは健康体に該当しなくなった場合はライフネット生命、80歳以降も保障が必要な場合はオリックス生命を選択するなど、状況に合わせて使い分けをしたいです。

  • 保険料が非常に安い。障害時の払込み免除特約も魅力

    リスク細分型保険料率で4段階に分かれており、私は煙草を吸わない健康体(非喫煙優良体)なので他社と比べて保険料が非常に安いためこの商品を選んだ。
    保険期間については、子どもの教育費がかかる期間を考え、独立するまでの最短10年年満了を選択する。保険金額は私立文系大学を考えて1,000万。
    不慮の事故で所定の身体障害状態となった場合には、以降の保険料払込は免除となる特約もあるため、いざそうなった時の為にその後の家計負担をなくすことが出来るので、是非付加したいと思う。

  • わかりやすいWEBサイトや手続きがネットでできるなどサービス面もgood。

    WEBサイトの見やすさや、ネットで24時間申込手続きが完結出来るところと、定期保険で非喫煙体の料率を採用しているため保険料が安く加入出来るところが加入のポイントです。
    死亡保障は自分が請求するのではないため、家族からの請求となったときに、HPをみてどこに電話をすればいいのかわかりやすい表示も決め手になりました。
    WEBサイトが自己主張の強い広告ではないところや商品説明、保険料試算、加入に必要な情報などが見やすくて好感が持てます。

  • 健康体の安い料率を80歳まで更新できる。

    私の場合、住宅ローンは団体信用生命保険で債務弁済できますが、5人の子どもが独立するまでの約20年間は、大きな死亡保障を備えておかないと、万一の時に子供の学校費や家族の生活資金が賄いきれなくなります。
    この保険でしたら、非喫煙優良体のファーストクラスを検討できますので、高額な保険金でも保険料を抑えて備えることができます。また、インターネット申込みであれば、保険金額500万円から3,000万円まで検討できますので、遺された家族の生活資金や教育資金など、目的に合わせて少額からでも備えられる保険です。

    保険期間は、10年、20年更新、60歳、65歳満期など、万が一の備えを必要な期間だけ準備することができます。
    また、最長80歳まで更新することができ、健康状態の変化に関わらず、契約時の保険料率のまま更新できるのも魅力です。

  • 定期保険は安さ=商品の品質。会社の信用力も問題なし。

    一言、保険料が安いから。
    定期保険を選ぶ時点で、死亡保障を掛け捨てで準備するというシンプルな話となります。
    保険料の安さは、費用対効果の高さ、つまりそのまま商品の品質そのものであると考えます。
    非喫煙料率が選択可能な私にとっては、かなりの低コストで保障を確保できる商品です。
    品質と言えば、保険金の支払い余力という側面もありますが、メットライフ生命はその点でも特に問題を感じませんので。

    これだけは言いたい

    死亡保障においては、商品云々よりもどのような根拠に基づき、どのような設計を行ったのか?が肝であると考えます。商品選択は最後の最後。設計に適う商品を探し、費用対効果を比較した結果ベストであると判断した商品を選択するだけです。

  • 健康で割引率が高い人にとってはコストパフォーマンスのよい商品

    保障内容は基本的に各社変わらないため、保険料の安さ重視で考えます。
    子供が13歳であることから、子供が大学を卒業するまでの生活費・学費に備えます。配偶者の老後の生活費は貯蓄で準備するため、10年間の保障期間・4,000万円の死亡保障とします。
    メットライフ生命の『スーパー割引定期保険』は「非喫煙者割引」「健康体割引」がある上で保険料が4段階で設定されていて、私は一番安いクラスで加入できることから、コストパフォーマンスで選びました。

  • 安いうえに、更新や見直しがしやすいのがメリット。終身保険にも変換可能。

    定期保険は、保障をいかに安く準備できるか?だと思います。
    私はタバコを吸いませんし、健康であるため、この保険だと非常に安くなるので選びました。
    また、ライフプランの変化に対応して、加入している保険金額を限度に診査なしで更新はもちろん、保険期間延長・短縮、また、積立型である終身保険にも変換できるところがよいですね。

  • 非喫煙者なら最安の保険。障害時払込み免除など、4つの長所がある保険。

    メットライフ生命「スーパー割引定期保険」を、私が選んだ理由は下記の通りです。

    ・シンプルな保険でなによりも非喫煙優良体なら、保険料は最も安い点。(注意が必要なのは喫煙標準体だと保険料が割高になる点です)

    ・病気・事故・災害のいずれにおいても同額の死亡保険金が支払われる点。

    ・不慮の事故により約款所定の障害状態となった場合には、以後の保険料の払込みは免除される点。

    ・「500万円~3,000万円コース」まで、4つのコースを選べる点 ⇒年齢によってお申込みできる保障が異なるということはありません。

    これだけは言いたい

    この保険は、メットライフ生命の付帯サービスを利用できないので注意が必要です。喫煙者なら、シンプルで保険料も抑えられていることから、下記の保険をお勧めします。
    ●オリックス生命「ブリッジ」 (注)年齢によってお申込みできる保障が異なる。ちなみに40代での加入の場合は2000万円まで。

  • 保険料が安く、不要ならすぐ解約できるので、一時の保障に使い勝手よし。

    定期保険による死亡保障は、あくまで一定期間の保障のみと割り切って考えている。
    そのため、私が定期保険を選ぶ視点は、とにかく掛け捨てで「いかに安い保険料で保障を確保できるか」ということに。
    掛け捨ての場合、保険が不要になったらすぐに解約できるのも使い勝手がよいと思う。
    この保険は、健康状態によって割引制度があるのも魅力的。 私はタバコを吸わないし、健康診断の結果をホームページに入力してみると、非喫煙優良体に該当したので、標準の保険料に比べて非常に割安の保険料で加入できるためお得感を感じるために選んだ。

メットライフ生命のスーパー割引定期保険が、数多くのFPの評価を集め、1位となりました。評価のポイントはやはり保険料の割安さ。いわゆるリスク細分型の考え方で、非喫煙者であれば最安クラスになるため、安さが決め手の掛け捨て定期保険としては優れているという評価になりました。ネットからの申し込みでは、保険金額は500万円・1,000万円・2,000万円・3,000万円の4コースに限られますが、一時期の保障としてはおおむねのニーズはカバーできるので、とにかく一定期間の死亡保障を安く用意したい人にはおすすめです。ただし、喫煙する人などは、他の保険のほうが安くなることがありますので、事前に比較検討してみてください。

特徴

  • 保険期間と保険金額は自由に設定可能
  • 最長90歳まで更新可能
  • 事故でも病気でも災害でも、保険金額は同額
  • 不慮の事故により約款所定の身体障害状態になったら以後の保険料は免除


主な保障内容

保障内容
保険金範囲 200万円~5億円
契約可能年齢 15歳~75歳(保険金額・保険期間によって制限あり)
保険期間 10年・15年・20年・25年・30年・35年満了
60歳・65歳・70歳・75歳・80歳・85歳・90歳満了
保険料払込期間 保険期間と同一
払込回数 月払・半年払・年払
払込方法 口座振替・クレジットカード払・振込・団体
おもな特約 リビング・ニーズ特約、指定代理請求特約
被保険者年齢
男性20歳 1,630円 女性20歳 1,200円
男性30歳 1,830円 女性30歳 1,490円
男性40歳 2,990円 女性40歳 2,170円
男性50歳 5,980円 女性50歳 3,490円
試算条件:保障額1,000万円・保険期間10年満了・口座振替扱・月払・特定疾病保険料払込免除特則適用なしの場合

FPからのコメント

※以下の内容は、FPの見解です。

  • 通販だけでなく対面での申込みもできるので、いざというときも安心。

    定期はシンプルな保障のため、保険料が安い方が良いと考え選びました。 ただ、保険料の安さだけであれば、ネット販売の保険もありますが、いざというときに生命保険募集人が家に来てくれないのでは保険金受取人である主人が不便するので選びませんでした。

  • 少額のお葬式代のみの保障に最適。

    200万円から加入できるので、たとえば、お葬式代のための死亡保障を、お金が貯まるまでの10年間だけ準備する、というような設計をすることが可能です。
    そうすると、保険料をずいぶん抑えることが出来ると思います。

  • 最低保険金額が低く設定できるのでライフプランに合わせやすい。

    インターネット契約以外で保険料が安く、少額の保障額でも加入できるところが選んだポイントです。
    わたしが亡くなった時に、家族が保険請求をちゃんとできるか不安なので、担当がいる代理店経由で契約できる商品から選びました。
    この商品は最低保険金額が200万円と定期保険の中ではかなり低く設定できますので、家計状況やライフプランに合わせて限りなく減額できるのが魅力です。

  • 使い勝手がよく、オペレーターの対応も○。

    まずは保険料がお手頃。 インターネット申込専用の「ブリッジ」の方が保険料は割安なのですが、最低保険金額が「ブリッジ」は500万円、「ファインセーブ」は200万円です。
    ライフプランに合わせて減額する際も200万円までに減らせる「ファインセーブ」の方が使い勝手が良いと思いました。
    オペレーターの対応も概ね良いので、不明点があれば気軽にフリーダイヤルに問い合わせできます。代理店の方も親切なのですが、しつこさを感じた時に電話なら最悪切っちゃえばいい、という点も小心者の私にはもってこいです。

  • シンプルでお手頃な保険料、選択肢が豊富なのも魅力。

    自分自身は会社員ではなく自営業なので、保険金額については少しのゆとりと、保険期間も少し長めに確保しておきたいというのが最大の理由。
    保険料が他社に比べてずば抜けて安いわけではないが、シンプルで割安な保険料設定の定期保険でありながら、保険金額が200万円から5億円まで100万円単位、保険期間については10年満了から35年満了・60歳満了から90歳満了までそれぞれ5年刻みで選べるという豊富な選択肢が魅力。

オリックス生命の解約返戻金のない2つの定期保険のうち、ネット申込専用ではないほうのFineSaveが2位になりました。おもな評価ポイントは、保険金額の最低ラインが低く、保険期間なども柔軟に設定できるため、ライフプランに組み込みやすいところです。死亡整理金などの少額だけの保障をつけたい、などといったニーズにも向きます。そうしたメリットがありながら、保険料はお手頃なのが2位の決め手です。

この会社の資料を請求

※募集代理店 株式会社アイ・エフ・クリエイトのHPへ移ります。

注意事項
※保険料は2016年6月1日現在のものです。
※口座振替扱の場合、1回あたりに払込みいただく保険料は2,500円以上とさせていただきます(クレジットカード払を除く)。ただし、複数契約により同一口座からの保険料の払込みが毎回合計2,500円以上となる場合はこの限りではありません。
※通信販売において、特定疾病保険料払込免除特則は適用されません。
※既往症(過去の病気)や健康状態および職業などによっては、お引受けを制限させていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
※このページは商品の概要を説明しています。商品の詳細については、「パンフレット/契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり/約款」を、通信販売の場合は、「パンフレット」「特に重要な事項のお知らせ/商品概要のご説明/ご契約のしおり抜粋」「ご契約のしおり/約款」を必ずご覧ください。

特徴

  • インターネット申込専用商品
  • 事故でも病気でも災害でも、保険金額は同額
  • 不慮の事故により約款所定の身体障害状態になったら以後の保険料は免除


主な保障内容

保障内容
保険金範囲 500~3,000万円
契約可能年齢 20歳~65歳(保険金額・保険期間によって制限あり)
保険期間 10年・15年・20年・25年・30年満了
60歳・65歳・70歳・75歳・80歳満了
保険料払込期間 保険期間と同一
払込回数 月払・半年払・年払
払込方法 口座振替・クレジットカード払
おもな特約 リビングニーズ特約、指定代理請求特約
被保険者年齢
男性20歳 1,104円 女性20歳 684円
男性30歳 1,310円 女性30歳 970円
男性40歳 2,414円 女性40歳 1,607円
男性50歳 5,297円 女性50歳 2,909円
試算条件:保障額1,000万円・保険期間10年満了・口座振替扱・月払の場合

FPからのコメント

※以下の内容は、FPの見解です。

  • 保険料がお手頃なので、一定期間の保障を手厚くするのに使いやすい。 

    私がこの保険を選ぶ理由は、ネット申込専用という点です。販売側の経費が抑えてあるため、保険料がお手頃なのは家計的にも助かります。
    年齢による制限はありますが、保険金額が500万円から100万円単位で選べるので、ムダがない保障選びができ、ライフプランに合った必要な保障が自由に設計できます。保険期間を5年刻みで選ぶことができ、ライフプランに沿った一定期間の保障を手厚くすることができるので、「この時期には保障を厚くしておきたい」というような使い方ができます。
    特約がリビングニーズ特約と指定代理請求特約だけに絞られているシンプルさが、わかりやすくていいですね。

  • 極力、保険料を抑えて死亡保障がほしい人に。

    現在の死亡保障の考え方の主流は「収入保障保険」です。 しかし、年々貰える保険金の総額が減る、という考え方に不安を憶えるお父さんもいるかと思います。
    そんな立場での商品選びということでしたら、このブリッジを選びます。例えば65歳時点で亡くなる方は10パーセントぐらいと言われていますが、そんな「たぶん死ぬ事はないだろうけど、まぁ何かあっても困るし」という価値観でしたら、保険料は極力抑えたい、と思ってしまいます。
    この商品はネット通販専門の商品ですので、保険料が安く抑えられていますので、とても助かります。これが選んだ理由です。

ランキング3位はオリックス生命のBridgeで、2~3位にオリックス生命の2つの定期保険が並ぶ形になりました。この商品の利点はなんといっても保険料がお手頃であること。また、ネット通販ならではの申し込みの簡単さも評価されています。2位のFineSaveとの違いは、FineSaveは対面販売も可能で、対面で申し込みをした場合は代理店担当者に相談可能であることと、より柔軟なプランニングができること。Bridgeも必要十分なカスタマイズができますが、より細かく調整したい人、多少手間がかかっても代理店担当者と話したい人ならFineSaveのほうが向いています。保険料はどちらもお手頃なので、ニーズに応じて使い分けることができるでしょう。

この会社の資料を請求

※募集代理店 株式会社アイ・エフ・クリエイトのHPへ移ります。

注意事項
※保険料は2016年6月1日現在のものです。
※既往症(過去の病気)や健康状態および職業などによっては、お引受けを制限させていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
※このページは商品の概要を説明しています。商品の詳細については「パンフレット」、「特に重要な事項のお知らせ/商品概要のご説明」、「ご契約のしおり/約款」を必ずご覧ください。

4ライフネット生命 かぞくへの保険(FP25人中2人が支持)

特徴

  • 余計な経費を抑え、割安な保険料を実現
  • 事故でも病気でも保険金額は同額
  • 最大1億円の手厚い保障額を設定可能


主な保障内容

保障内容
保険金範囲 500万円~1億円
契約可能年齢 20歳~65歳(保険期間によって制限あり)
保険期間 10年・20年・30年満了 65歳・80歳満了
保険料払込期間 保険期間と同一
払込回数 月払
払込方法 口座振替・カード払
おもな特約 指定代理請求特約
契約者・被保険者年齢
男性20歳 1,027円 女性20歳 641円
男性30歳 1,230円 女性30歳 896円
男性40歳 2,374円 女性40歳 1,547円
男性50歳 5,393円 女性50歳 2,890円
試算条件:保障額1000万円・保険期間10年の場合

FPからのコメント

  • 割安で、加入できる保障額上限がいちばん高い。 

    定期保険の保障内容はどこの保険会社でも大差なく、割安な保険料で大きな保障額を実現することを前提に検討。
    4月の保険料改定で安くなったのと、加入できる保障上限額が1番高い。 リビングニーズ特約をつけることが出来ないですが、リビングニーズで保険金を受け取ってしまうと家族の保障が無くなってしまう為、リビングニーズ特約は必要ないと判断し、ライフネット生命のかぞくの保険に入りたいと思いました。

    これだけは言いたい

    インターネット保険で1億円まで保険金額の幅があるのはすごい!

  • 収入保障保険を一定期間補強する用途におすすめ。

    自分の死後、家族の生活保障を考えた場合、収入保障型の方が良いと思いますが、ここではあえてライフイベント上「もっともお金の必要な一定の時期=子供の進学等が曖昧で、必要な保障額にブレがある期間」に限って加入する前提で考えました。
    となると、とにかく安価で大きい保障を得ることが出来る通販型生保の「かぞくの保険」を選択します。
    収入保障保険で保障の土台をつくり、こちらで数年間補強する形です。

ランキング同率3位はライフネット生命のかぞくへの保険。ネット生保として有名な商品で、利点は保険料が安いこと。ネット通販の保険は保障額があまり高額にはできないことが多いのですが、この商品は上限1億まで可能で、手厚い保障を希望する人も利用できます。なお、この商品はほとんどの保険につけられるリビングニーズ特約がつけられません。シンプルにこだわった結果とのことですが、人によってリビングニーズで生前に死亡保険金を受け取りたいと思う人は注意してください。保険料は割安ですので、若い世代の一定期間の保障には使いやすい保険です。

この会社の資料を請求

特徴

  • 保険料は割安。若年の低保障額だと月額1000円を切ることも
  • 最長80歳まで更新可能
  • 「元気割引」が適用されれば10~15%割引


主な保障内容

保障内容
保険金範囲 200~1,500万円
契約可能年齢 3歳~70歳(保険期間によって制限あり)
保険期間 10年(最長80歳まで更新可)
保険料払込期間 保険期間と同一
払込回数 月払・半年払・年払
払込方法 口座振替・カード払
おもな特約 リビングニーズ特約、指定代理請求特約
契約者・被保険者年齢
男性20歳 2,080円 女性20歳 1,560円
男性30歳 2,270円 女性30歳 1,830円
男性40歳 3,290円 女性40歳 2,230円
男性50歳 6,170円 女性50歳 3,420円
試算条件:保障額1,000万円・保険期間10年、元気割引適用の場合

FPからのコメント

  • 元気割引が使えればかなり割安。お葬式代の準備にぴったり。  

    この商品を選んだ理由は、とにかく保険料が安いということ。 私の場合、元気割引が利用できるので、更に保険料は安くなります。定期保険では、扶養配偶者、子供に対する備えとして、子供が独立するまでのお葬式代をベースとして考えています。
    生活費については、子供が独立するまでは収入保障保険を考えていることと、子供が独立した後の配偶者への保障は、元気な間に保険料を安く抑えることで、貯蓄や自由になるお金を確保し、万一の時には、預貯金や遺族年金、配偶子に働いてもらうなどで賄ってもらう予定にしているので、定期保険部分を厚くする必要はないと考ています。
    この商品は、死亡保障200万円から100万円単位で申し込めるため、私のニーズに合っていると考えています。

ランキング5位以下は票が分かれる結果になりました。そのひとつ、アフラックのLightフィットプランは、「元気割引」で健康な人なら保険料がかなり安くなる点が評価されています。反面、保障額は上限が低くて手厚い保障とはいきませんので、一時期の保障のプラスとして考えるのがいいでしょう。「元気割引」が適用されるかどうかは重要なポイントですので、この点をまず確かめたうえで、選択肢に入れると良いのではないでしょうか。

5ソニー生命 無解約返戻金型平準定期保険(FP25人中1人が支持)

特徴

  • ライフプランナーが最適なプランをカスタマイズして提案
  • 非喫煙者特則を付加すると、ノンスモーカーは割安に


主な保障内容

保障内容
保険金範囲 記載なし
契約可能年齢 5歳~75歳(保険期間によって制限あり)
保険期間 2年・3年・4年・5年・6年・10年・15年・20年・25年・30年満了 55歳・60歳・65歳・70歳・75歳・80歳満了
保険料払込期間 保険期間と同一
払込回数 月払・半年払・年払
払込方法 口座振替・カード払
おもな特約 リビングニーズ特約、入院総合保障特約、がん特約、成人病総合保障特約など
契約者・被保険者年齢
男性31歳 7,750円 女性31歳 6,350円
男性35歳 9,850円 女性35歳 7,750円
男性40歳 1万4,000円 女性40歳 9,950円
試算条件:保障額5,000万円・保険期間20年、非喫煙者割引適用の場合

FPからのコメント

  • いざというときのために、保険会社に対する安心感でチョイス。  

    自分が死んだ後の家族のことを思うと、死亡保険はいざという時に安心感のある保険会社を、と考えて商品ではなく保険会社で選びました。
    売れる商品、儲かる商品を集中して開発する会社と比較して、ソニー生命はさまざまな家庭に合わせて合理的な設計ができるように、必要な商品を揃えることにこだわっている会社ポリシーに好感を持ち、信頼できると感じています。 ソニー生命は、社員教育も行き届いていて、顧客対応も迅速で誠実な印象があります。
    平準定期保険は、解約返戻金がないタイプで保険料が割安な商品です。わたしはたばこを吸わないので使える非喫煙タイプは、保険料がさらに安くなって助かります。

ソニー生命は、商品そのものよりも、保険会社としての安心感が評価されてランクインしました。商品としては、定期保険としてはよくあるタイプのものなので、ライフプランナーと相談して個々のニーズに合ったものを提案してもらえるかどうかがカギとなるでしょう。そのため、特約もいろいろ用意されていますが、本当に必要なものかどうか、提案を見極める目は加入者のほうにも必要だと言えます。この商品には非喫煙者は保険料が安くなるので、煙草を吸わない人は割安な保障にできるチャンスがあります。

この会社の資料を請求

5三井住友海上あいおい生命 &LIFE逓減定期保険(FP25人中1人が支持)

特徴

  • 保障額がだんだん減っていく合理的な死亡保障
  • 逓減率はライフプランに合わせて柔軟に設定可能
  • 特約をつければ三大疾病になった場合の払込みを免除


主な保障内容

保障内容
保険金範囲 500万円〜3億円
契約可能年齢 15歳~70歳(保険期間によって制限あり)
保険期間 10年・15年・20年・25年・30年満了 50歳・55歳・60歳・65歳・70歳・75歳・80歳満了
保険料払込期間 保険期間と同一
払込回数 月払・半年払・年払
払込方法 口座振替・カード払
おもな特約 リビングニーズ特約、保険料払い込み免除特約、健康優良輪引き特約など
契約者・被保険者年齢
男性30歳 1万1,643円
試算条件:基本保険金額6,000万円・保険期間30年 第1保険期間:保険期間の当初4/5 第2保険期間:保険期間の残り期間1/5 第1保険期間逓減限度割合:80%

FPからのコメント

  • 逓減タイプが合理的。逓減率などを選べるので生活設計に合わせやすい。  

    子どもは独立し、年代的に大きな保障は不要なので、逓減タイプの定期保険を選びました。
    期間と共に保険金額が減るのは合理的ですし、保険料も抑えられます。逓減割合が選べるので、今後の生活設計に合わせて保険金額を設定できるのもポイントになりました。
    私の場合、保険期間は15年間とし、逓減方法は子どもの結婚資金援助と配偶者の年金受給開始年齢を考え、第1保険期間を12年、第2保険期間を3年で設定し、逓減率は80%にします。また、特約をつければ三大疾病(がん、急性心筋梗塞、脳卒中)時には保険料の免除もあります。
    自営業者にとっては、働けなくなった時でも保険料の払込み無しで保障が継続できるのは嬉しいメリットです。さらに、健康優良割引もあるので、ゴールド免許や健康状態が良ければ保険料が安くなるのも良い点です。

最近、家族のための死亡保障なら収入保障保険のほうが主流になってきています。そんな中、逓減型の定期保険と選択肢もあるということを、この商品がわからせてくれます。保険期間を区切って逓減率を変えることができるという点で、定期保険と収入保障保険の利点を両立した商品です。また、健康優良割引によって保険料が割安になるのも嬉しい点。非喫煙などだけでなく、運転免許のゴールド免許所持も割引対象になるのがユニークです。

この会社の資料を請求

5アクサ生命 アクサの「長期保障」の定期保険 LTTPフェアウインド(低払いもどし金型定期保険)(FP25人中1人が支持)

特徴

  • 掛け捨てでなく払い戻し金あり
  • 保険期間最長98歳までの長期保障保険


主な保障内容

保障内容
保険金範囲 300万円〜7億円
契約可能年齢 5歳~65歳(保険期間によって制限あり)
保険期間 最長98歳まで
保険料払込期間 保険期間と同一
払込回数 月払・半年払・年払
払込方法 口座振替・カード払
おもな特約 リビングニーズ特約、家族収入特約など
契約者・被保険者年齢
男性35歳 1万9,440円 女性35歳 1万6,730円
試算条件:保障額1,000万円・保険期間98歳まで・65歳払込み満了の場合

FPからのコメント

  • 定期保険なのに貯蓄性あり。死亡保障と資金づくりの両立に向きます。  

    保険料払込期間を、最短15年に設定し、解約返戻金が将来100%超となる時点以降、資金活用する事を前提に選択しました。掛け捨て型に比べると、目先の保険料が上がりますが、最終的に自己資金として戻ってくる事を最優先します。
    また、手持ち資金を前納(数期、若しくは全期)し、返戻率を上げます。契約途中の前納も可能なため、払込中に、余裕資金が出来れば、途中前納も随時検討していきます。
    *住宅ローンの繰上げ返済のイメージです。

    これだけは言いたい

    掛け捨て型保障&貯蓄をするよりは、窓口も1本で済み、一石二鳥で楽だと思います。

こちらは定期保険なのに払い戻し金があるという珍しいタイプの商品です。しかも最近の終身保険でよくある低解約返戻金型で、払込み期間中の保険料を抑え、返戻率を高くした貯蓄性重視というもの。通常、定期保険は一定期間の死亡保障の上乗せとして利用されますが、保険料は安い反面掛け捨てというのが普通です。この商品なら、一定期間の保障を比較的負担を軽く準備したうえで、ある程度の貯蓄もできるという点が評価ポイントになっています。

この会社の資料を請求

まとめ

会社名 商品名 票数 グラフ
メットライフ生命 スーパー割引定期 12
オリックス生命 FineSave(ファインセーブ) 5
オリックス生命 Bridge(ブリッジ) 2
ライフネット生命 かぞくへの保険 2
アフラック Lightフィットプラン 1
ソニー生命 無解約平準定期保険 1
三井住友海上あいおい生命 &Life逓減定期保険 1
アクサ生命 LTTPフェアウィンド 1

定期保険のメリットは、基本、掛け捨てで保険料が割安な点だと思います。加えて、最近の保険にあるリスク細分型の保険料設定(いわゆる「健康体割引」)は、条件にあてはまればさらに保険料が割引になる、加入者には嬉しいサービスです。1位を獲得したスーパー割引定期は、この健康体割引の割引率が高い点が評価されたものです。

反面、健康体割引が売りの商品は、スモーカーの方には不利なので、その場合は、もともとの保険料がベースとして安いものを選ぶことになります。

また、定期保険は、一時の保障であることが前提ですので、保障額は必ずしも高いほうがいいとは限らず、むしろ足りないぶんを補うために、少額でも保障がつけられるほうが使いやすい保険という評価になります。FineSaveなどがそういった点で評価された商品です。

スポンサーリンク

2017年定期・終身・収入保障保険選びで迷ったら!

生命保険人気ランキング
生命保険総合ランキング2016-2017|カテゴリ別に返戻率・保険料で比較
生命保険と一口に言っても、終身保険・定期保険・収入保障保険では、それぞれ入る目的も違ってくるため、見るべきポイントも異なります。どんな基準で選べばいいのか? プロFPの意見も参考にしながら、各ジャンルを独自の視点で評価し、ランキングにまとめました。[...]

関連記事

  • メットライフ生命の「スーパー割引定期」を徹底分析メットライフ生命の「スーパー割引定期」を徹底分析 メットライフ生命のスーパー割引定期は、「健康な方ほど割引になる死亡保険」というキャッチコピーどおり、いわゆる健康体割引に力を入れた定期保険です。健康体の基準を4つに分け、それに応じて保険料が割り引かれていきます。最大で52%の割引になるとのことですから、健康に自信がある人には有 […]
  • オリックス生命の「FineSave(ファインセーブ)」を徹底分析オリックス生命の「FineSave(ファインセーブ)」を徹底分析 オリックス生命からはFineSaveとBridgeという2種類の定期保険が販売されています。ネット通販専用のBridge […]
  • 「掛け捨て」VS「貯蓄型」? 生命保険の損をしない選び方「掛け捨て」VS「貯蓄型」? 生命保険の損をしない選び方 掛け捨ての安い生命保険(定期保険)に入るか、貯蓄性のある保険(終身保険など)に入るかは悩みどころです。どうしても掛け捨ては損をしているような気になってしまうもの。貯蓄性のある保険は、保険料は高いものの、最終的に戻ってくるならそっちのほうがいいのかな?と思う人も多いのではないでし […]
  • 生命保険の平均保険料相場。みんなはいくら支払ってる?生命保険の平均保険料相場。みんなはいくら支払ってる? 生命保険に加入するとき、いちばん悩むのが保険金額をいくらに設定するかではないでしょうか。他の人がいくら掛けているのか、気になる人もいるでしょう。生命保険文化センターが、保険金額の統計をとっていますので、「相場」を調べてみました。死亡保険金の平均は男性2,000万円弱・女性800 […]
  • 死亡保障の必要額はいくら? 目的別にシミュレーション死亡保障の必要額はいくら? 目的別にシミュレーション 生命保険(死亡保険)に入るとき、死亡保障をいくらにするかは重要なポイントです。保険金額が高くなればそれだけ保険料も高くなってしまいますが、かといって保障額を下げていざというときに結局足りなくなってしまっては意味がありません。 つまり、万一の場合、いくらお金があった […]
コンテンツ一覧
必要保障額の試算
賢い選び方
生命保険の基礎・Q&A
保険会社別商品レビュー
総合トップに戻る
  • 保険ソクラテス
スポンサーリンク